1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 初めてのエコー(超音波)検査>
  4. FASTのエコー像(心嚢腔)|初めてのエコー(超音波)検査

2016年10月19日

FASTのエコー像(心嚢腔)

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

〈前回の内容〉

FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断

今回は、「FASTのエコー像(心嚢腔)」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

FASTの重要性は理解いただけましたか?
命にかかわることもあるので、外傷の患者さんが来院したら要注意ですよ。

はい。先生に指示される前にエコーの準備もできるように心がけておきます♪
でも、FAST陽性のエコー像って、どんなのか気になります。

FASTで確認する場所は6箇所と多いので、3回に分けて紹介します。
まずは、心膜腔のエコー像を見ていきましょう。

 

〈目次〉

 

FASTのエコー像(心嚢腔)

患者さんに外傷がある場合、心嚢腔、胸腔、腹腔の出血の有無を確認する必要があります。FASTは、心嚢腔→モリソン窩→右胸腔→脾臓周囲→左胸腔→ダグラス窩の順番にプローブを当てていきます。

ここでは、心嚢腔のエコー像を紹介します(図1)。

図1心嚢腔のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

心嚢腔のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

心臓の位置にプローブを当てます。

 

心嚢腔に行うFAST

心嚢腔は、心臓と心外膜の間の空間のことです。ここに、液体が溜まっている(貯留)かどうかを確認します。

図2図3は、心嚢腔に液体が溜まっていない患者さんのエコー像です。

図2心嚢腔に液体がないエコー像(1)

心嚢腔に液体がないエコー像(1)

液体の貯留は見られません。

 

図3心嚢腔に液体がないエコー像(2)

心嚢腔に液体がないエコー像(2)

液体の貯留は見られません。

 

次に、図4図5は、心嚢腔に液体が溜まっている患者さんのエコー像です。

図4心嚢腔に液体があるエコー像(1)

心嚢腔に液体があるエコー像(1)

心外膜と心臓の間に液体(心嚢水)の貯留が見られます。

 

図5心嚢腔に液体があるエコー像(2)

心嚢腔に液体があるエコー像(2)

心外膜と心臓の間に液体(心嚢水)の貯留が見られます。

 

心嚢腔に液体が見られ、心臓の動きが制限されると非常に危険な状態になるので、注意しましょう。なお、心嚢水が少量の場合は、それほど問題はありません。

 

エコー検査の準備

FASTは迅速に行うことが求められる検査のため、操作は、基本的にはすべて医師が行います。そのため、看護師は、外傷の患者さんが来たらエコー検査を行うということを覚えておけばよいでしょう。

基本的にエコー機器は患者さんの頭側、右側に置いて使うことが多いので、すぐに使えるように機器の準備をしておきましょう。特に救急外来は、モニター心電図や十二誘導心電図などコードを必要とする機器が多いので、移動時にコードが絡まないように配置することも大切です。

 

申し送り時のポイント

FASTが陽性となった場合は、何らかの処置が必要となる緊急事態です。逆に陰性であれば、とりあえずは落ち着いて初療を行うことができます。そのため、検査結果は正確に報告しましょう。また、受診背景も伝えましょう。

 

申し送り例①:FAST陰性の場合

患者さんは交通外傷で受診されました。
FASTは陰性で、精査の結果、大腿骨頸部骨折の診断で入院となりました。

 

申し送り例②:FAST陽性の場合

患者さんは交通外傷で受診されました。
FASTで腹腔内出血が疑われて、CT検査の結果、腹腔内出血と診断されました。
これから血管造影検査を行います。

*FAST陽性の場合は、患者さんが急変する可能性があるので、バイタルサインの変化に注意しましょう。

 

記録記入時のポイント

検査結果の記録は、所見をすべて書く必要はないと思いますが、臨床上必要な陰性所見の記載は残しておくべきだと思います。FASTについては、どのタイミングで行ったのかも重要です。

例えば、最初は陰性だったFASTの結果が、時間の経過とともに陽性になる場合があるためです。

 

記入例:1回目のFASTで陰性、2回目のFASTで陽性の場合

 

Check Point

  • FASTでは、心嚢腔に心嚢水があるかを探しています。FAST陽性の場合は緊急の処置が行われます。
  • 申し送り時には、受診背景や検査結果をしっかりと伝えましょう。
  • FASTはどのタイミングで検査を行ったかが重要になるため、看護記録には時間も記載しましょう。

 

次回は、右胸腔と左胸腔に行うFASTのエコー写真を紹介します。
FASTでみるエコー像の雰囲気を確認してみてください。

 

〈次回〉

FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔)

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • FASTのエコー像(モリソン窩) [11/02up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔) [10/26up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患...

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

  • 腎盂が拡張しているエコー像 [10/05up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 尿路結石は腎盂拡... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • 生化学検査(肝機能)|検体検査(血液検査) [06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、肝機能検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 生化学検査(肝機能)とはどんな検査か 生化学検査(肝機能)の目的 ... [ 記事を読む ]

  • 心臓カテーテル検査|循環器系の検査 [09/21up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、心臓カテーテル検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 心臓カテーテル検査とはどんな検査か 心臓カテーテル検査の目的... [ 記事を読む ]

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1291
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1117
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1104
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
987
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
884
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
597
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4495

40歳の男性。一日20本程度タバコを吸っています。検診で高血圧を指摘され、外来を受診しました。来院時の血圧は168/102mmHgでしたが、再検査したところ170/102mmHgとなりました。以下のうち、看護師が行う生活指導の内容として、最も優先度が高いものはどれでしょうか?

  • 1.運動を控えるよう指導する。
  • 2.毎日血圧を測定し記録をつけるよう指導する。
  • 3.禁煙するよう指導する。
  • 4.水分をよく摂取するよう指導する。
今日のクイズに挑戦!