1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

2018年02月08日

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

 

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?

骨折した骨がくっつくのは、骨折後、破骨細胞によって不要なものが始末され、骨芽細胞によって新たな骨の形成が促されるからです。

骨折が治癒するまでのプロセスをみてみましょう。骨折が起きると骨組織が破壊されて周囲の骨こつまく膜が切れ、血管も切断されて血腫(けっしゅ)が生じます。この時期は炎症を起こしていますので、疼痛があります。 

ギプスで固定してしばらく経つと、骨折部位の周囲から幼若(ようじゃく)結合組織細胞と呼ばれる細胞が骨折部に侵入し、骨髄に肉芽組織(にくげそしき)が形成されていきます。そして切れてしまった毛細血管も新たに作られ、壊死した組織が次第に吸収されていきます。

また、酸素と栄養分が補給されるとともに軟骨が少しずつ形成され、骨折した骨と骨が接着します。この状態を、仮骨(かこつ)といいます。

時間の経過とともに仮骨は骨組織としての強度を増し、不要なものは破骨細胞によって吸収されます。さらに骨芽細胞(こつがさいぼう)によって新たな骨が形成され、骨折部は元に戻ります。

治癒までに要する日数は、骨折部位や年齢によって異なります。肋骨で約3週間、鎖骨で約4週間、上腕骨で約6週間、大腿骨で約8週間、大腿骨頸部で約12週間です。

 

MEMO大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

骨粗鬆症のある高齢女性に多くみられる骨折。頸部は股関節運動を邪魔しないように細くなっており、骨折を起こしやすいという特徴があります。また、大腿骨頸部に対して縦方向に骨折が起こりやすく、手術が必要となります。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 筋肉疲労はなぜ起きるの? [04/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉疲労」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   筋肉疲労はなぜ起きるの? 筋肉が収縮する時には、ブドウ糖と酸素が大量に必... [ 記事を読む ]

  • 筋肉にはどのような種類があるの? [03/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉の種類」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   筋肉にはどのような種類があるの? 筋肉は骨格筋、心筋、平滑(内臓)筋の... [ 記事を読む ]

  • 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス [02/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     骨が折れてもいずれ治るのはなぜ? 骨折した...

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のな... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? [12/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「伝導路」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? 末梢神経からの情報(電... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1131
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1033
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
931
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3092
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3424

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!