2016年12月05日

術後の安静は必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術後の安静」に関するQ&Aです。

池田克実
大阪市立総合医療センター乳腺外科部長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術後の安静は必要?

いいえ。可能な限り術後早期離床が大切です。手術によっては術当日から離床が始まります。

〈目次〉

 

なぜ、早期離床をすすめるの?

術後安静臥床を継続することで、さまざまな臓器、器官に好ましくない影響が生じます。

循環・呼吸器系では、機能的肺活量の減少により、無気肺肺炎を引き起こしたり、循環器系では、循環血液量の低下や特に下肢や骨盤内の静脈血のうっ滞などにより肺塞栓症など重篤な術後合併症につながる可能性があります。

運動器系では、四肢の関節拘縮や筋萎縮、皮膚においては仙骨部など荷重部に褥瘡形成をきたしやすくなります(図1)。

図1褥瘡好発部位

褥瘡好発部位

また、長期間の安静臥床により精神的ストレスが高まり、副交感神経を抑制して腸管蠕動遅延なども起こしやすくなるとされています(1)。

早期離床し、歩行することでこれらの術後合併症を減らすことが可能です。

歩行は下肢の筋肉によるポンプ機能で、静脈のうっ滞を減少させ、血栓形成の予防に役立ち、交感神経系を活発にし、心拍出量を増やし、筋・骨格系だけでなく心機能の向上にも役立ちます。また、座位、立位になることで機能的肺活量が増加し、無気肺・肺炎の予防につながります(1)。

 

早期離床はどのように行う?

麻酔からの覚醒が十分でない術直後は、呼吸・循環動態の安定のため安静臥床が必要になります。

乳がんなど体表の手術では、手術侵襲も小さく、創部痛も比較的軽度で、また手術時間も2~3時間程度と短時間であるので尿道カテーテルも留置せず、より積極的に早期離床を進められます。

当院では、基本的にクリニカルパスに従い、術当日帰室後2時間よりトイレ歩行などから離床を開始しています。

腹部や胸部手術など比較的手術侵襲が大きな場合には、尿道カテーテルの他、ドレーン留置などによって術当日から数日間、安静臥床が強いられますが、その場合にも可能な限り早期離床を目標にしたほうがよいと考えます。

しばらくの間、臥床が強いられる場合でも、意識のある患者では、下肢静脈血栓症や下肢筋力低下の予防観点からも下肢の運動を促し、疼痛の増強やドレーン類の屈曲・閉塞に注意しながら体位変換を行います(図2)。

人工呼吸器管理下などで、意識のない患者でも循環・呼吸動態の変動に留意しながら積極的に体位変換を行い、体位ドレナージによって肺炎など呼吸器合併症を予防することも大切です。

図2術後体位(術直後から離床まで)

術後体位

術後体位

術後体位

過荷重になっている箇所がないか、ドレーン・ルート類が圧迫していないかをチェックしましょう。

大阪市立総合医療センターすみれ16 病棟:ニガテクリアポイント& エビデンスがわかる 消化器外科術前術後の看護技術カラービジュアル講座.消化器外科NURSING 2012;17:1031.より一部改変

 


[文献]

  • (1)阿部真也,高森啓史,中原修,他:ベッドサイド での処理 術後の体位変換と早期離床.大特集 外 科基本手技アトラス,外科治療 2009;101:420- 426.
  • (2)「 厚生労働省“生活支援ニュース”第 4 号.2011 年4月26 日発行,厚生労働省ホームページ内
  • (3)隈元孝子,堀治,山之内明子:ニガテクリアポイ ント& エビデンスがわかる 消化器外科術前術後 の看護技術カラービジュアル講座.消化管ナーシ ング 2012;17:1031.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止? [12/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「脊椎麻酔後の体位変換」に関するQ&Aです。 金沢晋弥 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要? [12/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の酸素投与」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術後の安静は必要? [12/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の安静」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • 術中に手袋が破れなければ交換は不要? [11/28up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の手袋の交換」に関するQ&Aです。 田嶋哲三 大阪市立総合医療センター消化器外科 清水貞利 大阪市立総合医療センター肝胆膵外科副部長 編著 ... [ 記事を読む ]

  • 手術室に入る前にひげは絶対に剃る?かつらは絶対に外す? [11/21up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術中の"ひげ"や"かつら"」に関するQ&Aです。 牧野圭子 大阪市立総合医療センター看護部(中央手術部) 奥谷龍 大阪市立総合医療センター麻酔科 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)|脳神経外科手術器械(1) [06/29up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆... [ 記事を読む ]

  • 手術侵襲による生体変化 [12/14up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点 -フィジカルアセスメントを中心に>より抜粋。 手術侵襲による生体変化について解説します。 Point 手術侵襲時には,ホルモン分泌を中心とした神経内分泌反... [ 記事を読む ]

  • 経皮的心肺補助装置:PCPS | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [10/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的心肺補助装置(PCPS)について説明します。   《経皮的心肺補助装置(PCPS)について》 主な適応 ... [ 記事を読む ]

  • モスキート鉗子|鉗子(4) [12/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『モスキート鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • ラスパトリウム|整形外科手術器械(4) [05/16up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、整形外科の手術で使用される『ラスパトリウム(ラスパ)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部に... [ 記事を読む ]

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1440
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1235
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1222
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1112
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
944
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
330
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7943

以下の中で、下肢の運動失調の有無を確認するために行う検査はどれでしょうか?

  • 1.鼻指鼻試験
  • 2.指鼻試験
  • 3.膝打ち試験
  • 4.踵膝試験
今日のクイズに挑戦!