1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット

2018年02月10日

成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。

現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ?

成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これによって輸血される患者の心臓にかかる負担の軽減と副作用を防ぐためです。

 

〈目次〉

 

輸血とは

輸血は、健康な他人の血液から調製された血液製剤を点滴投与します。外傷事故や手術に伴う大量出血や、骨髄機能が低下した血液疾患などのときに用いられます。

現在は使用目的に応じ、血球成分からなる成分輸血が広く使われています。

また、感染症のリクスから、あらかじめ輸血の必要性が予測される場合は自分の新鮮血を使用する自己血輸血を用いる場合もあります。

 

自己血輸血について

外科手術で輸血を必要とする出血が予測され、手術までの時間がある場合は、自分の血液を採血して保存しておく方法がとられます。それを自己血輸血とよんでおり、安全な輸血と考えられています。

しかし、貧血のある状態や菌血症の可能性のある細菌感染者などの場合は、自己血輸血はできません。

 

輸血時の同意書

輸血を施行する場合、医師は患者さんや家族へ目的および輸血に伴うリスクについて説明をします。その際に、必ず「血液製剤使用時の説明と同意書」をとります。輸血開始直後の急性の副作用や遅発性に起こるPT-GVHD(輸血後移植片対宿主病)のリスクがあるからです。

 

成分輸血のメリット

以前は血液の全成分を輸血する全血輸血が行われていましたが、現在では、患者さんが必要としている成分だけを輸血する成分輸血が広く行われています(表1)。

表1

主な輸血用血液製剤

 

 

成分輸血では全血輸血に比べ、輸血される患者(受血者)の心臓にかかる負担を軽減することができます。またPT-GVHD輸血後移植片対宿主病)などの副作用を防ぐことができます。

さらに献血された血液を遠心分離することによって、赤血球血小板および血漿に分けた成分輸血製剤が作成されるので、これを使用することによって、1人の献血者からの血液を複数の患者受血者への輸血に用いることが可能となります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 輸血を行う前に交差適合試験を行わなければならないのはなぜ? [02/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は交差適合検査に関するQ&Aです。 輸血を行う前に交差適合試験を行わなければならないのはなぜ? 血液型不適合などによる、輸血副作用を防ぐためです。 〈目... [ 記事を読む ]

  • 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? [02/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液製剤に関するQ&Aです。 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? 保存する血液の成分によって、生体内における寿命や保存による劣化があり、機能を... [ 記事を読む ]

  • 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット [02/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。 現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ? 成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これ...

  • 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? [01/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? 注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。   〈... [ 記事を読む ]

  • 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? [01/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は空気塞栓に関するQ&Aです。 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? 空気塞栓を予防するためです。   〈目次〉 注射時血管内に空... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

第107回看護師国家試験★会場レポート

終了後の学生さんに感想を聞いてみました!予想外の問題に「難しかった…」という声も!? [ 記事を読む ]

平昌五輪で関係者が集団感染しているノロウイルス。改めて知っておきたい正しい知識

感染力が非常に強いノロウイルス。感染が疑わる患者さんへの対応は、標準予防策を厳密に守ることが重要です。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内恋愛、アリ?ナシ?

投票数:
917
実施期間:
2018年02月06日 2018年02月27日

シフトが出たとき、最初に何をチェックする?

投票数:
850
実施期間:
2018年02月09日 2018年03月02日

何歳くらいで結婚するのがベスト?

投票数:
876
実施期間:
2018年02月13日 2018年03月06日

延命治療、希望する?

投票数:
741
実施期間:
2018年02月16日 2018年03月09日

シフト、勤務開始の何日前までに出る?

投票数:
545
実施期間:
2018年02月20日 2018年03月13日

入職までの間、何をして過ごす?/過ごした?

投票数:
1553
実施期間:
2018年02月21日 2018年03月14日

退職する同僚からのプレゼント。もらって嬉しかったものは?

投票数:
438
実施期間:
2018年02月23日 2018年03月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2190

手術を受ける喫煙患者さんへ行う禁煙指導の説明で、最も望ましいのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.入院する際に禁煙してくるよう指導する。
  • 2.できるだけ本数を減らすよう指導する。
  • 3.禁煙するよう指導し、予定手術の1週間前には必ず禁煙するよう指導する。
  • 4.禁煙するよう指導し、予定手術の30日前には必ず禁煙するよう指導する。
今日のクイズに挑戦!