1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット

2018年02月10日

成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。

現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ?

成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これによって輸血される患者の心臓にかかる負担の軽減と副作用を防ぐためです。

 

〈目次〉

 

輸血とは

輸血は、健康な他人の血液から調製された血液製剤を点滴投与します。外傷事故や手術に伴う大量出血や、骨髄機能が低下した血液疾患などのときに用いられます。

現在は使用目的に応じ、血球成分からなる成分輸血が広く使われています。

また、感染症のリクスから、あらかじめ輸血の必要性が予測される場合は自分の新鮮血を使用する自己血輸血を用いる場合もあります。

 

自己血輸血について

外科手術で輸血を必要とする出血が予測され、手術までの時間がある場合は、自分の血液を採血して保存しておく方法がとられます。それを自己血輸血とよんでおり、安全な輸血と考えられています。

しかし、貧血のある状態や菌血症の可能性のある細菌感染者などの場合は、自己血輸血はできません。

 

輸血時の同意書

輸血を施行する場合、医師は患者さんや家族へ目的および輸血に伴うリスクについて説明をします。その際に、必ず「血液製剤使用時の説明と同意書」をとります。輸血開始直後の急性の副作用や遅発性に起こるPT-GVHD(輸血後移植片対宿主病)のリスクがあるからです。

 

成分輸血のメリット

以前は血液の全成分を輸血する全血輸血が行われていましたが、現在では、患者さんが必要としている成分だけを輸血する成分輸血が広く行われています(表1)。

表1

主な輸血用血液製剤

 

 

成分輸血では全血輸血に比べ、輸血される患者(受血者)の心臓にかかる負担を軽減することができます。またPT-GVHD輸血後移植片対宿主病)などの副作用を防ぐことができます。

さらに献血された血液を遠心分離することによって、赤血球血小板および血漿に分けた成分輸血製剤が作成されるので、これを使用することによって、1人の献血者からの血液を複数の患者受血者への輸血に用いることが可能となります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 輸血を行う前に交差適合試験を行わなければならないのはなぜ? [02/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は交差適合検査に関するQ&Aです。 輸血を行う前に交差適合試験を行わなければならないのはなぜ? 血液型不適合などによる、輸血副作用を防ぐためです。 〈目... [ 記事を読む ]

  • 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? [02/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液製剤に関するQ&Aです。 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? 保存する血液の成分によって、生体内における寿命や保存による劣化があり、機能を... [ 記事を読む ]

  • 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット [02/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。 現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ? 成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これ...

  • 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? [01/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? 注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。   〈... [ 記事を読む ]

  • 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? [01/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は空気塞栓に関するQ&Aです。 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? 空気塞栓を予防するためです。   〈目次〉 注射時血管内に空... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
827
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
757
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1024
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
737
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
779
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
601
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者507

産後出血の多かったAさん。出産翌日に赤血球製剤の輸血が必要となりました。妊娠中は検診などで特に異常はなく、また、出産時も妊娠周期や新生児の体重などに異常はありませんでした。以下のうち、輸血準備をする上で適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.Aさんに交差適合試験(クロスマッチテスト)用採血を実施後、検体を提出し、結果が陽性であれば輸血が可能である。
  • 2.輸血時に行う書類のダブルチェックは、輸血製剤受け渡し時、輸血準備時、輸血実施時の最低3回は必要である。
  • 3.赤血球製剤を受領後、すぐに輸血できない場合、輸血専用の2~6℃に設定した冷蔵庫で保管する。
  • 4.輸血セットに接続する前に、血液バックを静かに左右または上下に振る。
今日のクイズに挑戦!