1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ?

2016年12月22日

肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。

肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ?

肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物や中毒性物質の解毒・分解・排泄、血液性状の調節、胆汁の分泌、生体防御作用など、多くの機能が備わっています。こうした機能のほとんどは、物質の化学的な反応によって行われています。

肝臓が化学工場と呼ばれるのは、人体という社会を成り立たせるための化学反応が、休むことなく行われているからです。これらの機能のうち、1つでも支障が生じると、私たちの体の様々なところに影響が現れてきます。肝臓の主な機能は次の通りです。

栄養素の代謝と貯蔵

小腸で吸収されたブドウ糖からグリコーゲンを作り、肝臓内に蓄えます。血液中のブドウ糖が不足すると、グリコーゲンをブドウ糖に分解して血液中に送り出します。また、タンパク質を合成したり、不要なアミノ酸を分解して尿素として尿中に排泄します。さらに、脂肪酸の分解、コレステロールの生成なども行っています。

薬物や毒素の解毒、分解、排泄

経口摂取された薬物や毒素は、最終的に肝臓に運ばれて解毒(げどく)され、尿とともに排泄されます。解毒は、肝内血管(類洞)に存在するクッパー細胞による貪食(どんしょく)作用と、酵素による化学的分解によって行われます。

血液性状の調節

肝臓は血液を貯蔵し、必要に応じて放出する役割を担っていま す。また、鉄を貯蔵・再利用したり(鉄代謝)、ビリルビンとして 胆汁中に排泄します(ビリルビン代謝)。肝臓ではフィブリノゲン やプロトロンビンなどの血液凝固物質の生成も行っています。

胆汁の生成・分泌

胆汁は肝細胞によって生成されます。胆汁は、毛細胆管→肝内 胆管枝→肝内胆管→総胆管という順に流れ込み、十二指腸に分泌 されます。

生体防御作用

肝臓に存在するリンパ球は、生体の防御に働きます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 黄疸はどのようにして起きるの? [01/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は黄疸に関するQ&Aです。 黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの? 寿命がきた赤血球や不要になった赤血球は脾臓で壊され、中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解さ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2... [ 記事を読む ]

  • 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? [12/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? 肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物や中毒性物質の解毒・分解・排泄、血液性状の調節、胆汁の分泌、...

  • 排尿を我慢できるのはなぜ? [12/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排尿はどのような仕組みで行われるの? 今回は「排尿のコントロール」に関するQ&Aです。   排尿を我慢できるのはなぜ? 例えば、電車に乗って... [ 記事を読む ]

  • 排尿はどのような仕組みで行われるの? [12/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 尿道は男女でどのように異なるの? 今回は「排尿のしくみ」に関するQ&Aです。   排尿はどのような仕組みで行われるの? 尿は左右の尿管から、... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 侵入してきた敵をたたく白血球|守る(2) [09/26up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 からだを守る免疫の力|守る(1) 解剖生理学の面白さを知るため、からだを守る免疫につ... [ 記事を読む ]

  • 副腎皮質ホルモン|内分泌 [02/10up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 下垂体後葉ホルモン|内分泌   今回は、副腎皮質ホルモンについて解説します。 〈目次〉 はじめに 糖質コルチ... [ 記事を読む ]

  • コルチゾール|ホルモン [02/16up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、コルチゾールについて解説します。   コルチゾールの基準値 4.5~21.1(μg/dL)(CLIA法)   ... [ 記事を読む ]

  • クッシング病とクッシング症候群|内分泌 [02/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、クッシング病とクッシング症候群について解説します。 〈目次〉 クッシング症候群とは クッシング症候群の合併症 クッシング症候群の診断 ... [ 記事を読む ]

  • ブドウ糖負荷試験(75g-GTT)|内分泌系の検査 [11/25up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、ブドウ糖負荷試験について解説します。   〈目次〉 ブドウ糖負荷試験とはどんな検査か ブドウ糖負荷試験の目的 ブドウ糖負荷試験の実際... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ナースは力持ち

気は優しくて力持ち!看護師ワカさん&ナスさんの”ナース筋”の見せ所。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

ショック状態や、心肺停止などのときは、ルート確保が困難なケースが多くなります。どこでとるべき? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「看護師の9K」働いてみて実感するものは?

投票数:
2359
実施期間:
2018年04月03日 2018年04月24日

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
855
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
734
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
725
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
617
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
520
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者115

80歳代の男性Aさん。2週間前から続く倦怠感と微熱、咳嗽を主訴に外来の診察を待っていましたが、Aさんが「トイレで咳をしたら痰と一緒に少し血が出た」と訴えがありました。吐いた血液を確認したところ細かな気泡が混ざっており、量は少量でした。この後のAさんへの対応で最も正しいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.感染症による喀血を疑い、外来待合室でAさんにN95マスクを着けてもらった。
  • 2.感染症による喀血を疑い、N95マスクを装着し、個室にAさんを移動させた。
  • 3.消化管からの出血を疑い、血圧、脈拍を確認し、バイタルサインが安定していることを確認した。
  • 4.消化官からの出血を疑い、処置室に移動させ、診察まで安静に過ごせるように対応した。
今日のクイズに挑戦!