1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ?

2016年08月15日

術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術前の呼吸訓練」に関するQ&Aです。

吉井真美
大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科学病院講師
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ?

術前呼吸訓練は必要ですが、やりすぎはかえって逆効果です。

〈目次〉

 

呼吸筋の疲労が合併症につながる恐れも

術前の呼吸訓練は、疲れが出ない程度に行うことはもちろん必要です。術前の呼吸訓練が術後呼吸器合併症の減少のために重要であることは、言うまでもありません。

しかし、手術直前まで必死に呼吸訓練を行うことで、逆に呼吸筋の疲労を招く可能性があります。特にCOPD(chronic obstructive pulmonary disease:慢性閉塞性肺疾患)患者の場合は、もともと呼吸筋に負担がかかっており、不適切なリハビリにより筋疲労増悪や筋疲労回復遅延が起こる可能性があるため、過度の訓練は注意が必要です。

 

呼吸訓練のメリット・デメリット

術前呼吸訓練によって、肺炎や呼吸不全などの術後呼吸器合併症が減少し、また在院日数も減少したという論文がいくつか報告されています(文献1,2)。ただ、具体的にどの程度行うとよいのかという基準(術前の訓練期間、1日当たりの訓練時間や回数など)については、依然として結論が出ていないのが現状です。

胸腹部手術(特に胸部手術)においては、横隔膜・呼吸筋への手術侵襲が加わるうえに、麻酔・人工呼吸器の使用によって、術後無気肺を生じやすくなります。無気肺は、肺炎や呼吸不全の誘因になるといわれているので、呼吸筋が疲労していると、肺胞虚脱から無気肺を起こす危険性が高まり、その結果として術後呼吸器合併症の発生につながることが考えられます。

これらをデータで示した論文はありませんが、呼吸訓練のやりすぎがかえって悪影響を及ぼす可能性があることは、覚えておいたほうがよいでしょう。

 

どんな方法で呼吸訓練を行うか?

実際の訓練方法は、①呼吸訓練器による呼吸訓練、②腹式呼吸と深呼吸、③痰の排出、などの練習を、1日3回・1回20~30分間行う施設が多いようです(図1)。

図1呼吸訓練の例

呼吸訓練の例

呼吸筋の疲労が合併症を招くことを念頭に、患者に合わせて回数・時間を決定する。

 

術前呼吸器合併症の有無や、年齢などに応じて、疲れない程度の回数・時間を設定し、訓練期間としては、手術前日まで1週間程度続けることが大切です。

 

呼吸訓練にはエビデンスがないのですか?

決定的なエビデンスはありません。
しかし、有効とする報告も多く、術後肺合併症のハイリスク患者においてはリスクを半分に低下させるという報告もあるため、特に高齢者や呼吸機能低下が見られる場合には呼吸訓練をしたほうがよいでしょう。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術直前の飲水は本当にだめ? [08/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術直前の飲水」に関するQ&Aです。 宮田剛 岩手県立中央病院病院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   術直前の飲水は... [ 記事を読む ]

  • 大腸の手術前に、 腸管洗浄剤は本当に必要? [08/22up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「大腸の手術前の腸管洗浄剤」に関するQ&Aです。 宮田剛 岩手県立中央病院病院長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   大... [ 記事を読む ]

  • 術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ? [08/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の呼吸訓練」に関するQ&Aです。 吉井真美 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科学病院講師 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ...

  • ステロイド投与中の患者にステロイドカバーは必要? [08/08up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「ステロイド投与中の患者へのステロイドカバーの必要性」に関するQ&Aです。 井上透 大阪市立総合医療センター消化器外科副部長 編著 西口幸雄 大阪市... [ 記事を読む ]

  • 抗血栓薬のヘパリンによる代替療法は必要? [08/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「抗血栓薬のヘパリンによる代替療法」に関するQ&Aです。 石川彰 大阪市立総合医療センター消化器外科(現医誠会病院消化器外科医長) 編著 西口幸雄 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1240
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1227
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1117
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
957
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
396
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者570

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!