1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 検査値早わかりガイド>
  4. アレルゲン特異IgE抗体|自己免疫・アレルギー | 検査値早わかりガイド

2016年12月26日

アレルゲン特異IgE抗体|自己免疫・アレルギー | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

今回は、アレルゲン特異IgE抗体について解説します。

アレルゲン特異IgE抗体の基準値

  • 陰性:0.34(UA/mL)以下(FEIA法)

〈目次〉

 

アレルゲン特異IgE抗体の定義

アレルゲン特異IgE抗体検査とは、アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎など)において原因となるアレルゲン(抗原)が何かを特定する検査である。

簡単にいうと、「私の花粉症の原因はすぎかな?ぶたくさかな?」を調べる検査である。その他、半定量することでアレルギーの治療経過観察にも用いられる。

表1測定可能な代表的なアレルゲン

測定可能な代表的なアレルゲン

 

アレルゲン特異IgE抗体の異常とその原因

 

アレルギー疾患

  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • 蕁麻疹
  • 胃腸アレルギー
  • 寄生虫症など
基準値 陰性:0.34(UA/mL)以下(FEIA法)

 

図1イエダニ

イエダニ

 

図2スギ花粉

スギ花粉

 

アレルゲン特異IgE抗体と他の検査との関連性

多くのアレルゲンがあり特定は難しいので、患者との問診である程度アレルゲンを推定する。

アレルゲンが疑われるにもかかわらず陰性の場合は、誘発試験、除去試験、アレルゲン特異性IgG4抗体、ヒスタミン遊離試験などを行う。

 

アレルゲン特異IgE抗体の検体の取り扱い

血清で凍結保存可能である。熱に不安定なため採血後は、すみやかに提出する。

 

アレルゲン特異IgE抗体に関わる看護のポイント

看護に必要な情報

バイタルサインおよび全身症状

全身倦怠感、頭痛めまい、消化器症状など

局所症状の出現部位と症状の程度

鼻症状、皮膚症状、眼症状、気道症状など

アレルゲンの種類と確定

アレルギー反応の既往

治療の有無とその効果

苦痛の程度

 

看護援助

起因物質の除去および回避

  • 牛乳や卵を含まないアレルギー患者用食品の紹介など、アレルゲンの除去を実行可能にするための指導を行い、相談にのる。
  • 室内に花や植木鉢を置かないようにする。
  • 禁煙の実行。専用マスクを使用したり、病室、家庭内の空気の清浄化をはかる。
  • 急な寒暖の差を避ける。

抵抗力の増進

  • バランスのよい食事を摂る。
  • 心身の安静に努め、ストレスを避け、睡眠、休息を十分にとる。
  • 積極的に戸外運動、水泳などによる鍛練を行う。

皮膚の保護

  • 局所の瘙痒感のため掻き傷をつくりやすいので、の手入れや睡眠時に手袋を使用する。
  • 強く拭いたり、こすらないようにする。
  • 食物アレルギーによる下痢などのとき、陰部の清潔に心がける。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版検査値早わかりガイド第2版』(編著)江口正信/2014年3月刊行

新訂版 検査値早わかりガイド 第2版

 引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1184
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1219
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1133
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1022
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1058
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
744
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者320

肝臓部分切除術を受けた55歳男性。術中に出血が1,600mLあり、RBC-LR4単位の輸血が投与されました。既往歴は高血圧。術後5時間後、急に呼吸困難を訴えました。バイタルサインは下図のとおりです。この症例で最も疑うべき輸血の副作用は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • 2.輸血関連循環過負荷(TACO)
  • 3.アレルギー反応
  • 4.発熱性非溶血性輸血副作用
今日のクイズに挑戦!