1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 注射を同じ部位に続けて行なってはいけないのはなぜ?

2017年12月23日

注射を同じ部位に続けて行なってはいけないのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は注射に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

注射を同じ部位に続けて行なってはいけないのはなぜ?

筋肉拘縮や静脈内の血栓形成および炎症を防ぐためです。

 

〈目次〉

 

筋肉内注射では

筋肉内注射の同部位への反復は、筋肉の拘縮が起こりやすく、とくに小児では筋拘縮により運動障害などの後遺症が残ることが問題とされています。

筋肉内注射に適する場所が決められているのは、ある程度筋肉の発達がよく、筋拘縮が起こりにくい部位という意味があるわけですが、これらの部位でも反復注射によっては筋拘縮が起こりやすくなります。

 

筋肉内注射部位の選択

筋肉内注射部位の選択として三角筋が選択されていることが多いですが、患者の体格によっては、肩峰から3横指下の部位を腋窩神経が走行していることがあります。

また、肩峰から3横指下という表現では、注射を実施する人の指の大きさによって部位にずれが生じるため、この部位が必ずしも安全とは言い切れません。したがって、筋肉内注射の場合は三角筋よりも中殿筋を選択したほうが安全です。

 

静脈内注射では

静脈注射では同部位の静脈に反復注射すると、血管壁が傷つき、血栓形成あるいは静脈炎が起こりやすくなり、この静脈炎によっても血栓形成が促進されます。

 

皮下注射では

また、皮下注射でも同部位に続けて行なうと、脂肪組織を含む皮下組織内に炎症が起こる可能性が高くなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

【音声あり】気管支喘息の聴診音って?

気管支喘息の特徴「笛音」を実際に聞いて確かめてみてね! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1190
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
837
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1080
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
1062
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
894
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日

あなたの施設で退職時期、決められてますか?

投票数:
705
実施期間:
2019年05月24日 2019年06月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4883

現在行われている出生前診断で、確定的検査は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.超音波マーカー検査
  • 2.新型出生前診断(NIPT)
  • 3.羊水検査
  • 4.母体血清マーカー検査
今日のクイズに挑戦!