1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ?

2016年08月25日

逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

胃はどれくらいの容量があるの?

今回は「胃から食道に逆流しない仕組み」に関するQ&Aです。

 

逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ?

食道と胃の境目を噴門といいます。通常、噴門は噴門括約筋によって閉じられていますので、食事直後に逆立ちをしても、胃の内容物が食道に逆流することはありません。

図1胃の部位

胃の部位

 

噴門の収縮・弛緩を制御しているのは自律神経です。交感神経が優位な状態では噴門は収縮し、副交感神経が優位な状態では弛緩します。食物を嚥下する時に噴門が開くのは、食塊による圧迫刺激があるためです。

時として胃の内容物が食道に逆流することがあり、この時、胸やけが生じます。胸やけの詳しいメカニズムは、「胸やけが起こるメカニズム」を参照してください。

 

MEMO悪心(おしん)

悪心は、嘔吐しそうな不快感を指します。様々な感覚刺激が嘔吐中枢を刺激し、唾液分泌の亢進、冷汗、脈拍の増減、低血圧などの自律神経症状も現れます。

MEMO嘔吐

嘔吐は、胃の内容物が食道を通って口から吐き出される現象です。本来は、胃に入った有害物を小腸に送り込まないための反応です。

 

〈次回〉

胃液はどのような刺激で分泌されるの?

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 胃が消化酵素で消化されないのはなぜ? [09/01up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 胃液はどのような刺激で分泌されるの? 今回は「胃壁が胃液によるダメージを受けない理由」について解説します。   胃が消化酵素で消化されないのはなぜ... [ 記事を読む ]

  • 胃液はどのような刺激で分泌されるの? [08/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ? 今回は「胃液の分泌」に関するQ&Aです。   胃液はどのような刺激で分泌されるの? 胃液の分泌... [ 記事を読む ]

  • 逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ? [08/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 胃はどれくらいの容量があるの? 今回は「胃から食道に逆流しない仕組み」に関するQ&Aです。   逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ? ...

  • 胃はどれくらいの容量があるの? [08/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 食道に異物が詰まるのはなぜ? 今回は「胃の容量」に関するQ&Aです。   胃はどれくらいの容量があるの? 胃は、非常に膨張性に富んだ臓器です... [ 記事を読む ]

  • 食物が気管に入らないのはなぜ? [08/15up]

    『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 唾液はどんな刺激で出るの? 今回は「消化の際の咽頭の働き」に関して解説します。   食物が気管に入らないのはなぜ? 咽頭は、消化... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 栄養素の特徴|食物の流れから理解する(2) [10/31up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の2回目です。 〈前回の内容〉 食物は生命のエネルギー源|食物の流れから理解する(1) ... [ 記事を読む ]

  • 栄養素の代謝|食物の流れから理解する(6) [11/10up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の6回目です。 〈前回の内容〉 肝臓のはたらき|食物の流れから理解する(5) 前回は、... [ 記事を読む ]

  • 肝臓のはたらき|食物の流れから理解する(5) [11/07up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の5回目です。 〈前回の内容〉 食物の旅―小腸、大腸|食物の流れから理解する(4) 前... [ 記事を読む ]

  • 食物は生命のエネルギー源|食物の流れから理解する(1) [10/29up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 血液の仕組みとはたらき|血液の流れから理解する(5) ... [ 記事を読む ]

  • 栄養と代謝|食べる(1) [08/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸する(4)呼吸のメカニズム 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナス... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ケアプログラムの開発で認知症の方へ安心を

認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)を防ぐケアプログラムが開発されています。 [ 記事を読む ]

麻酔の役割と生体への影響

麻酔の種類と作用をまとめました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが目指す生き方に一番近いのは?

投票数:
957
実施期間:
2018年05月29日 2018年06月19日

勤務中によくなくすものは?

投票数:
953
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
841
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
423
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
516
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2606

88歳男性Aさんが自宅で転倒し、大腿骨頸部骨折の診断で入院となりました。入院2日後に手術が施行され、術後問題なく翌日には食事が再開、点滴も抗生剤のみとなりました。本人は「痛みはないよ」と言いましたが、体動時苦痛表情が見られました。術後2日目からリハビリテーションが開始となりましたが、そのころから点滴を抜く、夜間大声を出すなどの行動がみられました。Aさんへの対応方法として最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.「点滴の針は抜かないでください」と説明し、ミトンを装着した。
  • 2.夜間大声を出すため、個室に移動して家族の付き添いを依頼した。
  • 3.痛みによるせん妄が考えられたため、疼痛コントロールを検討した。
  • 4.同室者の物音で眠れないのではないかと考え、医師に相談し、睡眠薬を処方してもらった。
今日のクイズに挑戦!