1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 心臓はどこから酸素や栄養を得ているの?

2016年05月30日

心臓はどこから酸素や栄養を得ているの?

解剖生理Q&A

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

心臓の血液が逆流しないのはなぜ?

今回は「冠状動脈」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

心臓はどこから酸素や栄養を得ているの?

心臓には常に静脈血と動脈血が満たされていますが、心臓が動く際に必要な酸素や栄養は、全く別の血液から得ています。心臓にエネルギーを送っているのが冠状動脈(冠動脈)です。

冠状動脈は大動脈弁のすぐ上方にある上行大動脈から分枝しています。右冠状動脈左冠状動脈の左右2本に分かれ、さらに左冠状動脈は前室間枝(ぜんしつかんし)と回旋枝(かいせんし)の2本に枝分かれします。

 

冠状動脈が何らかの原因で狭窄、あるいは閉塞した状態によって引き起こされる疾患を、虚血性心疾患といいます。通常、毛細血管はどこかが詰まってもほかの動脈から血液が得られるようになっていますが、冠状動脈にはこうした応援の血管がありません。そのため、冠状動脈が狭窄や閉塞を起こすと、心筋に血液が流れなくなり、障害が現れます。

 

MEMO虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)

心筋への酸素供給量が減少することによって起きる疾患。心筋の障害が可逆的なものを狭心症、不可逆的なものを心筋梗塞といいます。

 

COLUMNメタボリック症候群と心筋梗塞

心臓の虚血により、心筋が壊死する疾患を心筋梗塞といいます。

高血圧脂質異常症糖尿病などの生活習慣病は独立した疾患ではなく、それらの根底に、肥満(内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満)があり、それが原因になっていることが明らかになってきました。このような場合、つまり内臓脂肪型肥満によって様々な病気が引き起こされやすくなった状態を、メタボリックといい、心筋梗塞の危険性も増します。

 

〈次回〉

心音はどのように聴こえる?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 心電図の波形から何が分かるの? [06/06up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心音はどのように聴こえる? 今回は「心電図波形」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

  • 心音はどのように聴こえる? [06/03up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心臓はどこから酸素や栄養を得ているの? 今回は「心音」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ... [ 記事を読む ]

  • 心臓はどこから酸素や栄養を得ているの? [05/30up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心臓の血液が逆流しないのはなぜ? 今回は「冠状動脈」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ...

  • 心臓の血液が逆流しないのはなぜ? [05/27up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 興奮すると胸がドキドキするのはなぜ? 今回は「血液が逆流しない仕組み」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健... [ 記事を読む ]

  • 興奮すると胸がドキドキするのはなぜ? [05/23up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心筋の収縮はどのように伝わるの? 今回は「心拍数と興奮の関係」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センタ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒... [ 記事を読む ]

  • 血球の産生(造血)|血液と生体防御 [06/09up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液の成分と働き 今回は、血球の産生(造血)について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医... [ 記事を読む ]

  • いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) [07/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) 血管の世界を冒険中のナスカ。前回は血... [ 記事を読む ]

  • 血液の成分と働き|血液と生体防御 [06/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 自律神経系の機能|神経系の機能 今回は、血液の成分と働きについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山... [ 記事を読む ]

  • 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) [07/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) 血管の中を冒険中のナスカ。心臓が1日10万回も... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1398
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1379
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
981
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
907
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6772

◆看護技術・救急の問題◆気管挿管の介助で正しいのはどれでしょうか?

  • 1.標準的な成人男性に使用する挿管チューブの内径の太さは8.0~8.5mmである。
  • 2.成人の場合は、肩の下に枕を入れて声門が確認しやすい体位にする。
  • 3.挿管チューブは、パイロットバルーン内をカフ圧系で35cmH2Oに調整した。
  • 4.挿管後の聴診は、まず左右の呼吸音を聴いてから心窩部を聴く。
今日のクイズに挑戦!