1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 赤血球製剤は室温に戻さずに、できるだけ早く使用するようになったのはなぜ?

2018年03月10日

赤血球製剤は室温に戻さずに、できるだけ早く使用するようになったのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は赤血球製剤に関するQ&Aです。

赤血球製剤は室温に戻さずに、できるだけ早く使用するようになったのはなぜ?

赤血球製剤の温めすぎによって溶血などの変化が起こるためです。

〈目次〉

赤血球製剤の使用

前述(成分輸血が行われているのはなぜ?)のように赤血球濃厚液などの赤血球製剤は2~6℃での保存となっており、以前は低体温症の予防目的で、室温に戻して使用することが推奨されていましたが、温めすぎや室温放置などは溶血を起こす可能性があることや、接続部分の細菌汚染の危険が増すことなどから、現在では急速輸血時など以下の特殊な状況を除いて、出庫後は室温に戻さず使用されることになっています。

 

加温が必要となる場合

  1. 100mL/分を超える急速輸血 
  2. 30分以上にわたる50mL/分を超える成人の急速輸血 
  3. 新生児の交換輸血 
  4. 15mL/kg/時を超える小児の輸血 
  5. 重症寒冷自己免疫性溶血性貧血患者への輸血

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴ルート固定「どうしても落ちないとき」の工夫

「どうしても落ちないときのちょっとしたコツ」を伝授します! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

勤務中によくなくすものは?

投票数:
1003
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
881
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
550
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
387
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
600
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者527

87歳女性のAさんは、5年前からアルツハイマー型認知症があり、現在FAST stage6です。食欲不振にて入院となりました。時々、昼夜問わず病室の前をうろうろしており、トイレの場所が分からないのかと思い、トイレに誘導しましたが、便器の前で立ったままそわそわしています。「ズボンを下ろしましょう」と次の動作を伝えると排泄動作を行うことができました。 下線の状況から最も考えられる認知症の中核症状は、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

  • 1.記憶障害
  • 2.失行
  • 3.実行機能障害
  • 4.失認
今日のクイズに挑戦!