1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 初めてのエコー(超音波)検査>
  4. 肝臓と胆囊のエコー像|初めてのエコー(超音波)検査

2016年07月27日

肝臓と胆囊のエコー像

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

〈前回の内容〉

エコー(超音波)の性質と特徴

今回は、「肝臓と胆囊のエコー像」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

ここでは、実際にエコー検査でみえるエコー像を、一緒にみていきましょう。
ここで紹介するエコー像は、すべて正常な画像なので、覚えておくと役立ちます。

やっぱり、エコー像を正確に見るためには、経験を積むことが大切ですか?

そうですね。慣れていない方だと、エコー像を見るのは難しいと思います。

検査をする人によっても、エコー像って変わって見えるって聞きましたが、そうなんですか?

詳しいですね!? これもエコー像の理解が難しい原因の一つだと思います。
ドクターは、「目印になるもの」を一緒に入れて、何の臓器を映しているか後から見てもわかるようにしていることが多いです。
まずは、肝臓と胆囊の代表的なエコーの画像を紹介します。

 

〈目次〉

 

肝臓

肝臓は、腹部エコーで描出可能な代表的な臓器です(図1)。

図1肝臓の位置

肝臓の位置

肝臓は大きな臓器で、十二指腸や膵臓などより頭側にあります。

 

肝臓のエコー像

ここで、肝臓の代表的なエコー像とシェーマ像をそれぞれ2点ずつ紹介します(図2図3)。

図2肝臓のエコー像とシェーマ像(1)

肝臓のエコー像とシェーマ像(1)

肝臓は薄く、門脈がはっきりと映っています。

 

図3肝臓のエコー像とシェーマ像(2)

肝臓のエコー像とシェーマ像(2)

肝静脈がはっきりと映っています。

 

肝臓は、門脈と肝動脈から血液が流れ込み、肝静脈から出ていく構造になっています。つまり、肝臓には3種類の血管があります

これらの血管のうち、肝動脈は細いため、通常、エコーでは描出されません

これに対し、門脈と肝静脈は、エコーで描出可能です。門脈は、肝静脈と比べて血管壁が白く(高エコー)なるので、エコー像から門脈と肝静脈を区別することができます。

 

胆嚢

胆嚢は、肝臓で作られた胆汁を一時的に溜めておく袋状の臓器です(図4)。

図4胆嚢の位置

胆嚢の位置

胆囊は肝臓の下側にくっつくように存在します。

 

胆囊のエコー像

ここで、胆囊の代表的なエコー像とシェーマ像をそれぞれ紹介します(図5)。

図5胆嚢のエコー像とシェーマ像

胆嚢のエコー像とシェーマ像

胆囊の形がはっきりと映っています。

 

胆嚢は、私たちが食事を摂取すると、それを感知して胆汁を排出します。このため、食後に胆囊のエコー検査をすると、胆嚢はしぼんでしまっているため、観察が不十分となってしまいます。そのため、検査を行う時間帯には、注意が必要です。

 

Check Point

  • 肝臓には、エコーで描出不可能な肝動脈と、エコーで描出が可能な肝静脈と門脈の3種類の血管が流れ込んでいます。
  • 胆囊のエコー検査は、食後では観察が難しくなるため、検査実施の時間には注意しましょう。

 

〈次回〉

膵臓と脾臓のエコー像

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 肝内胆管が拡張しているエコー像 [09/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝内胆管拡張症は... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓と胆囊のエコー像 [07/27up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)...

  • エコー(超音波)の性質と特徴 [07/20up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)機器の特徴と取り扱い注意点 [07/13up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「エコー(超音波)機器の特徴と取り... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 肝生検|消化器系の検査 [10/28up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、肝生検について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 肝生検とはどんな検査か 肝生検の目的 肝生検の実際 肝生検前後の... [ 記事を読む ]

  • フィッシュバーグ尿濃縮試験|腎・泌尿器系の検査 [11/09up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、フィッシュバーグ尿濃縮試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 フィッシュバーグ尿濃縮試験とはどんな検査... [ 記事を読む ]

  • モスキート鉗子|鉗子(4) [12/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『モスキート鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • PSP排泄試験|腎・泌尿器系の検査 [11/06up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、PSP排泄試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 PSP排泄試験とはどんな検査か PSP排泄試験の... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1251
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1199
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1046
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1027
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
907
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
760
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4122

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!