1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの?

2017年02月06日

術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術後の尿量」に関するQ&Aです。

小塚雅也
大阪市立総合医療センター消化器外科
金沢景繁
大阪市立総合医療センター肝胆膵外科部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの?

いいえ。術後尿量は循環動態を示す重要な因子であり、きめ細かい対応が必要です。

〈目次〉

 

術後はなぜ尿が出にくい?

手術を受けると体液バランスが大きく変化します。

手術の侵襲により体液分布が変化し、水がサードスペースに貯留し、開創による不感蒸泄や出血等により循環血液量は低下、尿量は減少します。

 

サードスペースとは?

手術によって生体が侵襲を受けると、生体炎症反応によって血管壁の透過性が亢進し、普段は血管内にたまっているはずの体液が組織外へ漏出してしまいます。この透過した水分が貯留される部位をサードスペースといい、血管内脱水と浮腫を引き起こします。

術後2~3日で内分泌環境は安定し、サードスペースにあった水分が血管内に戻るため、尿量が増加します(利尿期)。利尿期までの輸液量の調節が難しく、腎不全心不全を防ぐために慎重な術後管理が求められます。

 

一般的にどのくらいの尿量が必要?

24時間の尿量が400mL以下の状態を乏尿、100mL以下を無尿といいます。

そして一般的に1時間あたりの尿量が0.5mL/Kg(体重)以下の状態(乏尿)が3時間以上持続する場合、その原因精査と治療が必要になります。

これは乏尿を放置すると、循環血液量の減少による腎不全やショックなどの重大な合併症を招く危険性があるからです(1)。

 

術後に尿が出なかったらどうする?

術後に尿が出なかった場合に、まず大切なことは、下腹部が張っていないか、尿道カテーテルの屈曲や閉塞がないかどうかを確認することです。また、ドレーンなどからの排液の性状や量のチェックも重要です。

そして、尿の性状や口腔内や皮膚の乾燥の有無等で脱水の有無を評価したうえで、術後指示に従い、輸液負荷や利尿薬の投与等を行います。

 

術後に尿量減少を確認したら

腎臓への血流量の不足により尿量が減少します(表1)。術後は、術中の出血や麻酔の影響で体液がサードスペースへ移行することによる循環血液量の減少や、手術直後の抗利尿ホルモンの分泌により生理的に乏尿状態となります。

表1尿量減少の原因

尿量減少の原因

また、ドレーンの排液量、ガーゼの出血量や滲出液量をカウントし、発汗量も考慮します。

輸液量は時間投与量の基本指示を確認しIN/OUTのバランスを計算します。尿が少ない場合、腎後性で尿が出にくいだけか(カテーテル閉塞等)、腎性や腎前性で尿が出ないのかを考えるのが重要です(図1)。

また、心臓や腎臓の併存疾患がないかどうかを確認しておくことも大切です。

図1術後の乏尿、無尿の診断と治療の手順

術後の乏尿、無尿の診断と治療の手順

 

伊藤幹人,榎戸克年,大東誠司,他:基本的術前術後の管理.西尾剛毅編,外科レジデントマニュアル第3版,医学書院,東京,2001:49.より改変

 

「尿量0.5mL/kg/時以下で輸液負荷」という指示をよく見ますが、輸液だけの対応でよいのでしょうか?

最近は過剰輸液の弊害について論じられるようになっているので、輸液の入れすぎもよくないかもしれませんね。
いずれにせよ、尿が出ない原因をきちんと評価したうえで、病態に応じた対応をすべきです。

 

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]

  • (1)今村正之,山岡義生,田中紘一,他:水・電解質 バランス.京都大学大学院医学研究科外科学講座 編,外科研修マニュアル,南江堂,東京,2004: 207.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術後の鎮静スケールは何を使用する? [02/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の鎮静スケール」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • PONV(ポンブ)の対策とは?|術後の悪心・嘔吐 [02/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「PONVの対策」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの? [02/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の尿量」に関するQ&Aです。 小塚雅也 大阪市立総合医療センター消化器外科 金沢景繁 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科部長 編著 西口幸雄...

  • 腹水・胸水がたまったときは、利尿薬の投与だけでいいの?|術前・術後ケア [01/30up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹水・胸水がたまった際の利尿薬の投与」に関するQ&Aです。 金沢景繁 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院... [ 記事を読む ]

  • 周術期の血糖コントロールはどう行う? [01/23up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「周術期の血糖コントロール」に関するQ&Aです。 細井雅之 大阪市立総合医療センター糖尿病・内分泌センター糖尿病内科部長 上野宏樹 大阪市立総合医療... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 腹壁鈎(鞍状鈎)|鈎(6) [07/27up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『腹壁鈎(鞍状鈎)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて... [ 記事を読む ]

  • モスキート鉗子|鉗子(4) [12/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『モスキート鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • ケリー鉗子|鉗子(6) [02/05up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ケリー鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • コッヘル鉗子|鉗子(1) [10/28up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『コッヘル鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1417
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1293
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1173
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1074
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
918
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
703
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5420

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!