1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 消化酵素は何のためにあるの?

2016年08月08日

消化酵素は何のためにあるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

なぜ消化する必要があるの?

今回は「消化酵素」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

消化酵素は何のためにあるの?

消化には、食塊を小さく砕く物理的消化と、消化液で分解する化学的消化の2種類があります。このうち、化学的消化を行う時に必須なのが消化酵素です。

は切歯(せっし)で11〜25kg、臼歯(きゅうし)で30〜90kgもの耐力を持っています。歯によって食物は細かく噛み砕かれ、胃の蠕動(ぜんどう)運動により、物理的消化が行われます。

しかし、これだけではただ、食塊の一片の大きさが小さくなるだけです。そこで、消化酵素が登場します。消化酵素は唾液胃液膵液(すいえき)などに含まれており、それぞれ、分解する物質が異なっています。

消化酵素の特徴の1つは、順番に仕事(化学的消化)をしていくことです。最初は、食物に含まれる栄養素を大雑把に分解し、胃腸管(消化管)をたどるにつれ、細かく分解していきます。 

例えば、ご飯やパンなどの炭水化物の場合、唾液などに含まれるアミラーゼにより、2分子からなる麦芽糖や、グルコースが数個結合したデキストリンという多糖に分解されます。次に、小腸の絨毛(じゅうもう)上皮細胞の細胞膜上にあるマルターゼスクラーゼラクターゼなどによってグルコースに分解され、吸収されます。

タンパク質も同様に、で分泌される消化酵素であるペプシン、膵液に含まれるトリプシンキモトリプシン、小腸の絨毛上皮細胞上のアミノペプチダーゼなどによって徐々に分解されていきます。 以上のように、消化酵素は食物に含まれる栄養素を分解し、血液やリンパ液に吸収されやすい形に変える働きを持っています。

 

MEMO吸収

食物は消化酵素によってブドウ糖、果糖、ガラクトース、脂肪酸、グリセロール、アミノ酸などに分解されます。これらの分解産物を、小腸や大腸の粘膜に取り込むことを吸収といいます。

COLUMN食欲の仕組み

食欲をコントロールしているのは、間脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢です。摂食中枢が刺激されると食欲がわき、満腹中枢が刺激されると満腹感を感じます。こうした調節を行う時に重要な働きをしているのが、血中グルコース濃度(血糖値)です。

食事をして食物が消化、吸収されると、血糖値が上昇して満腹中枢のスイッチが入ります。一方、活動によってエネルギーが消費されると、血糖値が低下し、体に蓄えていた脂肪が遊離脂肪酸に分解され、エネルギーが産生されます。遊離脂肪酸が血液中に増加することで、摂食中枢のスイッチが入ります。

 

〈次回〉

唾液はどんな刺激で出るの?

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 胃はどのような働きをしているの? [09/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 胃が消化酵素で消化されないのはなぜ? 今回は「胃の働き」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   胃はどのような... [ 記事を読む ]

  • 食道に異物が詰まるのはなぜ?ものを飲み込んでも気管がつぶれないのはなぜ? [08/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「食道と気管」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈前回〉 食物が気管に入らないのはなぜ?   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 消化酵素は何のためにあるの? [08/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 なぜ消化する必要があるの? 今回は「消化酵素」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   消化酵素は何のためにある...

  • リンパは何のためにあるのだろう?|リンパの役割 [07/28up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心拍数と脈拍数は必ず同じなの? 今回は「リンパ」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

  • 脈拍測定で何が分かるの? [07/18up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 運動や体位によって血圧はどう変化するの?   今回は「脈拍」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診セ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

後輩指導でぶっちゃけトーク!|看護師のお悩みホンネ座談会【3】

看護roo!サロンで後輩指導をテーマに本音トーク。新人ナースへのメッセージも! [ 記事を読む ]

滴下数の計算、大丈夫?

注入速度が速すぎると呼吸困難や血圧低下を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「現場でのプレッシャーが半端ない!」選手権

投票数:
1217
実施期間:
2019年06月25日 2019年07月16日

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1258
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1165
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1061
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
948
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
840
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者362

以下の中で、気管吸引が禁忌となる患者さんはどれでしょうか?

  • 1.高濃度酸素を投与しても酸素化が維持できない状態の患者さん
  • 2.肝機能に高度の障害がある状態の患者さん
  • 3.頭蓋内圧亢進状態の患者さん
  • 4.気管吸引に絶対的な禁忌はない
今日のクイズに挑戦!