1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 小脳はどんな働きをしているの?

2017年11月20日

小脳はどんな働きをしているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「小脳」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

小脳はどんな働きをしているの?

小脳運動の調節や熟練に関係する部分です。 

例えば、前に歩いていこうという大脳の指示がなされたとします。すると、目的の姿勢や動作がとられているか(まっすぐに立っているか、足の運びのバランスが取れているかなど)、体の各部の筋肉の緊張をチェックします。同時に、手の振り方を指示するなど、連動して目的の運動を行えるように指示するのが小脳です。 

出血や梗塞、腫瘍などで小脳が機能しなくなると、運動調節の指示を出せなくなり、ふらついたり(歩行障害)、動作がぎこちなくなったりします。

 

MEMO脳腫瘍

頭蓋内で、主にグリア細胞が異常増殖する疾患。進行すると脳を圧迫して障害を起こしますので、良性・悪性にかかわらず治療が必要です。小脳にできる髄芽腫は、悪性度の高い腫瘍です。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? [12/28up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「伝導路」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   末梢神経から中枢神経へはどのように情報を伝えるの? 末梢神経からの情報(電... [ 記事を読む ]

  • 脊髄と脊椎はどう違うの? [12/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脊髄と脊椎」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脊髄と脊椎はどう違うの? 脊髄は、脳とともに中枢神経系を形成する器官で... [ 記事を読む ]

  • 小脳はどんな働きをしているの? [11/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「小脳」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   小脳はどんな働きをしているの? 小脳は運動の調節や熟練に関係する部分です。 ...

  • 脳の中枢が傷つくとどうなるの? [11/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の損傷による影響」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳の中枢が傷つくとどうなるの? 出血や梗塞、外傷などによって一... [ 記事を読む ]

  • 男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? [10/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「男性ホルモンと女性ホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? 男性ホルモン... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1401
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1279
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1157
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
888
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
651
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2255

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!