1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術前の入浴・シャワー浴はSSI (手術部位感染)を減らす?

2016年09月05日

術前の入浴・シャワー浴はSSI (手術部位感染)を減らす?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術前の入浴・シャワー浴とSSIの関係」に関するQ&Aです。

森至弘
医療法人医誠会医誠会病院消化器外科医長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術前の入浴・シャワー浴はSSI(手術部位感染)に関連する?

術前の入浴・シャワー浴は推奨されていますが、SSIの減少につながるかははっきりしていません。

〈目次〉

 

SSIとは?

SSIとはsurgical site infectionの略で、手術部位感染のことです。術後30日以内に発症する感染と定義されています。

SSIには3種類あり、表層SSI(いわゆる創の感染、キズが膿むということ)、深層SSI(筋膜・筋層の感染)、臓器・体腔SSI(腹腔内の膿瘍など)に分類されます。このうち、本項で主に関連するのは表層SSIです。

 

術前の入浴・シャワーは行ったほうがいい?

「手術医療の実践ガイドライン」(日本手術医学会/1)では術前の準備として、「術前のシャワー浴:手術前夜または当日朝のシャワー浴や入浴が勧められる。可能ならば抗菌石けんを使用することが推奨される。」とされています。

 

術前の入浴・シャワーを行ったほうがいい理由は?

「手術医療の実践ガイドライン」にはその理由として、「皮膚切開部の消毒効果を高めるには、可能な限り洗浄により汚れや異物を除去し、物理的にきれいにしておくことが重要である。Cruseらは手術前夜にクロルヘキシジングルコン酸塩などの生体消毒薬を用いて入浴またはシャワー浴することにより、皮膚常在の細菌数を減少させることができたと報告している。高齢者糖尿病患者、ステロイド使用中の患者など感染に対する抵抗力の低下している症例や入院日数が長くて感染の懸念される症例では、このような入浴やシャワー浴が特に有効と考えられる。

ただし手術前の入浴またはシャワー浴は皮膚に付着する細菌数を減らすことは証明されているが、実際にSSIの低下に寄与するかどうかは明らかにされていない。」と記載されています(1)。

 

SSIは入浴・シャワー浴で減少するの?

前述のとおり、入浴・シャワー浴でSSIが減少するかどうかははっきりしません。しかし、皮膚に垢などの有機物が付着していると、消毒薬の効果が弱くなってしまいます。皮膚の細菌を減らす以外にも、消毒薬にしっかり効果を発揮してもらう意味も含めて、術前には入浴・シャワー浴で皮膚をきれいにしたほうがよいでしょう。

 



本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術前の臍処置はそれほど必要ないって本当?どのように行う? [09/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「臍処置」に関するQ&Aです。 栗原重明 大阪市立総合医療センター臨床教育研修部(外科系) 日月亜紀子 大阪市立総合医療センター消化器外科医長 編... [ 記事を読む ]

  • 術前の剃毛は禁止?除毛をする場合、いつ、どこまで行う? [09/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「剃毛」に関するQ&Aです。 加藤裕子 市立岸和田市民病院看護局 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   剃毛は禁止? 除毛... [ 記事を読む ]

  • 術前の入浴・シャワー浴はSSI (手術部位感染)を減らす? [09/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の入浴・シャワー浴とSSIの関係」に関するQ&Aです。 森至弘 医療法人医誠会医誠会病院消化器外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病...

  • 術直前の飲水は本当にだめ? [08/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術直前の飲水」に関するQ&Aです。 宮田剛 岩手県立中央病院病院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   術直前の飲水は... [ 記事を読む ]

  • 大腸の手術前に、 腸管洗浄剤は本当に必要? [08/22up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「大腸の手術前の腸管洗浄剤」に関するQ&Aです。 宮田剛 岩手県立中央病院病院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   大... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1394
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1269
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1148
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
874
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
612
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者517

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!