1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 肝臓はどのような構造になっているの?

2016年12月29日

肝臓はどのような構造になっているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。

肝臓はどのような構造になっているの?

肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2〜1.5kg)、40歳頃に最大の大きさになります。

肝臓

 

肝臓は、肝細胞と血管の集合体です。肝細胞の数は2,500億個です。この肝細胞が50万個ほど集まって直径1〜2mmの六角柱の集合体を作り出します。これを肝小葉といいます。 

肝小葉

肝小葉は肝臓全体で450〜500万個ほどあります。肝小葉の周囲にあるグリソン鞘(しょう)には、門脈の枝である小葉間静脈、肝動脈の枝である小葉間動脈、胆汁を胆管に送り出す小葉間胆管が並び、この3つは肝3つ組とも呼ばれます。

小葉間動脈と小葉間静脈は、肝小葉に入る前に合流します。血液は類洞(洞様毛細血管)を流れるうちに、肝細胞に種々の合成素材や肝細胞自体のための栄養成分を渡し、細胞からの不要物を受け取って肝静脈へ流れ込みます。 

肝臓には毎分約1Lもの血液が流れ込んでいます。そのうちの80%が門脈血、20%が肝動脈血です。門脈には、胃腸管(消化管)などの腹部臓器で吸収された栄養素や、経口摂取した薬物などを含む静脈血が流れ込んでいます。これらの物質は肝臓で代謝され、肝静脈を通って下大静脈から心臓に戻り、全身へ分配されます。

肝臓の機能に係わる物質を送るための血管であるところから、門脈は肝臓の機能血管とも呼ばれます。 肝臓に流れ込んでいるもう1本の血管である肝動脈は、酸素に富む動脈血を肝臓に供給するのが役割です。そのため、肝臓の栄養血管とも呼ばれます。

肝細胞は予備能力や再生能力に優れており、80%近くが障害されても症状が現れないため、時に沈黙の臓器といわれますが、その能力にも限度があります。肝臓が障害されて肝機能が低下すると、黄疸、急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌などを発症します。

 

MEMO急性肝炎、慢性肝炎

ウイルス感染、薬物、アルコールなどによって生じる急性炎症性肝障害を急性肝炎といいます。慢性肝炎は、自己免疫や代謝異常など、様々な原因によって炎症性肝機能障害が6カ月以上続くものを指します。

MEMO脂肪肝(しぼうかん)

中性脂肪が肝臓に異常に沈着した状態が脂肪肝です。肥満、アルコール、糖尿病などが原因になることが多く、AST、ALT、γGTPなどの値が増加します。なお、アルコールを摂取しない場合でも非アルコール性脂肪肝が起こることがあります。

MEMO肝臓癌(かんぞうがん)

肝臓に発生する原発性肝臓癌(肝細胞癌、胆管細胞癌、嚢胞性腺癌など)と、肺癌子宮癌、胃癌、膵臓癌などが転移した転移性肝臓癌があります。

COLUMN肝硬変(かんこうへん)と門脈圧亢進症状

慢性進行性肝障害の末期症状が肝硬変です。肝臓が線維化して硬くなり、門脈圧亢進(門脈から先の小血管に血流が行かなくなり、門脈内に血液がうっ滞し、門脈の血圧が高くなる)状態になります。門脈圧亢進状態では側副路に大量の血液が流れようとし、その場所の血圧が異常に高くなります。そのため次のような症状が現れてきます。

  1. 食道静脈圧が高くなり、食道静脈瘤ができます。
  2. 腹壁表皮静脈に大量の血液が流れるために、静脈瘤ができます(メデューサの頭といわれます)。
  3. 直腸静脈圧が高くなり、痔になりやすくなります。
    肝硬変になると浮腫、腹水、消化管出血などが生じ、肝臓癌発生の危険率も高くなります。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • そもそも代謝って何? [01/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「代謝の仕組み」に関するQ&Aです。 代謝って何? 代謝というのは、生体内で行われる化学反応の総称です。 生体は、酸素や栄養素を外から取り込み、消化・吸収して活... [ 記事を読む ]

  • 黄疸はどのようにして起きるの? [01/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は黄疸に関するQ&Aです。 黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの? 寿命がきた赤血球や不要になった赤血球は脾臓で壊され、中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解さ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2...

  • 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? [12/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? 肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物や中毒性物質の解毒・分解・排泄、血液性状の調節、胆汁の分泌、... [ 記事を読む ]

  • 排尿を我慢できるのはなぜ? [12/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排尿はどのような仕組みで行われるの? 今回は「排尿のコントロール」に関するQ&Aです。   排尿を我慢できるのはなぜ? 例えば、電車に乗って... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • アシドーシスとアルカローシス|捨てる(3) [08/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、腎臓についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 腎臓の構造と機能|捨てる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナスカ。... [ 記事を読む ]

  • 解糖系と糖新生|栄養と代謝 [10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 異化と同化|栄養と代謝   今回は、解糖系と糖新生について解説します。   〈目次〉 解糖系〔 glyco... [ 記事を読む ]

  • 食物は生命のエネルギー源|食物の流れから理解する(1) [10/29up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 血液の仕組みとはたらき|血液の流れから理解する(5) ... [ 記事を読む ]

  • ホルモンの化学構造|内分泌 [01/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 内分泌の特徴|内分泌 今回は、ホルモンの化学構造について解説します。 〈目次〉 ホルモンの化学構造による分類 -①... [ 記事を読む ]

  • 喫煙によるDNAの変異は、一生元に戻らないことが明らかに [02/18up]

    喫煙によるさまざまな悪影響はすでに長年にわたり指摘されており、現在では、健康保険を使った禁煙治療も行われるようになりました。では、禁煙すれば喫煙の悪影響を完全に断てるのでしょうか? 実は、たとえ禁煙したとしても喫煙の影響がDNAに突... [ 記事を読む ]

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
822
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
757
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
582
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者120

88歳の女性。庭で倒れているところを帰宅した家族に発見され、救急車で搬送されました。救急隊の情報では、患者さんのそばには空の農薬の瓶があり、また患者さんの顔や口には白濁した吐物が付着し、その吐物や呼気からニンニク臭がしているとのことでした。病院到着後も流涎と発汗が著しく、振戦のような筋肉の動きが見られています。病院到着後のバイタルサインは下図のとおりです。この患者さんに対して行う最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.薬物の吸収を阻害するために、気管挿管前に胃洗浄を行い、活性炭を投与する。
  • 2.SpO2低下があるが、過剰な酸素投与は肺の線維化を促進するため、最低限の酸素投与にとどめる。
  • 3.ムスカリン様作用である縮瞳や徐脈があるため、硫酸アトロピンを投与する。
  • 4.薬物を排出させるために、血液浄化療法を始める。
今日のクイズに挑戦!