1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 検査値早わかりガイド>
  4. HTLV検査|感染症 | 検査値早わかりガイド

2017年01月30日

HTLV検査|感染症 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

今回は、HTLV検査について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

HTLV検査の基準値

  • PA法:16倍未満
  • EIA法:陰性
  • WB法:陰性
  • IFA法:5倍未満

 

〈目次〉

 

HTLV検査の定義

HTLV検査は、成人T細胞白血病(adult T cell leukemia)の起因ウイルスであるヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-I:human T cell lymphotrophic virus type Ⅰ)の感染の有無を調べる検査である。

輸血の供血者や妊婦におけるHTLV抗体のスクリーニングは、HTLV-Ⅰの感染ルートを遮断するうえできわめて意義が大きい。HTLV-Ⅰ検査には、スクリーニングとしてゼラチン粒子凝集法(PA法)、酵素免疫法(EIA法)があり、確認試験としてウェスタンブロット法(WB法)、間接蛍光抗体法(IFA法)などがある。

 

HTLV検査の異常とその原因

 
陽性

原因となる疾患

成人T細胞白血病(ATL)
HTLV-Ⅰキャリア
HTLV-Ⅰ関連ミエロパシー(HAM)

検査の流れ

HTLV検査の流れ

 

基準値 PA法:16倍未満
EIA法:陰性
WB法:陰性
IFA法:5倍未満

 

図1ATLの末血像

ATLの末血像

 

図2HAMの組織像

HAMの組織像

脊髄の海綿状変化と血管周囲のリンパ球浸潤

 

HTLV検査と他の検査との関連性

成人T細胞白血病(ATL)が疑われるときは、LDH、AST(GOT)、血清カルシウムの値が上昇する。

HTLV陽性の場合:検査の進め方として、血液像、骨髄像、リンパ球表面マーカー(CD3、CD4、CD25、HLA‐DRなど)の検査を実施し、臨床症状を把握する。

 

HTLV検査の検体の取り扱い

検体は血清で凍結保存可能である。

 

HTLV検査に関わる看護のポイント

看護に必要な情報

皮膚症状の有無と発見時期

限局性・結節性発疹、全身性紅皮症、帯状疱疹など

腹部圧迫症状の有無と程度

肝・脾腫など

消化器症状の有無と程度

食欲不振、嘔吐下痢など

腰・背部痛の有無と程度

骨融解性変化による骨痛

治療内容とその効果

検査結果とその変化

 

看護援助

心身の安静

  • 制限に応じた日常生活の援助をする。
  • 病床環境を整える(室温・湿度の調整、騒音・汚れた空気・臭気の除去)。
  • 精神的支持、支援をする。
  • 苦痛の軽減に努める(安楽な体位の工夫)。

皮膚の保護と感染予防

  • 寝具、衣服の調整(肌触りがよく吸湿性に富んだ材質、薄着、清潔なもの、ゆったりしたかたちを選ぶ)。
  • 清拭時は蒸しタオルで汗を拭きとるようにし、こすったりしない。
  • 口腔内、陰部の清潔を心がける。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1421
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1297
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1177
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1077
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
925
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
715
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6753

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!