1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のための病気のなぜ>
  4. 肺結核に関するQ&A|看護のための疾患ガイド

2017年04月12日

肺結核に関するQ&A

疾患に関するQ&A

『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は「肺結核」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

肺結核ってどんな病気?

肺結核は、結核菌によって起こる肺の感染症です。結核菌を排菌している人のくしゃみなどによって飛んだ結核菌を吸入することによって空気感染します。

結核菌は気道から侵入しますが、病巣を形成するのは肺だけではありません。肺以外に病巣を形成した結核を肺外結核といい、頸部リンパ節結核、結核性胸膜炎、結核性髄膜炎、脊椎結核、腎・膀胱結核などがあります。肺外結核は、結核全体の約2割です。

 

結核菌が侵入すると生体はどんな反応を示すの?

結核菌は体内に侵入すると、まず呼吸細気管支や肺胞に定着し、それらの部位や所属リンパ節で免疫反応が起こります。

結核菌はマクロファージ内で生き続けます。樹状細胞、マクロファージなどの抗原提示細胞は、ナチュラルキラーT細胞、T細胞などへ抗原提示します。結核菌はこれらの細胞の活性化により傷害されます。

このような免疫機構が十分に働くと、結核菌に感染した病変は石灰化し、自然治癒に向かいます。一方、免疫機構が十分に働かなければ、結核を発症します。自然治癒に向かった場合でも、結核菌は残存しているため、数年後に再燃し、発症することがあります。

 

肺結核ではどんな症状が出現するの?

肺結核の初期には症状は出現しませんが、徐々に、2週間以上続く咳、痰、微熱、寝汗、全身倦怠感、食欲不振などが見られます。進行すると、喀血、呼吸困難、体重減少などが現れることもあります。

 

肺結核の診断にはどんな検査を行うの?

肺結核診断のためのおもな検査は、結核菌検査、胸部X線検査、QFT検査(クォンティフェロンTB ― 2G)、ツベルクリン反応検査などです。

結核菌検査は、喀痰や胃液、気管支洗浄液を検体として用い、塗抹検査や培養検査などを行います。結核菌は非常在菌であるため、塗抹検査で1つでも検出されれば確定診断となります。しかし、塗抹検査では見落とすこともあるため、培養検査も行います。

培養検査は、結果が出るまでに2週間ほどかかります。最近ではポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法による結核菌ゲノムの証明による迅速診断が行われています。また、結核菌に感染した人のリンパ球からのインターフェロンγ産生を検出するQFT(クォンティフェロンTB ― 2G)検査も行われています。

胸部X線検査では、病巣の有無、部位、性状、広がり方などを見ます。

ツベルクリン反応検査は、皮内にツベルクリンを接種し、48時間後に発赤・硬結の有無と大きさを見る検査です。結核菌に感染していれば、陽性となりますが、BCG接種の既応があっても陽性になりますので注意が必要です。

 

肺結核の治療にはどんな治療法があるの?

肺結核の治療法には、複数の抗結核薬を併用する、多剤併用化学療法が標準です(表1表2)。多剤併用化学療法でも陰性化しない場合や、慢性膿胸が見られる場合などは、手術の適応となります。また、症状を緩和させるために、鎮咳薬、去痰薬、解熱薬が投与されたり、酸素吸入を行ったりします。

 

表1抗結核薬の種類と副作用

抗結核薬の種類と副作用

 

表2肺結核の初回標準治療法

肺結核の初回標準治療法

 

memo1結核罹患率の高い日本

結核は昔の病気と思われがちですが、日本は、先進国のなかでは非常に結核の罹患率が高く、決して昔の病気ではありません。確かに、1951年に制定された結核予防法や抗結核薬の開発により、一時は患者数が減少しましたが、1990年代後半から再び新規に罹患する患者が増えています。結核は感染症法(2007)では2類感染症に指定されており、罹患が確認されれば、ただちに保健所への届け出が必要です。

 

肺結核の看護のポイントは?

肺結核の急性期は、様々な症状を緩和することに重点を置き、患者の苦痛を軽減します。他人に感染する結核の場合は、感染予防対策を実施するとともに、隔離された患者の心理的ケアも必要です。

肺結核の回復期は、服薬治療に対するコンプライアンスを高めることが大切です。服薬の継続の必要性、治療薬の種類と用法、副作用などを説明し、服薬を継続できるよう援助しましょう。

なお、結核菌は空気感染しますので、排菌している患者の看護にはN95マスク(0.3μmの粒子を95%以上捕集することができるマスク)を使用しましょう。

 

⇒〔病気のなぜ?〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』 (監修)山田 幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 血管の構造 [05/10up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「血管の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.動脈 2.静脈 3.毛細血管 ... [ 記事を読む ]

  • 心臓の構造 [04/26up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「心臓の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.心臓 2.冠動脈   ... [ 記事を読む ]

  • 肺結核に関するQ&A [04/12up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「肺結核」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.肺結核ってどんな病気? 2.結核菌が侵入...

  • 小児気管支喘息に関するQ&A [03/29up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「小児気管支喘息」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.小児気管支喘息ってどんな病気? ... [ 記事を読む ]

  • 気胸に関するQ&A [03/15up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「気胸」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.気胸ってどんな病気? 2.気胸にはどんな種... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 肺炎【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 肺炎【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】 [11/30up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 喀痰・咽頭分泌物の細菌検査 [08/03up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、喀痰・咽頭分泌物の細菌検査について解説します。   江口正信 公立福生病院部長 〈目次〉 喀痰・咽頭分泌物の細菌検査の目的 検... [ 記事を読む ]

  • 細菌培養の概要 | 検査値早わかりガイド [05/23up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、細菌培養について解説します。   江口正信 公立福生病院部長 〈目次〉 細菌培養の定義 細菌培養に影響する物理的条件 培地... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1286
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1299
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1179
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1036
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
898
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
492
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3893

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!