1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

2017年07月29日

カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回はカプセル剤服用に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

薬効時間を保つため、あるいは腸障害などの副作用の発生や薬の効き過ぎによる副作用をふせぐためです。

 

〈目次〉

 

カプセル剤とは

薬の形(剤型)は、錠剤、カプセルあるいは散、末などに分けられます(図1)。

図1主な医薬品の形状

主な医薬品の形状

このうちカプセル剤は、顆粒状の成分を被膜(カプセル)で包んであり、服用後、胃腸管内でカプセルが徐々に溶け出すようになっています。したがって、カプセル内の成分が長時間かけて吸収され、薬の作用時間が延長されるように工夫されています。

もしもカプセル内容だけを取り出して服用した場合には、胃腸管内で薬の成分がすぐに吸収され、作用時間が短時間のみで終わってしまいます。剤型は、副作用を防ぐ意味と、より有効な作用を得るために、腸容薬徐放薬、最近ではプロドラッグ(体内で代謝されることによって薬効が出現する医薬品)といった工夫がなされています。

腸容薬とは文字どおり、服用された薬が胃で作用せず、腸で溶けだして吸収され、作用します。これも胃への障害を防ぐ意味で開発された薬です。

徐放薬は先に述べたカプセル剤が代表するように服用後ゆっくり溶け、長時間作用するように工夫された薬ですが、同時にカプセル内容がゆっくり溶けることによって、胃腸管への障害が防止されます。

 

カプセル剤が適しているのは

カプセル剤の内容のみを取り出して服用すると、胃腸障害が生ずる可能性が高くなります。長時間作用するように工夫された内容量が、一時期に吸収されることで、血中の薬物濃度が有効量を一気に越えてしまい、これによる副作用が生ずる可能性も高くなってしまいます。

しかし、徐放性のカプセル剤は、副作用の防止や作用時間の延長などの都合のよい面がある反面、短時間で速効性を得ようとするときには不適当であり、頓服用1回で服用)というよりは常用薬として用いられることが多いようです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1294
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1097
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1004
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
931
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
669
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者335

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!