1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 運動や体位によって血圧はどう変化するの?

2016年07月14日

運動や体位によって血圧はどう変化するの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

高血圧はなぜ起きるの?

今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

運動をすると血圧はどう変化するの?

運動をすると、血圧が上がります。これは、酸素消費量と関連しています。

運動時には筋肉の酸素需要が増えるため、肺では空気をたくさん取り込もうとして呼吸は速く、深くなります。

また、心臓は筋肉の要求に応えるため、血液をたくさん送り出すように心拍数や心拍出量を増加させます。そのため血管壁にかかる圧力が増し、血圧が高くなります。

運動を止めてもすぐに血圧心拍数が下がらないのは、筋肉内にたまった二酸化炭素や老廃物を除去しようとするからです。

また、体内で生産された熱を発散させるため、体表毛細血管が拡張し、血液を多量に送る必要があるからです。酸素の需要量が減ると、血圧、心拍数、脈拍などは元に戻ります。

 

MEMO深呼吸と血圧

血圧測定は通常の呼吸状態で行いましょう。深呼吸をすると自律神経の副交感神経が刺激され、動脈の血管抵抗が小さくなって血圧が下がってしまいます。

 

体位によって血圧が変わるのはなぜ?

体位によって血圧が変わる理由は、体位を変えることによって心臓に戻る血液量が変化し、心拍出量も増減するためです。

例えば、臥位や座位から立位になると、一時的に血液が下肢にうっ滞します。静脈から心臓に戻る血液量が減って心臓からの拍出量は減少し、収縮期血圧拡張期血圧も下がります。

収縮期血圧は、立位<座位<臥位の順で高くなり、拡張期血圧立位でやや高く、座位>臥位の順で低くなります。

例えば座位から立位になった時、血圧調節機能が働かないと体の最上部にある脳の血液が不足し、脳貧血を起こします。これを防ぐために、末梢血管を収縮させ、同時に心拍数を増加させて1分間に拍出される血液量を調節する仕組みになっています。

 

〈次回〉

脈拍測定で何が分かるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 心拍数と脈拍数は必ず同じなの? [07/15up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 不整脈はなぜ起きるの? 今回は「心拍数と脈拍数」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

  • 不整脈はなぜ起きるの? [07/21up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 脈拍測定で何が分かるの? 今回は「不整脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 運動や体位によって血圧はどう変化するの? [07/14up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 高血圧はなぜ起きるの? 今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ...

  • 高血圧はなぜ起きるの? [07/11up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 血圧は何を表しているの? 今回は「高血圧」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 動脈に起こる異常にはどんなものがある? [06/27up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 静脈血はなぜ逆流しないの? 今回は「動脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 上室性期外収縮|洞性P波から読み解く不整脈(5) [03/26up]

    看護師のための心電図の解説書『モニター心電図なんて恐くない』より。 〈前回の内容〉 洞不全症候群 今回は、上室性期外収縮についての解説の1回目です。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   ... [ 記事を読む ]

  • 大動脈弁狭窄症(AS)とは? [01/21up]

    『循環器ナーシング』2014年12月号<今,増えている高齢者大動脈弁狭窄症を識る!>より抜粋。 大動脈弁狭窄症(AS)について解説します。 Point 大動脈弁狭窄症は,何らかの原因で大動脈弁口が狭くなり,左... [ 記事を読む ]

  • 心電図|循環 [07/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 刺激伝導系と心拍動の自動性 今回は、心電図について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • 循環器内科ナースの仕事内容とは? やりがいや勉強法も現役看護師が解説! [08/30up]

    循環器内科のお仕事といえば「心電図の読み取り」が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 急変対応も多く「難しい」というイメージかもしれませんが、実際はどうなのでしょう? 循環器で働く現役ナースの皆さんのお話から、仕事内... [ 記事を読む ]

  • 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) [07/15up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 細胞には発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) 細胞の世界を冒険する... [ 記事を読む ]

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1421
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1304
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1180
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1101
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
290
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
869
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5019

Mallampati分類では、どのクラスから挿管困難と予想されるでしょうか?

  • 1.クラスI
  • 2.クラスII
  • 3.クラスIII
  • 4.クラスIV
今日のクイズに挑戦!