1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. ショックとはどのような状態のこと?

2016年06月17日

ショックとはどのような状態のこと?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

浮腫はなぜ起きるの?

今回は「ショック」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

ショックとはどのような状態のこと?

急激な循環不全に陥り、重要な臓器が機能不全になった状態をショックといいます。

意識、脈拍呼吸血圧尿量代謝などに異常をきたし、生命に重篤な状態を引き起こします。

ショックを起こす原因には、出血性、心原性、神経原性、細菌性、アナフィラキシー性、熱傷性があります。 

出血性ショックは、出血によって循環血液量が減少するために生じます。

心原性ショックは、急激に心機能が低下して循環血流量が減少することによって起こります。心筋梗塞、弁膜疾患、心筋症、肺塞栓などが原因で発生します。

神経原性ショックは、不安や疼痛、麻痺など神経の作用で末梢血管が拡大し、心機能が追いつかなくなることで起こります。

細菌性ショックは、大腸菌などのグラム陰性桿菌からの毒素、エンドトキシン(リポポリサッカライド)が原因で生じます。細菌性ショックはエンドトキシンショックともいいます。

アナフィラキシーショックは、薬物などのアレルギー反応によって生じます。

また、熱傷性ショックは熱傷によって体液(細胞外液)が失われることで生じます。 

ショックを起こすと、交感神経が強く刺激されて体表面の血管が収縮し、身体の深部血管が拡張します。このため、血液は内臓臓器のほうに優位に送られ、体表面の血管には送られにくくなるため、蒼白になります。

 

MEMO心筋症(しんきんしょう)

心臓を動かす筋肉である心筋が何らかの原因で障害され、心臓のポンプ機能が低下して血液循環が正常に行われなくなる状態。心筋の収縮力が低下する拡張型心筋症、心筋細胞に肥大が生じる肥大型心筋症などがあります。

MEMOショック時の体位

ショックを起こすと血液循環が障害されるため、末梢で血液不足を起こします。そのため、最も重要な脳に血液が行くように、頭部は低めにして仰臥位を取ります。

MEMO細胞外液(さいぼうがいえき)

細胞の外にある水のこと。細胞外液の1/4が血液中に存在し、3/4が組織液(組織間液)として存在しています。なお、細胞の中にある水分を細胞内液といいます。

 

〈次回〉

動脈と静脈の構造はどうして違うの?

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 静脈血はなぜ逆流しないの? [06/24up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 動脈と静脈の構造はどうして違うの? 今回は「静脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ... [ 記事を読む ]

  • 動脈と静脈の構造はどうして違うの? [06/20up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 ショックとはどのような状態のこと? 今回は「動脈と静脈の構造の違い」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診... [ 記事を読む ]

  • ショックとはどのような状態のこと? [06/17up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 浮腫はなぜ起きるの? 今回は「ショック」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ...

  • 浮腫はなぜ起きるの? [06/13up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心機能が低下するとどうなるの? 今回は「浮腫」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 心機能が低下するとどうなるの? [06/10up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心電図の波形から何が分かるの? 今回は「心機能の低下」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 血管の構造と機能|循環 [08/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心臓の神経支配と心臓反射 今回は、血管の構造と機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • せん妄を有する心不全患者へのケア [12/22up]

    『循環器ナーシング』2015年10月号<心不全を徹底理解!応用編>より抜粋。 せん妄を有する心不全患者へのケアについて解説します。   Point せん妄は,身体疾患や薬剤を原因とする器質性の意識障害で... [ 記事を読む ]

  • カテーテル後の観察項目とその対応は? [08/27up]

    『循環器ナーシング』2014年7月号<ギモン解決!!カテーテル検査・治療Q&A>より抜粋。 カテーテル後の看護ケアのポイントについて解説します。 Point 穿刺部からの出血・血腫などのトラブルを予防,もしく... [ 記事を読む ]

  • 心電図|循環 [07/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 刺激伝導系と心拍動の自動性 今回は、心電図について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • 利尿薬の誤解とヒント [04/02up]

    『循環器ナーシング』2011年12月号<おさえておきたい循環器疾患の治療薬>より抜粋。 利尿薬の誤解とヒントについて解説します。   Point 利尿薬は尿細管におけるナトリウム再吸収を抑制し,水とナト... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1381
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1708
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1289
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1182
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1035
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
895
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
181
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2769

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!