1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

2018年07月21日

スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。

スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

患者から医療従事者へ、医療従事者から患者へ、患者から患者への、血液をはじめとする湿性生態物質を介する病原体の伝播を防ぐためです。

 

〈目次〉

 

感染予防の基本

感染とは、①感染源、②宿主、③排出口、④伝播方法、⑤侵入口、⑥感受性宿主、という構成要因が輪でつながることで成立します(図1)。

この構成要因のうち、1つでも欠ければ感染は起こりません。つまり、感染予防とはこれらの要因に働きかけ、輪がつながることを防ぐことで、感染経路を断ち切るということです。

図1感染の成立

感染の成立

 

感染予防には、スタンダード・プリコーション標準予防策)と感染経路別予防策があります。

スタンダード・プリコーションは医療施設でのすべての患者に適用され、感染経路別予防策は特定の感染症が疑われる患者に対して適用されます。

 

スタンダード・プリコーション(標準予防策)

スタンダード・プリコーションとは、すべての人は伝播する病原体を保有していると考え、患者の疾患や病原微生物の種類に関係なく、すべての患者の湿性生体物質である①血液、②汗を除くすべての体液、分泌物、排泄物、③傷のある皮膚、④粘膜との直接接触および付着したもの、との接触が予想されるときに、手袋やマスク、ガウン、ゴーグルなどを使用すること、さらに手洗いをして医療従事者自身の防御を行うものです。

 

スタンダード・プリコーションの基本

感染症の有無にかかわらず、処置の前後に手洗い・手指消毒を行うことが、感染対策の基本となります。

そのほかには、①個人防護具(手袋、マスク、プラスチックエプロンやガウン、アイシールドやゴーグル、フェイスシールド)の使用(図2)、②患者に使用した器材の取り扱い、③病室などの環境管理、④リネン類の洗濯、⑤患者の隔離、⑥腰椎穿刺や注射手技、⑦救急蘇生・人工呼吸において、詳細に方法が決められています。

図2個人防護具(PPE:personal protective equipment)とは

個人防護具(PPE:personal protective equipment)とは

〔職業感染防御研究会:個人用防護具の手引きとカタログ集─職業感染防止のための安全対策カタログ集、第4版、p.19、2011(www.safety.jrgoicp.org)より改変〕

 

CULUMN感染の成立過程を理解し、感染予防対策を

感染とは病原微生物が体表面や組織内に定着し、増殖を続けることで生体になんらかの影響を及ぼすことを感染とよびます。

しかし、感染したからといって必ず発症するわけでなく、生体と病原体の相互の関係によって病原体の力が増すと発症します。免疫能の低下した患者や高齢者、小児など生体防御能力が低下している場合、通常では感染を引き起こさないような病原力の弱い微生物であっても感染することがあります(日和見感染)。

感染は、「感染の輪」とばれる6つの要素(病原微生物、宿主、排出口、感染経路、侵入口、感染しやすい宿主)がつながったときにはじめて成立します。したがって、この連鎖の1つを断ち切れば感染は成立しません。

この断ち切るための技術として衛生的手洗いや無菌操作を理解することが大切です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 

著作権について

この連載

  • 結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? [08/11up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は結核の感染対策に関するQ&Aです。 結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? 結核は空気感染によって伝播する疾患であり、患者、医療従事者、家族を介した集団... [ 記事を読む ]

  • 衛生的手洗いを行うのはなぜ? [07/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いに関するQ&Aです。 衛生的手洗いを行うのはなぜ? 医療従事者の手指を介した交差感染から患者を守るためです。 〈目次〉 手洗い... [ 記事を読む ]

  • スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? [07/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。 スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? 患者から医療従事者へ、医療...

  • 術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? [07/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は術後の患者に使用する包帯に関するQ&Aです。 術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? 術後の静脈血栓塞栓症やリンパ浮腫の予防のためです。   ... [ 記事を読む ]

  • 包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? [06/23up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は包帯の巻き方に関するQ&Aです。 包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? 中間部位あるいは中枢側から巻き始めると、末梢側に血液の循環障害が生じるた... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1297
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1196
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1184
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1105
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
949
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
661
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3062

水頭症の分類の一つに、閉塞部位によって非交通性水頭症と交通性水頭症に分類する方法があります。では、非交通性水頭症は、脳のどの部位に閉塞があるとされているでしょうか?

  • 1.脈絡叢
  • 2.脳室
  • 3.くも膜下腔
  • 4.静脈洞
今日のクイズに挑戦!