2016年11月23日

免疫の仕組み

『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。

今回は免疫の仕組みについて解説します。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

免疫とは

免疫とは、自身の身体の構成成分である自己と異物である非自己を識別することで、非自己が体内に侵入した場合、これを排除する機能のことです。すなわち、身体が持つ重要な防御機構で、自然免疫(非特異的防御機構)と適応免疫(特異的防御機構)に分けられます。

生体にとって異物(抗原)とは、細菌やウイルスなどの病原微生物、異種タンパク質がん細胞や他人から移植された臓器などです。

 

自然免疫(非特異的防御機構)

外来の異物を排除する防御機構で、最初に病原体が侵入した際から働きます。普段は骨髄内に入る好中球と単球(マクロファージ)は、病原体が侵入すると血流に乗って局所に集まり、血管内から遊出して組織内へ出て病原体を貪食・処理します。

 

適応免疫(特異的防御機構)

一度罹った感染症には二度と罹らないという二度なし現象が免疫(疫を免れること)の定義とされてきました。このように一度感染した病原体(抗原)を記憶し、同じものには再び感染しないように、この記憶された病原体だけを特異的に排除・処理しようとする防御機構です。この免疫機構には、T細胞が異物の攻撃・排除する細胞性免疫と、B細胞が分化してできたプラズマ細胞(形質細胞)が抗体を産生し、その抗体が抗原を攻撃する液性免疫があります。

細胞性免疫と液性免疫

 

抗体の基本構造

B細胞表面には、免疫グロブリンと呼ばれる抗体があります。その基本構造は2本の重鎖(H鎖)と2本の軽鎖(L鎖)からなり、H鎖とL鎖、およびH鎖とH鎖の間はジスフィルド結合(S-S結合)で結ばれていて、4本の鎖が結合するとY字形となります。

免疫グロブリン(抗体)の構造

抗体にあるFab領域が抗原と結合する場所です。また、抗体の種類によって形の違う可変部、同じ構造を持つ定常部があります。この可変部の違いにより、免疫グロブリンは、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5つのクラスに分けられます。

 

⇒〔病気のなぜ?〕記事一覧を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』 (監修)山田 幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 関節リウマチに関するQ&A [12/07up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「関節リウマチ」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 関節リウマチってどんな病気? 関節リウマチ... [ 記事を読む ]

  • 全身性エリテマトーデスに関するQ&A [11/30up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「全身性エリテマトーデス」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.全身性エリテマトーデスってど... [ 記事を読む ]

  • 免疫の仕組み [11/23up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は免疫の仕組みについて解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 免疫とは -自然免疫 -適応免疫 ...

  • 鉄欠乏性貧血に関するQ&A [11/16up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「鉄欠乏性貧血」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.鉄欠乏性貧血ってどんな病気? 2.... [ 記事を読む ]

  • 悪性リンパ腫に関するQ&A [11/09up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「悪性リンパ腫」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.悪性リンパ腫ってどんな病気? 2.... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

【間違い探し】救急外来の初療室、どこがおかしい?

医療ドラマのあるあるシーンから間違いを探そう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1394
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1313
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1216
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1233
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
998
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
815
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6716

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!