1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの?

2017年12月28日

末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「伝導路」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの?

末梢神経からの情報(電気信号)は、その情報の種類(どの感覚受容器が受け取った情報か)により、決まった神経細胞までたどり着きます(中枢神経の玄関口です)。そこから先は、やはり中枢神経の決まったルートを通り、さらに上位の中枢へと進んでいきます。

この中枢のなかの信号の通り道を伝導路といいます。

伝導路を情報が進む方法は、基本的には末梢神経の時と同様、電気信号として進んでいきますが、情報によって伝導路が異なります。

伝導路には、上行性伝導路と下行性伝導路があります。上行性伝導路は外界から来た情報の通り道、下行性伝導路は中枢からの指令の通り道になります。

そのほかにも、中枢同士を連結しているいくつもの伝導路があります。最も重要なのは、下行性伝導路に属する錐体路(すいたいろ)と錐体外路(すいたいがいろ)です(「運動神経はどこを通っているの?」参照)。

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 骨が折れてもいずれ治るのはなぜ?|骨折が治癒するまでのプロセス [02/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「骨折が治癒するまでのプロセス」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長     骨が折れてもいずれ治るのはなぜ? 骨折した... [ 記事を読む ]

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のな... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? [12/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「伝導路」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? 末梢神経からの情報(電...

  • 脊髄と脊椎はどう違うの? [12/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脊髄と脊椎」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脊髄と脊椎はどう違うの? 脊髄は、脳とともに中枢神経系を形成する器官で... [ 記事を読む ]

  • 小脳はどんな働きをしているの? [11/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「小脳」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   小脳はどんな働きをしているの? 小脳は運動の調節や熟練に関係する部分です。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

全国の病院に聞きました「看護師の採用、増やす?減らす?」

いずれ看護師余りの時代が!?病院ナースの採用…これからどうなる? [ 記事を読む ]

認知症とうつ状態・せん妄の違いは?

認知症に似た2つの症状…。見分けるポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ここを褒めて!あなたの褒めてほしいポイントは?

投票数:
1265
実施期間:
2019年05月28日 2019年06月18日

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1246
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1086
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1062
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
968
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
802
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者760

びらんや浅い潰瘍程度の褥瘡のケアについて最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮下組織に至る創傷用ドレッシング材のハイドロコロイド材を用いた。
  • 2.真皮に至る創傷用ドレッシング材のハイドロジェルを使用した。
  • 3.スルファジアジン銀含有クリームを使用した。
  • 4.ポリウレタンフォーム材を使用した。
今日のクイズに挑戦!