1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 転倒のリスクマネジメントが必要な薬はなんですか?

2017年09月09日

転倒のリスクマネジメントが必要な薬はなんですか?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は転倒のリスクマネジメントが必要な薬に関するQ&Aです。

転倒のリスクマネジメントが必要な薬はなんですか?

抗不安薬、睡眠導入剤、抗精神薬、降圧剤、血糖降下薬などがあります。

 

転倒の原因とは

転倒に対する注意がとくに必要とされる薬には、抗不安薬、睡眠導入剤、抗精神薬、降圧剤、血糖降下薬などがあります。これらの薬剤の副作用としては、眠気、ふらつき、めまい、せん妄、注意力低下などの精神機能の低下や、筋緊張低下、脱力、血圧低下、視力低下などによる運動機能低下などがあり、とくに多剤の服用によってこれらのリスクは増強される傾向があります。

また高齢者や女性に多くみられる傾向もあり、これらに該当する患者に対しては、薬の副作用をよく理解し、注意深い観察が必要です。さらに副作用は急性発症あるいはやや遅れてみられることもあり、薬剤投与後は一定期間の観察が必要となります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには... [ 記事を読む ]

  • 体温測定の意義と注意点は? [04/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温測定時の意義と注意点について解説します。 〈目次〉 体温測定の意義 体温計の種類 腋窩検温 直腸検温 耳式検温 口腔検温   ... [ 記事を読む ]

  • 転倒のリスクマネジメントが必要な薬はなんですか? [09/09up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は転倒のリスクマネジメントが必要な薬に関するQ&Aです。 転倒のリスクマネジメントが必要な薬はなんですか? 抗不安薬、睡眠導入剤、抗精神薬、降圧剤、血糖降下薬など...

  • 舌下錠は飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [08/26up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は舌下錠の服用に関するQ&Aです。 舌下錠は飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? 舌下錠は薬の急速な効果を期待して、舌下の血管に吸収されやすいように... [ 記事を読む ]

  • 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? [08/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は麻薬の使用に関するQ&Aです。 麻薬を使用すると、吐き気や便秘が起こるのはなぜ? 麻薬によって嘔吐中枢が刺激されたり、消化管蠕動運動が抑制されるからです。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急車に乗ったこと、ある?

投票数:
745
実施期間:
2017年09月01日 2017年09月22日

転職してよかった?

投票数:
620
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
576
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
537
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
795
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
244
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3166

肺炎による低酸素血症のため、鎮痛薬と鎮静薬を使用しながら人工呼吸器管理を受けているAさん。3日前から、毎朝の鎮静薬を一旦中断し、覚醒を促しながらリハビリテーションを開始しました。今朝のX線検査で、気管チューブが若干浅めではあるが許容範囲内であると医師は判断しています。看護師2人で座位から端座位に移動した時、人工呼吸器のアラームが作動しました。以下の中から、Aさんにとって最も緊急性のあるアラームはどれでしょうか?

  • 1.気道内圧上限アラーム
  • 2.気道内圧下限アラーム
  • 3.分時換気量上限アラーム
  • 4.呼吸回数上限アラーム
今日のクイズに挑戦!