1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当?

2017年03月20日

PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「PCAポンプを用いた痛みの緩和」に関するQ&Aです。

PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当?

本当です。痛みを感じたときに、患者本人が追加投与を判断し、投薬までの時間も最短です。

〈目次〉

 

PCAポンプが痛みの緩和に有効なのはなぜ?

同じ侵襲、術式であっても痛みの程度、鎮痛薬必要量は患者によって異なります。また手術直後は痛みも強く鎮痛薬必要量が多くても、時間が経つにつれ創部の癒合が進み、痛みも減り、鎮痛薬の必要量も減少します。PCAとは、patient controlled analgesiaの略で、日本語では患者自己調節鎮痛法と訳されます。つまり、患者が痛みを感じることで、鎮痛薬の追加投与を患者自身で判断します。このような経時的変化、個人差に対応できるPCAは、患者の疼痛緩和に有効です(図1)。

図1PCAポンプの例

PCAポンプの例

通常は患者が痛みを感じたら、看護師に伝え、看護師は医師に報告し、医師は鎮痛薬、量を考え、看護師に指示し、看護師が薬剤を用意して患者に投与されます(図2)。それに対してPCAは、患者が痛みを感じたときに、患者自身がPCAポンプを操作し鎮痛薬が投与されます。このように、PCAポンプがあれば、患者にすみやかに鎮痛薬が投与され、医療者としても疼痛時に呼ばれることが減るため、患者・医療者相方にメリットがあります。

図2効果的な疼痛管理法「PCA」

効果的な疼痛管理法「PCA」

 

その根拠は?

経静脈的PCA(IV-PCA)ではモルヒネ塩酸塩水和物やフェンタニルクエン酸塩等オピオイドが使用されることが多く、硬膜外PCA(PCEA)ではアナペイン やマーカイン などの局所麻酔薬単独もしくはフェンタニルとの混合液が使用されることが多いでしょう。

鎮痛薬の必要量に個人差があると説明しましたが、これはオピオイドの効き方に遺伝子の関与が考えられているからです。お酒に弱い人が酔う量では、お酒に強い人が満足できないのと同じで、オピオイドに感受性が高い人の必要量では、オピオイド感受性が低い人には良好な鎮痛を提供できません。しかし、オピオイド感受性を調べることは現実的ではなく、この個人差を埋めるためにもPCAは有効な手段です。

また、患者はPCAがあることで「痛ければいつでも鎮痛薬を投与できる」「医療従事者に気を使わず鎮痛薬を使える」という感想を持つようです。

 

どのようなことに気をつけるの?

もちろん、よいことばかりではありません。オピオイドには呼吸抑制という命にかかわる合併症があります。オピオイドによる呼吸抑制は、1回換気量が保たれるが呼吸回数は減少する、また刺激があるときは呼吸回数が増える特徴があります。よって、オピオイド投与中は刺激を与えず呼吸回数を経時的に観察する必要があります。成人で呼吸回数が8回/分以下なら医師への報告が必要です。

また、SpO2 モニターがあったほうがよいでしょう。オピオイドの効果が出現する前にさらなるオピオイドが投与されると、呼吸抑制つまり呼吸が止まることもあります。そのようなことを防ぐため、PCAにはrockouttime(患者が追加鎮痛薬を投与しても、ある一定時間いくら患者が鎮痛薬を希望しても投与されない時間)というものがあります。この機構により、過剰投与を防ぎます。

ただし、「この操作をすると痛みが楽になる」という患者からの信頼がないと、患者はPCAの操作をしなくなります。医療者は過量投与を防ぎ、かつ痛みがあるときに有効な鎮痛量を投与するよう設定することが重要です。痛みが強いときはPCA投与中でもNSAIDsを併用できます。ペンタゾシン等、麻酔拮抗性鎮痛薬をPCAに併用とする呼吸抑制がより顕著に出現するので、注意が必要です。PCAポンプは「痛いときのみに押す」という理解が得られる場合には、安全で有効に使える鎮痛方法です。

 

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]

  • (1)林田眞和,福田謙一,西澤大輔,他:遺伝子多型 とオピオイド感受性 −μ- オピオイド受容体遺伝 子 A118G 多型を中心に−.臨床麻酔 2012;11: 1591-1598.
  • (2)山本達郎編:痛みの薬物療法.文光堂,東京, 2013.

[Profile]
笠置益弘
大阪市立総合医療センター麻酔科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 痛み止めを頻繁に希望する患者はどうすればいいの? [04/03up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「鎮痛薬の定期投与」に関するQ&Aです。 痛み止めを頻繁に希望する患者はどうすればいいの? 鎮痛薬の定期投与が有効な場合があります。 ... [ 記事を読む ]

  • 麻酔が切れなくても、 鎮痛薬を投与していいの? [03/27up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「鎮痛薬の投与間隔」に関するQ&Aです。 麻酔が切れなくても、鎮痛薬を投与していいの? 大丈夫ですが、鎮痛薬の投与間隔は守ってください。... [ 記事を読む ]

  • PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当? [03/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「PCAポンプを用いた痛みの緩和」に関するQ&Aです。 PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当? 本当です。痛みを感じたとき...

  • 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効? [03/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「硬膜外投与と静脈投与」に関するQ&Aです。 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効? 硬膜外投与です。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 硬膜外カテーテルが留置されていたら痛みは感じない? [03/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「硬膜外カテーテル」に関するQ&Aです。 硬膜外カテーテルが留置されていたら痛みは感じない? クモ膜下麻酔に比べると麻酔効果は弱いですが... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ケアプログラムの開発で認知症の方へ安心を

認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を防ぐケアプログラムが開発されています。 [ 記事を読む ]

麻酔の役割と生体への影響

麻酔の種類と作用をまとめました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが目指す生き方に一番近いのは?

投票数:
957
実施期間:
2018年05月29日 2018年06月19日

勤務中によくなくすものは?

投票数:
953
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
841
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
423
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
516
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2580

88歳男性Aさんが自宅で転倒し、大腿骨頸部骨折の診断で入院となりました。入院2日後に手術が施行され、術後問題なく翌日には食事が再開、点滴も抗生剤のみとなりました。本人は「痛みはないよ」と言いましたが、体動時苦痛表情が見られました。術後2日目からリハビリテーションが開始となりましたが、そのころから点滴を抜く、夜間大声を出すなどの行動がみられました。Aさんへの対応方法として最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.「点滴の針は抜かないでください」と説明し、ミトンを装着した。
  • 2.夜間大声を出すため、個室に移動して家族の付き添いを依頼した。
  • 3.痛みによるせん妄が考えられたため、疼痛コントロールを検討した。
  • 4.同室者の物音で眠れないのではないかと考え、医師に相談し、睡眠薬を処方してもらった。
今日のクイズに挑戦!