1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 大腸が体内で移動しないのはなぜ?

2016年10月31日

大腸が体内で移動しないのはなぜ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

便秘はなぜ起きるの?

今回は「大腸」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

大腸が体内で移動しないのはなぜ?

大腸は腹腔の周りを取り囲むようにして走行している臓器です。上行結腸、下行結腸、直腸は腸間膜を持たず、腹壁や骨盤腔に直接固定されています。このため、体内で移動することはありません。 

これに対して横行結腸、S状結腸は、腸間膜(ちょうかんまく)に覆われていますが、腹壁には固定されていません。高齢者ではこの腸間膜が弛緩してしまっていることが多く、そこに便秘が重なると、便の存在する部位に重力が働き(その部分が垂れ下がったようになり)、捻転(ねんてん)を起こして腸閉塞〔ちょうへいそく〕(イレウス)になることもあります。捻転を起こす最も一般的な原因は便秘です。

 

MEMO腸間膜

腸を吊り下げるようにして固定している腹膜の一部。腸間膜には、腸に酸素栄養を送る血管や神経が存在しています。

MEMO腸閉塞(イレウス)

小腸あるいは大腸の内腔が詰まり、通過障害を起こした状態。癒着腫瘍などによって詰まる機械的イレウスと、腸管の蠕動運動によって起きる機能的イレウスがあります。

 

〈次回〉

排泄とはなんだろう?

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 尿量が変化する原因は何? [11/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 加齢と腎機能は関係があるの? 今回は「尿量の変化」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   尿量が変化する原因は... [ 記事を読む ]

  • 排泄とは何だろう? [11/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 大腸が体内で移動しないのはなぜ? 今回は「排泄」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   1.排泄とは何だ... [ 記事を読む ]

  • 大腸が体内で移動しないのはなぜ? [10/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 便秘はなぜ起きるの? 今回は「大腸」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   大腸が体内で移動しないのはなぜ? ...

  • 便秘はなぜ起きるの? [10/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 下痢はなぜ起こるの? 今回は「便秘」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   便秘はなぜ起きるの? 便秘は... [ 記事を読む ]

  • 便の成分・排便のメカニズム [10/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「消化と吸収」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈前回〉 大腸の中で内容物はどう変化するの?   1... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 肝腎コントラストのエコー像 [12/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 脂肪肝を判断する... [ 記事を読む ]

  • 胃瘻バッシングで生じた歪みを考える|胃瘻適応者への長期間の経鼻胃管は「虐待」だ [03/12up]

    【日経メディカルAナーシング Pick up!】   聞き手:小板橋律子=日経メディカル     医療倫理的な視点から、人生の最終段階にある患者に対する延命治療の問題点を以前から指摘する会田氏。 ... [ 記事を読む ]

  • 胆嚢壁が肥厚しているエコー像 [09/21up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 胆嚢壁肥厚は胆嚢... [ 記事を読む ]

  • 腸鉗子|鉗子(11) [01/26up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『腸鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説していま... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1225
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1116
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1052
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
956
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
386
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者441

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!