2016年07月04日

毛細血管に関するQ&A

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「毛細血管」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈前回〉

動脈に起こる異常にはどんなものがある?

 

〈目次〉

 

毛細血管ではどのように酸素をやり取りしているの?

毛細血管は、動脈と静脈をつなぐ直径5〜20μmの血管で、酸素を運ぶ主役である赤血球がようやく通過できる程度の細さしかありません。

また、動脈や静脈のように平滑筋を持たず、1層の内皮細胞基底膜からなるため、物質の透過性に優れています。血管壁の細胞の隙間を通して血液と組織の間で物質交換ができるのは、この透過性のおかげです。

こうした優れた透過性があるため、毛細血管は別名、交換血管とも呼ばれます。

 

毛細血管が網の目のようになっているのはなぜ?

毛細血管は、体中のあらゆる細胞に酸素や栄養を届けなければなりません。そのため、それぞれの毛細血管が相互に網の目のようにつながれ、全身の組織に張り巡らされています。

このように、網の目状につなぎ合わされていることを、血管の吻合(ふんごう)といいます。

血管相互の吻合があれば、たとえ1本の流入動脈が閉塞して血流が途絶えてしまっても、ほかの動脈からの血流を得られるため、組織や細胞は活動を維持することができます。

 

終(しゅう)動脈とはどんなもの?

通常、動脈は枝分かれを繰り返し、組織内に行くにつれてどんどん細くなり、毛細血管になります(動脈側毛細血管)。

この毛細血管は、組織液を介して二酸化炭素や老廃物の回収を行い、静脈側毛細血管として静脈に戻ってきます。

動脈側毛細血管と静脈側毛細血管は、網の目のようにつながっていますが、なかにはこのつながりから外れた動脈側毛細血管があり、これを終動脈といいます。

組織に流れ込んでいる毛細血管が終動脈だった場合、ほかの動脈からの血流の応援がないので、閉塞するとそこから先の細胞への血流が不足し、組織が変性、あるいは壊死してしまいます。終動脈は脳、肺、肝臓心臓、脾臓などにみられます。

脳内血管の毛細血管が閉塞すると脳梗塞(のうこうそく)を起こし、心臓を養う冠状動脈が閉塞すると心筋梗塞(しんきんこうそく)になります。

 

毛細血管の血液がゆっくりと流れるのはなぜ?

血流のスピードは血管によって異なります。一般の交通網と同じく、太い血管ほど血液の流れは速く、細くなるほど遅くなります。

心臓を出たばかりの大動脈では、秒速50cmの猛スピードで血液が流れます。しかし、末梢の毛細血管では秒速0.5〜1.0cmとゆっくりした流れになります。 

このように血流のスピードに差があるのは、それぞれ目的が異なるからです。

大動脈のように太い血管は、できるだけ早く血液を全身の各組織に送ることが使命です。これに対して毛細血管は、細胞との間でガス交換などの物質交換を行うのが仕事です。そのため、毛細血管の血液はゆっくりと流れているのです。

毛細血管で物質交換を終えた血液は、静脈に入るとスピードを上げ、静脈内では秒速25cm程度になります。

 

〈次回〉

血圧は何を表しているの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 脈拍測定で何が分かるの? [07/18up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 運動や体位によって血圧はどう変化するの?   今回は「脈拍」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診セ... [ 記事を読む ]

  • 血圧に関するQ&A [07/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血管の構造」に関するQ&Aです。 〈前回〉 毛細血管に関するQ&A 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.血圧... [ 記事を読む ]

  • 毛細血管に関するQ&A [07/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「毛細血管」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈前回〉 動脈に起こる異常にはどんなものがある?   〈目次...

  • 呼吸困難はなぜ起きるの?|ガス交換に関するQ&A(3) [05/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 ガス交換がうまくできないと体はどうなる?|ガス交換に関するQ&A(2) 今回は呼吸困難~心肺停止に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診セ... [ 記事を読む ]

  • ガス交換がうまくできないと体はどうなる?|ガス交換に関するQ&A(2) [05/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 ガス交換ってどんなもの?|ガス交換に関するQ&A(1) 今回は「ガス交換」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 一時的(体外式) ペーシングカテーテル | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [09/24up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は一時的(体外式)ペーシングカテーテルについて説明します。   《一時的(体外式)ペーシングカテーテル》 主な適応 ... [ 記事を読む ]

  • 胸部X線検査 [03/23up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 胸部X線検査について解説します。 Point X線画像を比較してみることで,行った看護が効果的であったかの評価ができる! 胸部X線検... [ 記事を読む ]

  • 心臓再同期療法(CRT)|慢性心不全の非薬物療法 [06/16up]

    『循環器ナーシング』2015年9月号<心不全を徹底理解!基本編>より抜粋。 心臓再同期療法(CRT)について解説します。 Point 心臓再同期療法(CRT)はQOLおよび生命予後を改善する! CRTは,... [ 記事を読む ]

  • 血液の分配と微小循環|循環 [08/07up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血管の構造と機能 今回は、血液の分配と微小循環について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 肺高血圧症の治療薬 [01/12up]

    『循環器ナーシング』2014年6月号<疾患ごとに理解する!循環器疾患のくすり>より抜粋。 肺高血圧症の治療薬について解説します。 Point 肺動脈性肺高血圧症は難治性疾患! 適切な治療がなされない場合,急速... [ 記事を読む ]

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1210
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1133
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1106
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1010
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
886
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
495
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者788

広範囲熱傷の患者さんに起こる潰瘍を何というでしょうか?

  • 1.クッシング潰瘍
  • 2.シーリング潰瘍
  • 3.ボーリング潰瘍
  • 4.カーリング潰瘍
今日のクイズに挑戦!