1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 肝臓はどのような構造になっているの?

2016年12月29日

肝臓はどのような構造になっているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。

肝臓はどのような構造になっているの?

肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2〜1.5kg)、40歳頃に最大の大きさになります。

肝臓

 

肝臓は、肝細胞と血管の集合体です。肝細胞の数は2,500億個です。この肝細胞が50万個ほど集まって直径1〜2mmの六角柱の集合体を作り出します。これを肝小葉といいます。 

肝小葉

肝小葉は肝臓全体で450〜500万個ほどあります。肝小葉の周囲にあるグリソン鞘(しょう)には、門脈の枝である小葉間静脈、肝動脈の枝である小葉間動脈、胆汁を胆管に送り出す小葉間胆管が並び、この3つは肝3つ組とも呼ばれます。

小葉間動脈と小葉間静脈は、肝小葉に入る前に合流します。血液は類洞(洞様毛細血管)を流れるうちに、肝細胞に種々の合成素材や肝細胞自体のための栄養成分を渡し、細胞からの不要物を受け取って肝静脈へ流れ込みます。 

肝臓には毎分約1Lもの血液が流れ込んでいます。そのうちの80%が門脈血、20%が肝動脈血です。門脈には、胃腸管(消化管)などの腹部臓器で吸収された栄養素や、経口摂取した薬物などを含む静脈血が流れ込んでいます。これらの物質は肝臓で代謝され、肝静脈を通って下大静脈から心臓に戻り、全身へ分配されます。

肝臓の機能に係わる物質を送るための血管であるところから、門脈は肝臓の機能血管とも呼ばれます。 肝臓に流れ込んでいるもう1本の血管である肝動脈は、酸素に富む動脈血を肝臓に供給するのが役割です。そのため、肝臓の栄養血管とも呼ばれます。

肝細胞は予備能力や再生能力に優れており、80%近くが障害されても症状が現れないため、時に沈黙の臓器といわれますが、その能力にも限度があります。肝臓が障害されて肝機能が低下すると、黄疸、急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌などを発症します。

 

MEMO急性肝炎、慢性肝炎

ウイルス感染、薬物、アルコールなどによって生じる急性炎症性肝障害を急性肝炎といいます。慢性肝炎は、自己免疫や代謝異常など、様々な原因によって炎症性肝機能障害が6カ月以上続くものを指します。

MEMO脂肪肝(しぼうかん)

中性脂肪が肝臓に異常に沈着した状態が脂肪肝です。肥満、アルコール、糖尿病などが原因になることが多く、AST、ALT、γGTPなどの値が増加します。なお、アルコールを摂取しない場合でも非アルコール性脂肪肝が起こることがあります。

MEMO肝臓癌(かんぞうがん)

肝臓に発生する原発性肝臓癌(肝細胞癌、胆管細胞癌、嚢胞性腺癌など)と、肺癌子宮癌、胃癌、膵臓癌などが転移した転移性肝臓癌があります。

COLUMN肝硬変(かんこうへん)と門脈圧亢進症状

慢性進行性肝障害の末期症状が肝硬変です。肝臓が線維化して硬くなり、門脈圧亢進(門脈から先の小血管に血流が行かなくなり、門脈内に血液がうっ滞し、門脈の血圧が高くなる)状態になります。門脈圧亢進状態では側副路に大量の血液が流れようとし、その場所の血圧が異常に高くなります。そのため次のような症状が現れてきます。

  1. 食道静脈圧が高くなり、食道静脈瘤ができます。
  2. 腹壁表皮静脈に大量の血液が流れるために、静脈瘤ができます(メデューサの頭といわれます)。
  3. 直腸静脈圧が高くなり、痔になりやすくなります。
    肝硬変になると浮腫、腹水、消化管出血などが生じ、肝臓癌発生の危険率も高くなります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • そもそも代謝って何? [01/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「代謝の仕組み」に関するQ&Aです。 代謝って何? 代謝というのは、生体内で行われる化学反応の総称です。 生体は、酸素や栄養素を外から取り込み、消化・吸収して活... [ 記事を読む ]

  • 黄疸はどのようにして起きるの? [01/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は黄疸に関するQ&Aです。 黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの? 寿命がきた赤血球や不要になった赤血球は脾臓で壊され、中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解さ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2...

  • 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? [12/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? 肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物や中毒性物質の解毒・分解・排泄、血液性状の調節、胆汁の分泌、... [ 記事を読む ]

  • 排尿を我慢できるのはなぜ? [12/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排尿はどのような仕組みで行われるの? 今回は「排尿のコントロール」に関するQ&Aです。   排尿を我慢できるのはなぜ? 例えば、電車に乗って... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 副腎髄質ホルモン|内分泌 [02/17up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。 〈目次〉 副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕 カテコールアミン... [ 記事を読む ]

  • 遺伝と染色体|子孫をつくる(1) [10/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、生殖についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 免疫反応の流れ|守る(4) 解剖生理学の面白さを知るため、免疫反応の流れについて知り... [ 記事を読む ]

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) [08/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探... [ 記事を読む ]

  • 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) [07/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) 血管の世界を探索中のナスカ。動脈と静脈、それぞれ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1287
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1282
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1213
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1091
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
935
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
858
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3840

抗パーキンソン病薬のL-dopa(レボドパ)を長期間、服用することにより起こる副作用で、作用時間が短くなり、次の服用までに効果が切れてしまい、症状に日内変動が起こることを何というでしょうか?

  • 1.cushing現象
  • 2.uhthoff徴候
  • 3.wearing off現象
  • 4.on-off現象
今日のクイズに挑戦!