1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のための症状Q&A>
  4. 耳鳴に関するQ&A|看護のための症状ガイド

2017年01月29日

耳鳴に関するQ&A

症状に関するQ&A

『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。

今回は「耳鳴」に関するQ&Aです。

岡田 忍
千葉大学大学院看護学研究科教授

 

耳鳴の患者からの訴え

  • 鳴りがします」
  • 「頭の中で音がします」

 

〈目次〉

 

耳鳴って何?

耳の中や頭の中全体に音を感じる状態を、耳鳴(じめい)といいます。

耳鳴を経験したことがある人は多いと思いますが、それが気になったり、不快になったりする場合に、医療上の問題になります。

 

(耳鳴りに関連する症状)

耳鳴りに関連する症状

 

耳鳴はどうして起きるの?

耳鳴を理解するには、まず耳の構造と機能を理解することから始めましょう。

耳は外耳、中耳、内耳に分かれます。内耳は、聴覚器である蝸牛(かぎゅう)と、身体のバランスを感じとる前庭器官(ぜんていきかん)からできています。

聴覚器によって感じ取られた音の情報は、蝸牛神経、内耳神経を経て大脳皮質に伝えられ、音として認識されます。

これらのルートのどこかに異常があると、耳鳴が起こります。

 

図1耳の構造

耳の構造

 

耳鳴が起きるメカニズムは?

耳鳴のほとんどは、自覚症状です。

周囲で音がしているわけでもないのに音を感じる状態で、音色も音の大きさも、人によって違います。

音が知覚されるルートのいずれかが障害されると、耳鳴が起きることはわかっていますが、どのような仕組みで耳鳴が起きるのかは、今のところよくわかっていません。

 

なお、第三者にもわかる耳鳴もあります。例えば、鼓膜が震えたり、耳小骨筋や咽頭筋などがピクピク動くために起こる耳鳴は、他人にも聞くことができます。

 

耳鳴がみられる疾患は?

耳鳴を起こす疾患は、大きく分けて、耳の疾患と全身疾患に分類されます。

また、耳の解剖学的な構造から、難聴やめまいを起こす病気では、同時に耳鳴りを起こすことが多いようです。

耳の疾患としては、下記のような疾患があげられます。

  •  外耳から内耳の疾患(外耳炎、中耳炎などの炎症、耳垢〔じこう〕などの異物)
  •  メニエール病
  •  耳管狭窄症
  •  突発性難聴などの聴神経異常
  •  聴神経や脳の腫瘍
  •  頭部の外傷
  •  薬剤の副作用(ストレプトマイシンなど)

耳鳴を伴う全身疾患としては、高血圧貧血糖尿病、心疾患などがあります。また、血管の拍動を耳鳴として感じることもあります。

 

水中や飛行機の中で耳鳴がするのはどうして?

水に潜ったり、飛行機に乗ったりすると、「キーン」と耳鳴がすることがあります。

これは、水圧や気圧の変化によって鼓膜に圧がかかり、押さえつけられるような状態になるために起こる、一過性の耳鳴です。

耳管から空気を抜いて鼓膜にかかる圧を取り除けば、消失します。

 

耳鳴はどうやってアセスメントするの?

耳鳴は自覚症状ですから、まずは本人に耳鳴の性状を詳しく尋ねます。

それに当たっては、アセスメントシート(日本聴覚医学会耳鳴研究会が作成した「標準耳鳴検査法」など)を利用すると、必要な情報を効率よく聴取することができます。

  •  耳鳴の場所:右耳か左耳か、それとも両耳か。頭の中か。
  •  音の種類:1種類、複数
  •  音の種類:キー(ン)、ザー、ジー(ン)、ビー(ン)、ゴー(ン)
  •  耳鳴の頻度:時々、たまに鳴る、いつも鳴っている。

耳鳴の検査法には、ピッチ・マッチ検査やラウドネス・バランス検査などが行われます(用語解説参照)。
また、耳鳴は、難聴、耳痛、めまい、眼振や起立障害などを伴うことがあるので、これらの症状の有無も尋ねます。

 

用語解説ピッチ・マッチ検査とラウドネス・バランス検査

どちらの検査も、自覚症状である耳鳴りを他覚的に捉えることを目的としたものです。

ピッチ・マッチ検査では、いろいろな周波数の音を聞き、自分の耳鳴に似ている音を選んでもらいます。

ラウドネス・バランス検査では、自分の耳鳴の大きさに近い音量を選んでもらいます。

 

耳鳴の治療・ケアは?

耳鳴の原因になる疾患が明らかな時は、その治療を行います。しかし、耳鳴の多くは決定的な治療がなく、治りにくいのが現状です。

原因がわからない時は、薬物による対症療法などが中心になります。

耳鳴は、本人にとっては不快なものです。「治らない」と諦めがちですが、逆に耳鳴との上手な付き合い方をアドバイスすることも大切です。散歩や音楽鑑賞など、その人に合った気分転換を勧めましょう。

また、耳鳴の背景に精神的緊張やストレスが存在することがあるので、そのような要因がないか確認します。
患者と接する時は、耳鳴があることを理解し、ゆったりした雰囲気でコミュニケーションを取るように心がけましょう。

 

COLUMN耳鳴のマスカー治療

マスカー治療とは、補聴器の様な形をした「マスカー」と呼ばれる器具を耳鳴がする側の耳に取り付け、耳鳴が丁度聞こえなくなるくらいの大きさで、耳鳴りに似た周波数の音を30分程流すことにより、耳鳴りを遮ってしまうという治療法です。

多くの患者で、マスカーを外した後も、一時的に耳鳴りがなくなります。

 

⇒〔症状に関するQ&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。
 

[出典] 『看護のための 症状Q&Aガイドブック』 (監修)岡田忍/2016年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 視覚障害に関するQ&A [02/12up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「視覚障害」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   視覚障害の患者からの訴え 「目がかすみます」 「よ... [ 記事を読む ]

  • 聴覚障害に関するQ&A [03/26up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「聴覚障害」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   聴覚障害の患者からの訴え 音が聞こえにくくなりました ... [ 記事を読む ]

  • 耳鳴に関するQ&A [01/29up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「耳鳴」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   耳鳴の患者からの訴え 「耳鳴りがします」 「頭の中で音...

  • めまいに関するQ&A [01/15up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「めまい」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   めまいの患者からの訴え 「めまいがします」 「くらく... [ 記事を読む ]

  • 認知症に関するQ&A [01/01up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「認知症」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   認知症の患者からの訴え 「もの忘れが激しくなりました」 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1483
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1360
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1237
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1164
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
498
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
968
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1063

がんの告知や再発など、患者さんにとって「悪い知らせ」をどのように伝えるかというコミュニケーションツールで、日本で開発されたものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.SHARK
  • 2.SHARE
  • 3.SPIKES
  • 4.SPARK
今日のクイズに挑戦!