1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

2018年02月08日

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。

 

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?

骨折した骨がくっつくのは、骨折後、破骨細胞によって不要なものが始末され、骨芽細胞によって新たな骨の形成が促されるからです。

骨折が治癒するまでのプロセスをみてみましょう。骨折が起きると骨組織が破壊されて周囲の骨こつまく膜が切れ、血管も切断されて血腫(けっしゅ)が生じます。この時期は炎症を起こしていますので、疼痛があります。 

ギプスで固定してしばらく経つと、骨折部位の周囲から幼若(ようじゃく)結合組織細胞と呼ばれる細胞が骨折部に侵入し、骨髄に肉芽組織(にくげそしき)が形成されていきます。そして切れてしまった毛細血管も新たに作られ、壊死した組織が次第に吸収されていきます。

また、酸素と栄養分が補給されるとともに軟骨が少しずつ形成され、骨折した骨と骨が接着します。この状態を、仮骨(かこつ)といいます。

時間の経過とともに仮骨は骨組織としての強度を増し、不要なものは破骨細胞によって吸収されます。さらに骨芽細胞(こつがさいぼう)によって新たな骨が形成され、骨折部は元に戻ります。

治癒までに要する日数は、骨折部位や年齢によって異なります。肋骨で約3週間、鎖骨で約4週間、上腕骨で約6週間、大腿骨で約8週間、大腿骨頸部で約12週間です。

 

MEMO大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

骨粗鬆症のある高齢女性に多くみられる骨折。頸部は股関節の運動を邪魔しないように細くなっており、骨折を起こしやすいという特徴があります。また、大腿骨頸部に対して縦方向に骨折が起こりやすく、手術が必要となります。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 筋肉疲労はなぜ起きるの? [04/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉疲労」に関するQ&Aです。 筋肉疲労はなぜ起きるの? 筋肉が収縮する時には、ブドウ糖と酸素が大量に必要になります。エネルギーを作り出すアデノシン三リン酸(ATP... [ 記事を読む ]

  • 筋肉にはどのような種類があるの? [03/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉の種類」に関するQ&Aです。 筋肉にはどのような種類があるの? 筋肉は骨格筋、心筋、平滑(内臓)筋の3つに大別できます(表1)。 表1筋肉の種類 ... [ 記事を読む ]

  • 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス [02/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。   骨が折れてもいずれ治るのはなぜ? 骨折した骨がくっつくのは、骨折後、破骨細胞によって不要なものが始末さ...

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のなかでは、自律神経とホルモンが常に連動しながら、互いに協力し合... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? [12/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「伝導路」に関するQ&Aです。 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? 末梢神経からの情報(電気信号)は、その情報の種類(どの感覚受容器が受け取った情報か... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1069
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1072
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1128
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1012
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
965
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
761
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
400
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者301

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!