1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 輸血して3~6か月後に、感染症のスクリニーングをするのはなぜ?

2018年03月24日

輸血して3~6か月後に、感染症のスクリニーングをするのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は輸血による感染に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

輸血して3~6か月後に、感染症のスクリニーングをするのはなぜ?

供血者がウインドウ期にある場合の輸血製剤による感染の有無をチェックするためです。

 

感染の有無の確認

血液製剤はその安全性の確保のため、感染源となるウイルスの有無などを厳重にチェックしたあと供給されていますが、供血者がウインドウ期にある場合の感染が問題となります。

ウインドウ期とは、感染しているが検査で陽性と判定されるまでの期間(すなわち感染していても検査結果としては陰性となってしまう期間)のことです。これらの血液製剤による感染のチェックのために、輸血前後でのB型肝炎ウイルスC型肝炎ウイルスおよびHIVヒト免疫不全ウイルス)関連の検査が必要となります。

輸血前1週間前後の検査や血清の保存が必要となり、これが陰性で輸血後3~6か月における検査で陽性であれば、輸血製剤による感染が考えられます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1306
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1183
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1107
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1079
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
980
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
824
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4385

ペースメーカーのペーシングモードが「VDD」の場合、センシング部位は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.心房
  • 2.心室
  • 3.心房と心室の両方
  • 4.センシング機能なし
今日のクイズに挑戦!