1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナース×医療訴訟>
  4. Q & Aでわかる 医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に合う件数|ナース×医療訴訟

2017年01月10日

Q & Aでわかる 医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に合う件数

看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。
第1話と第2話では、「知らない間に患者さんが転倒骨折した事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました。
ここでは、看護師の皆さんが、法律について疑問に思うことをQ & A(Question & Answer)形式で解説します。
第3話は、「医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に合う件数」についての「Q & A」です。

 

 

大磯義一郎、森 亘平
(浜松医科大学医学部「医療法学」教室)

 

看護師さんの日常業務にも、医療訴訟につながる危険性があることは理解いただけたと思います。

患者さんの命にかかわることなので、常に気をつけようと思います。
そういえば、テレビなどで、医療訴訟の話題をよく聞きますが、医療訴訟はどれぐらい起こっているんですか?

とても気になる話ですよね。
それでは、今回は、医療訴訟と看護師さんが合う訴訟の件数を解説します。

 

医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に巻き込まれる件数はどれぐらい?

医療訴訟の件数や看護師さんが訴訟に巻き込まれる件数は、どう変わってきているんですか?

医療訴訟全体の件数は一時期より減少していますが、近年、再び増加しています。
看護師さんが医療訴訟に合う件数は、以前に比べて、大きく増加しています。

 

近年、医療訴訟全体の件数は落ち着いてきたが、少しずつ増加している

医療訴訟全体の件数は、前回紹介した『患者さんを取り違えた事例』があった1999年を契機に急速に増加し、5年間で倍近くの件数になりました(図1)。

図1医療関係訴訟件数の推移

医療関係訴訟件数の推移

緑色は医療訴訟全体の件数で、青色は看護・介護関係の訴訟の件数です。

(裁判所ホームページのデータを元に作成)

 

2005年以降、医療訴訟の件数は減少傾向にありますが、ここ数年、少しずつ増加しています。現在は、おおよそ年間800件前後で推移しています。

 

看護師さんの医療訴訟の件数は10年前に比べて大きく増加している

次に、看護師さんの訴訟件数を見ていきましょう。診療科目別の医療訴訟件数のうち、「その他」に分類されているものの多くが療養上の世話で、看護師さんが医療訴訟に合う件数となります(表1)。

表1診療科目別の医療訴訟件数

診療科目別の医療訴訟件数

看護師さんが訴訟の対象になった件数は、年間98件で全体の13.1%を占め、診療科目別では外科に次いで3番目に多くなっています(2015年)。
歯科も増加していますが、これはインプラントの増加に伴う訴訟が増えたためです。

(裁判所ホームページのデータを元に作成)

 

実は、看護師さんの医療訴訟が増加したのは、ここ数年のことです。医療訴訟件数が同程度だった2000年と比較すると、看護師さんの訴訟が倍増(48件から98件に増加)していることがわかります。これは、「患者さんが転んだ」や、「喉に詰まった」という事例などは、医療行為に詳しくない弁護士や一般人でも、全体像を理解しやすいため、訴訟を起こすケースが増えているためです。

また、歯科で訴訟が増加しているのは、インプラントの増加によるものですが、美容形成と同様に、営利目的の診療は医療者側が敗訴する確率が高いため、訴訟になるケースが増えています。

 

Point!

  • 医療訴訟の件数は一時期より減少したが、近年、少しずつ増加している。
  • 看護師さんが医療訴訟に巻き込まれる件数は以前に比べ、倍増している。

 

⇒『ナース×医療訴訟』の【総目次】を見る

 


[執筆者]
大磯義一郎
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 教授
森 亘平
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 研究員


著作権について

この連載

  • 転倒のおそれがある患者の身体拘束! 裁判でネックになる3つのポイント [03/27up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 医療訴訟になった事例を元に、医療事故の予防・対処方法や、看護師さんが知っておくべき医療に関する法律などについて、やさしく解説します。 自分の身は自分で守れるよ... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんや医療機関が負っている、安全配慮の義務と契約を守る義務 [01/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律の知識を解説します。 第2話では、「知らない間に患者さんが転倒骨折した事例... [ 記事を読む ]

  • Q & Aでわかる 医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に合う件数 [01/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「知らない間に患者さんが転倒骨折した事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました。 ...

  • 患者さんが転倒骨折! 要介護5の状態になった責任はどこに? [01/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 医療訴訟になった事例を元に、医療事故の予防・対処方法や、看護師さんが知っておくべき医療に関する法律などについて、やさしく解説します。 自分の身は自分で守れるよ... [ 記事を読む ]

  • 看護師は1つの医療事故で3つの法的責任を負う [10/06up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律を解説します。 第2話では、「患者さんを取り違えた事例」から学ぶ、「1つの... [ 記事を読む ]

もっと見る

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
526
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
483
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
846
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
461
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
425
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
567
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日

お給料に対して、何を不満に思う?

投票数:
0
実施期間:
2017年05月30日 2017年06月20日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者192

侵襲時は、生体が恒常性を維持するために、内分泌系、神経系、免疫系がバランスを保とうと働きます。内分泌系では、エネルギー亢進が起こるため、すべての代謝が、グルコースの供給を行うために働きますが、逆に分泌が抑えられるようなホルモンはどれですか

  • 1.インスリン
  • 2.成長ホルモン
  • 3.ADH
  • 4.グルカゴン
今日のクイズに挑戦!