1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

2018年07月21日

スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ?

患者から医療従事者へ、医療従事者から患者へ、患者から患者への、血液をはじめとする湿性生態物質を介する病原体の伝播を防ぐためです。

 

〈目次〉

 

感染予防の基本

感染とは、①感染源、②宿主、③排出口、④伝播方法、⑤侵入口、⑥感受性宿主、という構成要因が輪でつながることで成立します(図1)。

この構成要因のうち、1つでも欠ければ感染は起こりません。つまり、感染予防とはこれらの要因に働きかけ、輪がつながることを防ぐことで、感染経路を断ち切るということです。

図1感染の成立

感染の成立

 

感染予防には、スタンダード・プリコーション標準予防策)と感染経路別予防策があります。

スタンダード・プリコーションは医療施設でのすべての患者に適用され、感染経路別予防策は特定の感染症が疑われる患者に対して適用されます。

 

スタンダード・プリコーション(標準予防策)

スタンダード・プリコーションとは、すべての人は伝播する病原体を保有していると考え、患者の疾患や病原微生物の種類に関係なく、すべての患者の湿性生体物質である①血液、②汗を除くすべての体液、分泌物、排泄物、③傷のある皮膚、④粘膜との直接接触および付着したもの、との接触が予想されるときに、手袋やマスク、ガウン、ゴーグルなどを使用すること、さらに手洗いをして医療従事者自身の防御を行うものです。

 

スタンダード・プリコーションの基本

感染症の有無にかかわらず、処置の前後に手洗い・手指消毒を行うことが、感染対策の基本となります。

そのほかには、①個人防護具(手袋、マスク、プラスチックエプロンやガウン、アイシールドやゴーグル、フェイスシールド)の使用(図2)、②患者に使用した器材の取り扱い、③病室などの環境管理、④リネン類の洗濯、⑤患者の隔離、⑥腰椎穿刺や注射手技、⑦救急蘇生・人工呼吸において、詳細に方法が決められています。

図2個人防護具(PPE:personal protective equipment)とは

個人防護具(PPE:personal protective equipment)とは

〔職業感染防御研究会:個人用防護具の手引きとカタログ集─職業感染防止のための安全対策カタログ集、第4版、p.19、2011(www.safety.jrgoicp.org)より改変〕

 

CULUMN感染の成立過程を理解し、感染予防対策を

感染とは病原微生物が体表面や組織内に定着し、増殖を続けることで生体になんらかの影響を及ぼすことを感染とよびます。

しかし、感染したからといって必ず発症するわけでなく、生体と病原体の相互の関係によって病原体の力が増すと発症します。免疫能の低下した患者や高齢者、小児など生体防御能力が低下している場合、通常では感染を引き起こさないような病原力の弱い微生物であっても感染することがあります(日和見感染)。

感染は、「感染の輪」とばれる6つの要素(病原微生物、宿主、排出口、感染経路、侵入口、感染しやすい宿主)がつながったときにはじめて成立します。したがって、この連鎖の1つを断ち切れば感染は成立しません。

この断ち切るための技術として衛生的手洗いや無菌操作を理解することが大切です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

著作権について

この連載

  • 結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? [08/11up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は結核の感染対策に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? 結核は空気感染によって伝... [ 記事を読む ]

  • 衛生的手洗いを行うのはなぜ? [07/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いに関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   衛生的手洗いを行うのはなぜ? 医療従事者の手指を介した交差感染から患者を守... [ 記事を読む ]

  • スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? [07/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要がある...

  • 術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? [07/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は術後の患者に使用する包帯に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? 術後の静脈血栓塞栓症... [ 記事を読む ]

  • 包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? [06/23up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は包帯の巻き方に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? 中間部位あるいは中枢... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
989
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
947
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
630
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者183

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!