1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 採血をするとき、母指(ぼし・おやゆび)を中にして握らせるのはなぜ?

2018年04月28日

採血をするとき、母指(ぼし・おやゆび)を中にして握らせるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は採血に関するQ&Aです。

採血をするとき、母指を中にして握らせるのはなぜ?

前腕部の筋肉が収縮し、末梢血の還流を促進させ、駆血部より末梢の静脈怒張が起こるためです。

 

〈目次〉

 

母指を中にして手を握らせるのは

一般に、静脈採血を行なう際には駆血帯を用いて静脈を圧迫します。駆血帯よりも末梢部の静脈血のうっ滞による血管拡張を起こし、採血を行ないやすくします。

また、血管の拡張を助けるために、母指を中にして握らせますが、これは前腕部の筋肉を収縮させ、さらに末梢部からの静脈血還流量を促進させることにより、静脈の怒張がより強くなるためです。

 

駆血帯を強く締めすぎると

筋肉の収縮は静脈還流量を増加させるとともに、動脈血の流入も促進させます。しかし、駆血帯を強く締めると、静脈を圧迫するだけでなく、動脈も圧迫されてしまうので、末梢へ流入する血液量が減少してしまいます。したがって還流血液量自体が減るために、静脈の拡張も困難となります。

駆血帯を巻くの強さは、静脈血の還流をある程度阻止し、しかも動脈血の流入を止めない程度が最もよいとされています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 採血部位は前腕を多く用いるのはなぜ? [05/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血の手順に関するQ&Aです。 採血部位は前腕を多く用いるのはなぜ? 肘窩の皮静脈は腕まくりをすれば簡単に露出でき、また比較的太い静脈で、表面の皮膚がやわらかく... [ 記事を読む ]

  • 採血時、血管がはっきりわからないと軽く叩いたり、温めたり、末梢からこすったりするのはなぜ? [05/05up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血時の注意点に関するQ&Aです。 採血時、血管がはっきりわからないと軽く叩いたり、温めたり、末梢からこすったりするのはなぜ? 局所に種々の刺激を与えることで、... [ 記事を読む ]

  • 採血をするとき、母指(ぼし・おやゆび)を中にして握らせるのはなぜ? [04/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血に関するQ&Aです。 採血をするとき、母指を中にして握らせるのはなぜ? 前腕部の筋肉が収縮し、末梢血の還流を促進させ、駆血部より末梢の静脈怒張が起こるためで...

  • 採血するとき、駆血帯(止血帯)を巻くのはなぜ? [04/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は駆血帯に関するQ&Aです。 採血するとき、駆血帯(止血帯)を巻くのはなぜ? 静脈血の還流を阻止し、末梢静脈を怒張させて穿刺部位の選定を容易にするためです。 ... [ 記事を読む ]

  • 採血は運動・入浴直後は避けたほうがよいのはなぜ? [04/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血に関するQ&Aです。 採血は運動・入浴直後は避けたほうがよいのはなぜ? 運動および入浴により、血液内の物質に変動をきたすためです。 運動や入浴によ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1262
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1048
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
845
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者85

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!