1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 声を聴診する特殊な口腔聴診|聴診スキル講座

2016年08月23日

声を聴診する特殊な口腔聴診

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。
ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。

コラムの第3話は、「声を聴診する特殊な口腔聴診」の解説です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科准教授)

 

〈目次〉

 

聴診は声でもできる

通常、聴診を行う際は、患者さんの身体に直接、聴診器を当てます。しかし、聴診器を身体に当てない「口腔聴診」と呼ばれる方法があることをご存知でしょうか?

これは、図1のように、聴診器を口にかざし、患者さんに声を出してもらい、その音を判断する技法です。

図1口腔聴診の行い方

口腔聴診の行い方

声と一緒に、「プツプツ」という水泡音が聴こえることがあります。

 

健康なヒトであれば、変わった音は聴こえませんが、例えば、身体に聴診器を当てた際に水泡音が聴こえる患者さん(気管支拡張症など)では、口腔聴診で「プツプツ」という音が聴こえることがあります。身体に聴診器を当てることが難しい患者さんや、嫌がる患者さんの場合に、試してみるのもよいかもしれません。

ただし、この口腔聴診は、水泡音が聴こえる患者さんのみに有効な技法です。捻髪音が聴こえる患者さんでは、口腔聴診で捻髪音が聴こえることは決してありませんので、注意してください。

 

口腔聴診は、気管支拡張症など、水泡音が聴こえる患者さんに有効な聴診スキルです。
機会があれば、トライしてみると良いでしょう。

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 胸水の解説 [10/25up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸音を呼吸のタイミングで分類する方法 [10/18up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第5話は... [ 記事を読む ]

  • 声を聴診する特殊な口腔聴診 [08/23up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第3話は...

  • 胸水患者さんの聴診音 [11/01up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 急性間質性肺炎の疑いのある患者さんの聴診音 [09/27up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2400
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1222
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1132
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
974
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
886
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
468
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1892

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!