1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 運動や体位によって血圧はどう変化するの?

2016年07月14日

運動や体位によって血圧はどう変化するの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

高血圧はなぜ起きるの?

今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

運動をすると血圧はどう変化するの?

運動をすると、血圧が上がります。これは、酸素消費量と関連しています。

運動時には筋肉の酸素需要が増えるため、肺では空気をたくさん取り込もうとして呼吸は速く、深くなります。

また、心臓は筋肉の要求に応えるため、血液をたくさん送り出すように心拍数や心拍出量を増加させます。そのため血管壁にかかる圧力が増し、血圧が高くなります。

運動を止めてもすぐに血圧心拍数が下がらないのは、筋肉内にたまった二酸化炭素や老廃物を除去しようとするからです。

また、体内で生産された熱を発散させるため、体表毛細血管が拡張し、血液を多量に送る必要があるからです。酸素の需要量が減ると、血圧、心拍数、脈拍などは元に戻ります。

 

MEMO深呼吸と血圧

血圧測定は通常の呼吸状態で行いましょう。深呼吸をすると自律神経の副交感神経が刺激され、動脈の血管抵抗が小さくなって血圧が下がってしまいます。

 

体位によって血圧が変わるのはなぜ?

体位によって血圧が変わる理由は、体位を変えることによって心臓に戻る血液量が変化し、心拍出量も増減するためです。

例えば、臥位や座位から立位になると、一時的に血液が下肢にうっ滞します。静脈から心臓に戻る血液量が減って心臓からの拍出量は減少し、収縮期血圧拡張期血圧も下がります。

収縮期血圧は、立位<座位<臥位の順で高くなり、拡張期血圧立位でやや高く、座位>臥位の順で低くなります。

例えば座位から立位になった時、血圧調節機能が働かないと体の最上部にある脳の血液が不足し、脳貧血を起こします。これを防ぐために、末梢血管を収縮させ、同時に心拍数を増加させて1分間に拍出される血液量を調節する仕組みになっています。

 

〈次回〉

脈拍測定で何が分かるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 心拍数と脈拍数は必ず同じなの? [07/15up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 不整脈はなぜ起きるの? 今回は「心拍数と脈拍数」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

  • 不整脈はなぜ起きるの? [07/21up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 脈拍測定で何が分かるの? 今回は「不整脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 運動や体位によって血圧はどう変化するの? [07/14up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 高血圧はなぜ起きるの? 今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ...

  • 高血圧はなぜ起きるの? [07/11up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 血圧は何を表しているの? 今回は「高血圧」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 動脈に起こる異常にはどんなものがある? [06/27up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 静脈血はなぜ逆流しないの? 今回は「動脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心筋の収縮|循環 [07/31up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心電図 今回は、心筋の収縮について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 血管の構造 [05/10up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「血管の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.動脈 2.静脈 3.毛細血管 ... [ 記事を読む ]

  • 急性心筋梗塞【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【1】 [01/24up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 心電図波形の名称と意味~幅と高さ|心電図とはなんだろう(3) [09/09up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、心電図波形の名称と意味について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈目次〉 はじめに P波 PP... [ 記事を読む ]

  • 肺コンプライアンス|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [11/16up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 肺コンプライアンスについて解説します。 肺コンプライアンスとは・・・ 人工呼吸管理でよく聞くコトバ 呼吸器疾患だけでなく、左心不全やARDSでも起こりうる... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1126
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1044
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
995
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
830
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
406
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者157

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!