2016年06月13日

浮腫はなぜ起きるの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

心機能が低下するとどうなるの?

今回は「浮腫」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

浮腫(ふしゅ)はなぜ起きるの?

浮腫(memo1)は体液の循環に異常が起きると生じます。その原因は大きく4つあります。

  1. 心機能障害
  2. 肝機能障害
  3. 腎機能障害
  4. リンパ管閉塞

これらの原因は密接に関連しています。

まず、正常の状態を考えてみましょう。

体内の毛細血管においては、動脈側では35mmHgの血圧があり、静脈側では15mmHgの血圧があります。そして、血漿タンパク質による膠質(こうしつ)浸透圧が通常の状態で25mmHgあります。

膠質浸透圧というのは、血漿中のタンパク質によって生じる浸透圧のことです。タンパク質には水をひきつける力があり、毛細血管のような半透膜を隔てて濃い液と薄い液があると、水は濃い液のほうにひき寄せられ、同じ濃度になるように働きます。

通常、動脈側では35mmHgの血圧に相当する水が、毛細血管の外に移動しようとしていますが、膠質浸透圧25mmHgが水をひき寄せるため、血管から組織(memo2)に浸出する水は35−25=10mmHgになります。

一方、静脈側では15mmHgしか血圧がかかっていないので、水を外に移動させる力(15mmHg)よりひき寄せる力(膠質浸透圧=25mmHg)が大きくなり、その差10mmHg分の水が組織から血管内へ浸入します。その結果、動脈側と静脈側で差し引きゼロになり、浮腫は生じません。

ここで、さきほど挙げた4つの浮腫の原因との関係をみてみましょう。

  1. 心機能障害によって心臓の右心系(静脈側)が機能低下を起こすと、静脈血が肺に送り出されにくくなり、静脈側にうっ滞を生じ、毛細血管の静脈側の血圧が高くなります。組織に浸出した水分の回収量が減少し、組織に水分が滞留します。
  2. 肝機能障害によってタンパク質(アルブミン)の合成能が低下すると、血液の膠質浸透圧が低下し、組織に水分が滞留します。
  3. 腎機能障害によって水分の排泄量が低下すると、体血液循環量が増し、毛細血管の動脈側の血圧が高くなり、組織に余計な水分が浸出してしまいます。
  4. リンパ管は組織の水分を回収して静脈に運ぶ働きがあり、正常な状態では、ちょっとした水分の滞留はすべてリンパ管の働きで解消されています。これが閉塞すると、末梢の組織から水分が回収できなくなり、滞留を起こします。

 

COLUMN浮腫が生じた時のケアのポイント

組織に水分が滞留すると浮腫を生じ、血行障害を起こして蒼白になり、冷たく感じるようになります。浮腫によって皮膚や粘膜は薄く伸展し、傷つきやすくなります。また、組織の酸素不足で免疫力が低下するため、感染を起こしやすくなります。

このような状態の時に注意することは、皮膚を清潔に保ち、感染予防のために皮膚を保護することです。清拭(せいしき)を行う際には、強い力で拭きすぎないように注意しましょう。

MEMO1浮腫

浮腫とは、血液の水成分が組織間隙(組織)に滞留した状態をいいます。

MEMO2組織〔組織間隙(かんげき)〕

血管内、リンパ管内、細胞内を除いたスペースが組織間隙で通常組織といいます。組織にたまった水分を組織液(組織間液、細胞間液、間質液)といいます。

毛細血管から組織に酸素や栄養を含んだ水分が染み出し、一部が細胞内に入り込みます。この段階で細胞に入った水は細胞内液になり、逆に細胞から二酸化炭素や老廃物を含んだ水が組織に染み出し、再び毛細血管に入り込んで心臓に戻ります。

 

〈次回〉

ショックとはどのような状態のこと?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 動脈と静脈の構造はどうして違うの? [06/20up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 ショックとはどのような状態のこと? 今回は「動脈と静脈の構造の違い」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診... [ 記事を読む ]

  • ショックとはどのような状態のこと? [06/17up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 浮腫はなぜ起きるの? 今回は「ショック」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 浮腫はなぜ起きるの? [06/13up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心機能が低下するとどうなるの? 今回は「浮腫」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ...

  • 心機能が低下するとどうなるの? [06/10up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心電図の波形から何が分かるの? 今回は「心機能の低下」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ... [ 記事を読む ]

  • 心電図の波形から何が分かるの? [06/06up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心音はどのように聴こえる? 今回は「心電図波形」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心電図波形の名称と成り立ち|心電図とはなんだろう(2) [09/06up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、心電図波形の名称と成り立ちについて解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈目次〉 記録紙 興奮波(心房... [ 記事を読む ]

  • 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) [07/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) 血管の中を冒険中のナスカ。心臓が1日10万回も... [ 記事を読む ]

  • カテーテル後の観察項目とその対応は? [08/27up]

    『循環器ナーシング』2014年7月号<ギモン解決!!カテーテル検査・治療Q&A>より抜粋。 カテーテル後の看護ケアのポイントについて解説します。 Point 穿刺部からの出血・血腫などのトラブルを予防,もしく... [ 記事を読む ]

  • 貧血|貧血の種類と原因 [06/19up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 赤血球の働き(2) 今回は、貧血について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教... [ 記事を読む ]

  • 心臓弁膜症の心電図|各疾患の心電図(3) [12/03up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、心臓弁膜症の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回〉 左室機能不全・拡張型心筋症の心電図 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1314
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1218
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1111
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1027
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
976
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
763
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者8

乳児のバイタルサイン測定の順番で正しいものはどれでしょうか?

  • 1.体温→脈拍→呼吸→血圧
  • 2.呼吸→脈拍→体温→血圧
  • 3.体温→呼吸→脈拍→血圧
  • 4.血圧→呼吸→脈拍→体温
今日のクイズに挑戦!