1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 初めてのエコー(超音波)検査>
  4. エコー(超音波)の性質と特徴|初めてのエコー(超音波)検査

2016年07月20日

エコー(超音波)の性質と特徴

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

〈前回の内容〉

エコー(超音波)機器の特徴と取り扱い注意点

今回は、「エコー(超音波)の性質と特徴」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

エコー機器については理解いただけたと思います。
そういえば、そもそもエコーって、何だと思いますか?

う~ん・・・音や振動のことですか?

惜しいですが、違います。エコーとは、超音波のことです。
イルカやコウモリが発しているものもエコーですね。

テレビで見たことがあります! あれもエコーだったんですね。

それでは、エコーがどんなものなのか、どんな性質があるのかを、ここで一緒にみていきましょう。

 

〈目次〉

 

エコー(超音波)検査の原理

エコー検査とは、超音波を体に当てて、その跳ね返り具合を解析して、映像として表す検査です。

超音波とは、人間のには聞こえないくらい高い音のことです。つまり、エコー検査は、音のような振動を患者さんの体に当てて、検査を行っています。人間の耳に聞こえる音は、気体や液体の中でも伝わることができますが、エコー検査で使用される周波数のエコーは、気体や固体の中では伝わりにくいという性質を持っています。

このため、エコー検査には表1のような特徴があります。

表1エコー検査の特徴

エコーは、液体・柔らかい固体でよく伝わる ⇒ 液体・柔らかい固体の臓器は、よく見える
エコーは、気体・硬い固体で伝わりにくい ⇒ 気体・硬い固体の臓器があると、よく見えなくなる

 

エコー検査のメリットとデメリット

メリットは身体的負担が少ないこと

エコー検査は、放射線を使用するX線検査とは違い、放射線を使わない検査のため、被曝の危険性がありません。基本的には、患者さんに振動を当てているだけのため、検査による身体的な負担や危険性はほとんどありません

また、ポータブル用の機器があるので、いつでもどこでもすぐに検査ができます。

 

デメリットは検査に適さない苦手な臓器があること

エコー検査は、患者さんの状態によっては、うまくエコー像が見えないことがあります。例えば、皮下脂肪の量が多い患者さんの場合(図1)や、内に空気が多く存在する場合(図2)などは、エコー像がよく見えません。

図1エコー所見に影響を与える要因(皮下脂肪量)

エコー所見に影響を与える要因(皮下脂肪量)

A:肥満体型の皮下脂肪が多い患者さんでは、エコーが伝わりにくい。
B:標準体型で皮下脂肪が平均な患者さんでは、エコーが伝わりやすい。

 

図2エコー所見に影響を与える要因(胃内の空気量)

エコー所見に影響を与える要因(胃内の空気量)

A:胃内の空気が多く、エコーが伝わりにくい。
B:胃内の空気が少なく、エコーが伝わりやすい。

 

このように、エコー検査は、患者さんの要因によって、エコー像が見えにくい場合があります。つまり、エコー検査は、CT検査のようにすべての患者さんで、すべての臓器が撮影できるという検査ではありません

 

Check Point

  • エコー検査では観察しやすいものと、観察が難しいものがあります。
  • 皮下の脂肪や、胃や腸の中の空気は、観察を難しくする主な要因です。

 

〈次回〉

肝臓と胆囊のエコー像

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓と胆囊のエコー像 [07/27up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)の性質と特徴 [07/20up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)...

  • エコー(超音波)機器の特徴と取り扱い注意点 [07/13up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「エコー(超音波)機器の特徴と取り... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)検査とCT検査の違い [08/24up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、臨床現場におけるエコー検査の位置づ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • コッヘル鉗子|鉗子(1) [10/28up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『コッヘル鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • 看護師さんにオススメする聴診の勉強会・研究会 [12/20up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第7話は、... [ 記事を読む ]

  • MRCP(MR胆管膵管画像)|消化器系の検査 [10/24up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、MRCP(MR胆管膵管画像)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 MRCPとはどんな検査か MRCPの目的 MR... [ 記事を読む ]

  • 膀胱内圧測定|腎・泌尿器系の検査 [11/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、膀胱内圧測定について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 膀胱内圧測定とはどんな検査か 膀胱内圧測定の目的 膀胱内圧測定... [ 記事を読む ]

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1407
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1201
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1194
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1077
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1007
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
874
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者919

以下の中で、下肢の運動失調の有無を確認するために行う検査はどれでしょうか?

  • 1.鼻指鼻試験
  • 2.指鼻試験
  • 3.膝打ち試験
  • 4.踵膝試験
今日のクイズに挑戦!