1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要?

2016年12月12日

全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「全身麻酔後の酸素投与」に関するQ&Aです。

久保健太郎
大阪市立総合医療センター看護部
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要?

はい。術後合併症で頻度の高い低酸素血症を防止するために、術後数時間は酸素投与を行う必要があります。

〈目次〉

 

なぜ全身麻酔後、酸素投与が行われているのか?

全身麻酔後、術後数時間の酸素投与は、低酸素血症の回避、術後悪心・嘔吐(postoperative nausea and vomiting:PONV)防止、手術部位感染(surgical site infection:SSI)防止を期待して行われています(1)。

 

術後低酸素血症とは

全身麻酔後には低酸素血症を含む肺合併症が2~40%の頻度で発生していると報告されており(2)、最も多く見られる術後合併症です。

術後に起こる低酸素血症は、術直後から術後数時間の間に起こる術後早期低酸素血症と、術後2~7日目までの夜間に起こる術後遅発性低酸素血症に分けられます。

術後早期低酸素血症の原因は、麻酔薬や筋弛緩薬の効果残存による呼吸抑制や上気道閉塞、手術侵襲による無気肺や呼吸機能低下などがあります。全身麻酔後、術後数時間のルーチンな酸素投与はこの術後早期低酸素血症の防止を目的としています。

ただし、酸素投与をすることで低酸素血症の発見が遅れる可能性があるため、ルーチンな酸素投与に否定的な報告もあります(3)。この場合は、呼吸数や経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)の綿密なモニタリングが必須です。

一方、術後遅発性低酸素血症は、夜間睡眠時に起こり、SpO2はときに50%台まで低下しますが、多くは2分以内に回復し、しばしば反復します。原因は解明されておらず、手術侵襲による無気肺や呼吸機能低下、術後の睡眠パターンの変化による一過性の睡眠時無呼吸ともいれています。

 

酸素投与は術後悪心・嘔吐(PONV)に有効?

過去に術中および術後の高濃度酸素(80%酸素)投与はPONV防止に有効との報告がありました。しかしその後、吸入酸素濃度とPONVの発生率には差はないとの報告が相次いだため、現在ではその効果には否定的な意見が多くなっています。(PONVとは?参照)

 

酸素投与は手術部位感染(SSI)に有効?

現在のところ術中および術後の高濃度酸素投与がSSI防止に有効とする決定的なエビデンスはありません。

 

術後はいつまで酸素投与が必要?

基本的には空気呼吸下でのSpO2が術前値に戻れば酸素投与は必要ありませんが、呼吸抑制や上気道閉塞などの重篤な術後早期低酸素血症の危険性が高い術後3時間程度は酸素投与が必要です。ただし、侵襲の大きな手術や手術終了時間が人手の少ない夜勤帯になるような場合は翌朝までなどと、ある程度余裕をもって酸素投与することが多いです。

術翌日には離床も進み、酸素吸入やパルスオキシメーターは外れていることが多いと思いますが、術後1週間程度は日中のSpO2に異常がなくても、夜間睡眠中の低酸素血症にも注意が必要です。

 

コラム酸素投与してもSpO2が上昇しない場合はどうする?

SpO2が上がらない原因を考えることが重要です。術直後に最も多いのは呼吸抑制と上気道閉塞です。どちらも麻酔薬や筋弛緩薬の残存が原因となることが多く、覚醒状態が悪い場合は呼吸数を含めて呼吸状態をベッドサイドでしっかりと観察する必要があります。このような場合には酸素投与だけではSpO2は回復しないことが多く、拮抗薬の投与やエアウェイ挿入、再挿管などが必要になる場合もあります。他には気胸、肺水腫、肺梗塞などが原因の場合もあります。

また、慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)や喘息などの慢性呼吸器疾患(chronic respiratory disease:CRD)がある患者への高濃度酸素投与には注意が必要です。SpO2が低いからといって酸素を上げていくと、意識レベルが低下することがあります。これをCO2ナルコーシスといい、病態は高二酸化炭素血症による意識障害です。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? [12/26up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の覚醒状態」に関するQ&Aです。 金沢愛弓 多根総合病院手術室主任 奥谷 龍 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 西口幸雄 大阪市... [ 記事を読む ]

  • 脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止? [12/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「脊椎麻酔後の体位変換」に関するQ&Aです。 金沢晋弥 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要? [12/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の酸素投与」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • 術後の安静は必要? [12/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の安静」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術中に手袋が破れなければ交換は不要? [11/28up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の手袋の交換」に関するQ&Aです。 田嶋哲三 大阪市立総合医療センター消化器外科 清水貞利 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長 編著 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 開心術後患者の観察ポイント [12/18up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点 -フィジカルアセスメントを中心に>より抜粋。 開心術後患者の観察ポイントについて解説します。 Point 心臓弁膜症による弁置換術では,術前・術後で病態が... [ 記事を読む ]

  • ゴッセ開創器(開腹鈎)|開創器(1) [12/21up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ゴッセ開創器(開腹鈎)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づい... [ 記事を読む ]

  • ウィスカー鈎(肺圧排鈎)|鈎(5) [03/22up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ウィスカー鈎』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • 心臓血管外科手術後の鎮痛・鎮静管理|術式別の術後の鎮痛・鎮静管理 [01/10up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、心臓血管外科手術後の鎮痛・鎮静管理について解説します。 心臓血管外科手術後の鎮痛・鎮静管理 1)心臓血管外科手術後の病態 心臓血管外科による開心手... [ 記事を読む ]

  • ラスパトリウム|整形外科手術器械(4) [05/16up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、整形外科の手術で使用される『ラスパトリウム(ラスパ)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部に... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1299
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1315
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1193
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
928
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
592
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7459

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!