1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 静脈血はなぜ逆流しないの?

2016年06月24日

静脈血はなぜ逆流しないの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

動脈と静脈の構造はどうして違うの?

今回は「静脈」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

静脈血はなぜ逆流しないの?

動脈血心臓の収縮によって押し出されますので、末梢にまで容易に到達します。

しかし、静脈血は心臓のような強力なポンプ作用の援助を受けませんので、心臓に戻るまでの間に逆流を防ぐシステムが必要になってきます。この逆流防止システムが、静脈弁です(図1)。

図1静脈弁の働き

静脈弁の働き

 

静脈血は胸郭内や右心房が陰圧になることで心臓に流れ込みます。しかし、手足が運動をしている時は遠心力が働き、血液が逆流しやすくなります。そのため、手足の末梢部に多くの静脈弁が作られ、静脈血の逆流を防いでいます。

また、運動時には骨格筋が収縮して筋ポンプの役割を果たし、血流を押し流します。その時、静脈弁が開閉することで血液の還流をさらに促します。

 

〈次回〉

動脈に起こる異常にはどんなものがある?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 高血圧はなぜ起きるの? [07/11up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 血圧は何を表しているの? 今回は「高血圧」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 動脈に起こる異常にはどんなものがある? [06/27up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 静脈血はなぜ逆流しないの? 今回は「動脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 静脈血はなぜ逆流しないの? [06/24up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 動脈と静脈の構造はどうして違うの? 今回は「静脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ...

  • 動脈と静脈の構造はどうして違うの? [06/20up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 ショックとはどのような状態のこと? 今回は「動脈と静脈の構造の違い」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診... [ 記事を読む ]

  • ショックとはどのような状態のこと? [06/17up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 浮腫はなぜ起きるの? 今回は「ショック」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1253
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1151
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1165
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
883
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
609
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者542

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!