1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

2018年02月08日

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。

 

骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?

骨折した骨がくっつくのは、骨折後、破骨細胞によって不要なものが始末され、骨芽細胞によって新たな骨の形成が促されるからです。

骨折が治癒するまでのプロセスをみてみましょう。骨折が起きると骨組織が破壊されて周囲の骨こつまく膜が切れ、血管も切断されて血腫(けっしゅ)が生じます。この時期は炎症を起こしていますので、疼痛があります。 

ギプスで固定してしばらく経つと、骨折部位の周囲から幼若(ようじゃく)結合組織細胞と呼ばれる細胞が骨折部に侵入し、骨髄に肉芽組織(にくげそしき)が形成されていきます。そして切れてしまった毛細血管も新たに作られ、壊死した組織が次第に吸収されていきます。

また、酸素と栄養分が補給されるとともに軟骨が少しずつ形成され、骨折した骨と骨が接着します。この状態を、仮骨(かこつ)といいます。

時間の経過とともに仮骨は骨組織としての強度を増し、不要なものは破骨細胞によって吸収されます。さらに骨芽細胞(こつがさいぼう)によって新たな骨が形成され、骨折部は元に戻ります。

治癒までに要する日数は、骨折部位や年齢によって異なります。肋骨で約3週間、鎖骨で約4週間、上腕骨で約6週間、大腿骨で約8週間、大腿骨頸部で約12週間です。

 

MEMO大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

骨粗鬆症のある高齢女性に多くみられる骨折。頸部は股関節の運動を邪魔しないように細くなっており、骨折を起こしやすいという特徴があります。また、大腿骨頸部に対して縦方向に骨折が起こりやすく、手術が必要となります。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 筋肉疲労はなぜ起きるの? [04/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉疲労」に関するQ&Aです。 筋肉疲労はなぜ起きるの? 筋肉が収縮する時には、ブドウ糖と酸素が大量に必要になります。エネルギーを作り出すアデノシン三リン酸(ATP... [ 記事を読む ]

  • 筋肉にはどのような種類があるの? [03/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「筋肉の種類」に関するQ&Aです。 筋肉にはどのような種類があるの? 筋肉は骨格筋、心筋、平滑(内臓)筋の3つに大別できます(表1)。 表1筋肉の種類 ... [ 記事を読む ]

  • 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス [02/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。   骨が折れてもいずれ治るのはなぜ? 骨折した骨がくっつくのは、骨折後、破骨細胞によって不要なものが始末さ...

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のなかでは、自律神経とホルモンが常に連動しながら、互いに協力し合... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? [12/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「伝導路」に関するQ&Aです。 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? 末梢神経からの情報(電気信号)は、その情報の種類(どの感覚受容器が受け取った情報か... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
836
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
802
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
752
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
318
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者35

一人暮らしの82歳男性患者さん。糖尿病で血糖下降薬を内服中です。病院より数種類の内服薬が1日3回処方されていますが、定時に内服したかどうか忘れてしまうことが多くなってきています。血糖コントロールに影響するため、主治医から内服管理を主な目的として、訪問看護の依頼がありました。現在は、内服薬の飲み忘れ以外では、大きな問題はなく生活ができています。以下のうち、訪問看護師の内服管理の方法で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.内服薬の飲み方について手順書を作成し、壁に貼って確認をするように指導した。訪問看護師は、訪問時に患者さんに内服が手順通りにできているかを患者さん本人に聞くようにした。
  • 2.訪問看護師が一包化した処方薬ごとに内服する日にちと曜日を記入し、配薬カレンダーに配薬した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを見て、正しく内服しているか確認した。
  • 3.一包化した処方薬ごとに、患者さん自身で、内服する日にちと曜日を書き入れてもらい、配薬カレンダーに入れるように指導した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを確認して正しく内服しているか確認した。
  • 4.訪問看護師が薬の袋に内服する時間を記入した。患者さん自身でその都度、ヒートのままの数種類の薬を取り出し、内服するように指導した。訪問看護師は、訪問時に残薬数の確認をして正しく内服できているか確認した。
今日のクイズに挑戦!