1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ナース×医療訴訟>
  4. 看護師は1つの医療事故で3つの法的責任を負う|ナース×医療訴訟

2016年10月06日

看護師は1つの医療事故で3つの法的責任を負う

看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。
ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律を解説します。
第2話では、「患者さんを取り違えた事例」から学ぶ、「1つの医療事故で、看護師は3つの法的責任を負う」というお話です。

 

 

大磯義一郎
(浜松医科大学医学部「医療法学」教室)

 

患者さんを取り違えてしまった例を紹介しましたが、ここでは、このような医療事故の当事者となってしまった場合、看護師が負うべき法的責任について解説していきます。

看護師には、3つの法的責任があるんですよね。
それぞれの法的責任がどう違うのか、しっかり覚えていきたいと思います。

 

〈目次〉

 

看護師と、民事責任・刑事責任・行政責任の3つの法的責任

看護師は、医療事故の当事者となった場合、1回(1件)の事故につき、民事責任と刑事責任、行政責任の3つの法的責任を負う可能性があります(図1)。

図1医療事故の際、看護師が負う3つの法的責任

医療事故の際、看護師が負う3つの法的責任

医療事故を起こした看護師は、民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任を負います。
保助看法:保健師助産師看護師法。

 

患者さんに生じた損害に対して金銭を支払う民事責任

民事責任とは、医療者側の過失によって、患者さんの生命・身体などに損害を与えた場合、患者さんに発生した損害を金銭に換算して支払わなければならないという責任です。

本件(『身近な落とし穴! 患者取り違いで罰金50万円と1か月の業務停止!?』)の場合では、取り違えられてしまった患者さん(田中さんと木村さん)に行われた手術自体は無事に終わっていますので、患者さんが受けた損害は、入院費用などの実費と、精神的損害のみです。

しかし、もし患者さんが死亡してしまった場合には、患者さんがその後の生涯で得られるはずだった収入が逸失利益として請求されます。そのため、場合によっては、億単位の高額な請求をされることもあります

万が一の場合に備え、損害賠償保険に加入する必要があります

 

重大な過失があった場合、懲役などに科される刑事責任

刑事責任とは、過失によって、患者さんを死傷させてしまった場合、5年以下の懲役、もしくは禁錮、または100万円以下の罰金に処せられることです。

刑事責任は、過失・損害・因果関係という3つの要件によって成り立っています。この点は民事責任と同じですが、各々の法的責任の性質が異なることから、刑事責任と民事責任で求められる過失の程度には差があります。

簡単に言うと、民事責任は、患者さんに予期せぬ損害が発生した場合、ゆるやかに認められがちですが、刑事責任は、看護師に重大な過失がなければ罪として認められません

これは、民事責任が「損害を公平に負担させること」を重視しているのに対し、刑事責任は個人の責任を重視しているためです。このため、民事責任を認められたとしても、刑事責任は認められないということもあり得ます

 

看護師免許に対する処分が課される行政責任

行政責任とは、看護師免許に対する処分のことです。処分事由は複数定められていますが、現在の運用では、医療事故だけでなく、窃盗や人身事故などによって罰金以上の刑に処せられた場合に、行政処分が課されることになっています。

そのため、刑事訴訟で有罪にならなければ、行政処分が課せられることはありません

 

memo行政処分にある3つの処分

保健師助産師看護師法(保助看法)の14条には、戒告3年以内の業務の停止免許の取消しの3つの行政処分が定められています。

なお、行政処分が課せられる条件は、同法9条の1号に明記されている「罰金以上の刑に処せられた者」です。

*詳しくは、『Q & Aでわかる 看護師が処分の対象になる行政処分』を参照ください。

 

まとめ

医療事故の当事者となった場合、1つの医療事故でも、法的には3つの責任(民事責任、刑事責任、行政責任)を負う可能性があることを理解しておきましょう。

患者さんのために一生懸命仕事をしていても、残念ながら、人は誰でも間違えます(英語のことわざには、「to err is human(過つはヒトの性)」という言葉があるほどです)。「間違えた人が悪い」と、医療従事者個人を非難するのではなく、組織の問題として損失補填を充実していくようになることが望まれます。

 

memoわが国でもようやく進んできている医療安全

本件(『身近な落とし穴! 患者取り違いで罰金50万円と1か月の業務停止!?』)を契機に、わが国でも医療安全が検討されるようになりました。

例えば、医療従事者が間違えても直ちに患者さんに被害が生じないようなシステム(フェイルセーフ)や、そもそも間違いが起こりにくいシステム(フールプルーフ)を作っていこうという努力もなされています(1)。

 

〈次回〉

第3話:Q & Aでわかる 看護師が処分の対象になる行政処分

 


[文 献]

  • (1)河野龍太郎. 医療におけるヒューマンエラー 第2版:なぜ間違える どう防ぐ. 医学書院: 東京; 2014.

[執筆者]
大磯義一郎
浜松医科大学医学部「医療法学」教室 教授


著作権について

この連載

  • Q & Aでわかる 医療訴訟の件数と看護師さんが訴訟に合う件数 [01/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「知らない間に患者さんが転倒骨折した事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました。 ... [ 記事を読む ]

  • 患者さんが転倒骨折! 要介護5の状態になった責任はどこに? [01/10up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 医療訴訟になった事例を元に、医療事故の予防・対処方法や、看護師さんが知っておくべき医療に関する法律などについて、やさしく解説します。 自分の身は自分で守れるよ... [ 記事を読む ]

  • 看護師は1つの医療事故で3つの法的責任を負う [10/06up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 ここでは、医療事故を起こしてしまったときに看護師さんが知っておくべき医療に関する法律を解説します。 第2話では、「患者さんを取り違えた事例」から学ぶ、「1つの...

  • 身近な落とし穴! 患者取り違いで罰金50万円と1か月の業務停止!? [10/06up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 医療訴訟になった事例を元に、医療事故の予防・対処方法や、看護師さんが知っておくべき医療に関する法律などについて、やさしく解説します。 自分の身は自分で守れるよ... [ 記事を読む ]

  • Q & Aでわかる 看護師が処分の対象になる行政処分 [10/06up]

    看護師さんにとって、医療事故や医療訴訟は決して他人事ではありません。 第1話と第2話では、「患者さんを取り違えた事例」を元に医療事故の対応方法や、看護師が知っておくべき医療に関する法律について、解説してきました。 ここでは、看護... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

お盆に親戚が集まれば始まる健康相談

看護師なら誰しも経験あり? [ 記事を読む ]

日常のなかでできる「摂食嚥下ケア」

間接訓練と直接訓練、それぞれの進め方のコツは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ペディキュアしてますか?

投票数:
671
実施期間:
2017年08月01日 2017年08月22日

何歳まで働き続けたい?

投票数:
622
実施期間:
2017年08月04日 2017年08月25日

キャンペーンや懸賞に応募する?

投票数:
563
実施期間:
2017年08月08日 2017年08月29日

あなたの今の仕事は希望どおり?

投票数:
527
実施期間:
2017年08月11日 2017年09月02日

学歴、気になる?

投票数:
404
実施期間:
2017年08月18日 2017年09月08日

「看護師になりたい」と思い始めたのはいつ?

投票数:
133
実施期間:
2017年08月22日 2017年09月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3224

大腸切除術を受ける患者さんの術前・術後の看護師の対応で最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.術前1週間前から禁煙の指導を行う。
  • 2.術後安静のため膀胱留置カテーテルは挿入しておく。
  • 3.術後合併症がない場合、食事に制限がないことを説明する。
  • 4.術後はできる限り安静を促す。
今日のクイズに挑戦!