1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 特発性器質化肺炎の疾患解説|聴診スキル講座

2017年05月30日

特発性器質化肺炎の疾患解説

この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。
ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です!
より深い知識を習得したい方は、本文内の「目指せ! エキスパートナース」まで読み込んで下さい。
初学者の方は、聴診の基本を解説した【基礎編】からスタートすると良いでしょう。

今回は、間質性肺炎の一種である「特発性器質化肺炎」について解説します。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科准教授)

 

特発性間質性肺炎のなかでも、ステロイドの治療が効果的なのが、この特発性器質化肺炎です。

原因はわからないし、抗菌薬も効果がないのは怖い病気ですが、ステロイドが有効で良かったです。
そういえば、特発性器質化肺炎の患者さんには、どんなことを確認すれば良いんですか?

基本的には、や発熱といったことから、呼吸器の症状を確認してください。
ここで、特発性器質化肺炎について詳しく紹介します。

 

〈目次〉

 

特発性間質性肺炎と特発性器質化肺炎

特発性間質性肺炎の疾患解説』でも解説しましたが、間質性肺炎は、その原因によって、さまざまな疾患に分類されます。間質性肺炎のなかで、患者さんが最も多い疾患が、特発性間質性肺炎です。

 

特発性間質性肺炎のなかでも重要な特発性肺線維症と特発性器質化肺炎

特発性間質性肺炎は、細かく分類すると、いくつかの疾患に分類できます。

難病医学研究財団/難病情報センターのホームページでは、特発性間質性肺炎の詳細な疾患分類が掲載されていますが、ややこしい上に、臨床で遭遇する頻度も少ないものもあります。そのため、看護師の皆さんは、特発性間質性肺炎のなかでも、特発性器質化肺炎と、特発性肺線維症の2つを覚えておけば良いでしょう。

 

特発性器質化肺炎の原因と病態生理

特発性間質性肺炎のなかには、ステロイドの治療が効果的な疾患があります。その一つが、特発性器質化肺炎です。

「特発性」と名称がつくように、その原因は不明で、抗菌薬は効果がありません。

X線写真では、浸潤影が移動して見られたり非区域性(気管支で境界される区域とは無関係)に浸潤影が見られることが多いため、これをもとに特発性器質化肺炎として診断されることが多々あります(図1)。

図1変わった浸潤影が見られる特発性器質化肺炎

変わった浸潤影が見られる特発性器質化肺炎

特発性器質化肺炎の患者さんのX線像では、浸潤影の位置が移動したり、非区域性に浸潤影が見られます。

 

特発性器質化肺炎の症状

特発性器質化肺炎の患者さんの主な症状は、持続する発熱や、咳嗽が多くあります。

しかし、疾患自体に特異的な症状はありません。そのため、発熱や咳嗽の症状が数週間経過した後、呼吸器内科に紹介されてくることが多いです。

 

特発性器質化肺炎の治療

特発性器質化肺炎の患者さんの治療法は、ステロイド治療がメインになります。

 

聴診時に気をつけるポイント

特発性間質性肺炎の疾患解説』でも解説しましたが、特発性間質性肺炎の患者さんでは、背部の両側肺底部が最も注意すべき聴診部位です。これは、この部位に病変が好発するためです。

しかし、特発性器質化肺炎の患者さんでは、全域をまんべんなく聴取する必要があります。これは、特発性器質化肺炎の病変の多くは胸膜直下に出現しますが、肺のどの部位にも生じる可能性があるためです(図2)。

図2特発性器質化肺炎の患者さんに行うべき聴診の位置

特発性器質化肺炎の患者さんに行うべき聴診の位置

前胸部・背部ともに、まんべんなく聴きましょう。

 

また、病変が軽度で、呼吸音を聴取しにくい場合は、患者さんに大きく吸気してもらうと、「チリチリ」や「パリパリ」といった捻髪音を聴取されることがあります。

 

ナースへのワンポイントアドバイス

特発性器質化肺炎の患者さんには、数週間前から続く症状に気をつけましょう。特に、咳や痰、発熱といった呼吸器疾患でよく見られる症状については、確認してください

 

Check Point

  • 特発性器質化肺炎はステロイド治療が効果的。
  • 特発性器質化肺炎のX線画像では、浸潤影が移動したり、非区域性に浸潤影が見える。
  • 特発性器質化肺炎の患者さんを聴診する場合は、前胸部・背部ともに全域をまんべんなく聴き、捻髪音を確認しよう。

 

次回は、実際の特発性器質化肺炎の患者さんの聴診音を聴いて、特徴をしっかりと覚えましょう。

 

〈次回〉

特発性器質化肺炎患者さんの聴診音

 

 



[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 好酸球性肺炎の疾患解説 [07/04up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 特発性器質化肺炎患者さんの聴診音 [06/06up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 特発性器質化肺炎の疾患解説 [05/30up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ...

  • 特発性肺線維症の疾患解説 [05/23up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 気胸の疾患解説 [11/22up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1468
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1357
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1283
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1208
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1174
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
707
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
584
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5210

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!