1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

2017年07月29日

カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回はカプセル剤服用に関するQ&Aです。

カプセル剤は、カプセルから出して中身だけ服用してはいけないのはなぜ?

薬効時間を保つため、あるいは胃腸障害などの副作用の発生や薬の効き過ぎによる副作用をふせぐためです。

 

〈目次〉

 

カプセル剤とは

薬の形(剤型)は、錠剤、カプセルあるいは散、末などに分けられます(図1)。

図1主な医薬品の形状

主な医薬品の形状

このうちカプセル剤は、顆粒状の成分を被膜(カプセル)で包んであり、服用後、胃腸管内でカプセルが徐々に溶け出すようになっています。したがって、カプセル内の成分が長時間かけて吸収され、薬の作用時間が延長されるように工夫されています。

もしもカプセル内容だけを取り出して服用した場合には、胃腸管内で薬の成分がすぐに吸収され、作用時間が短時間のみで終わってしまいます。剤型は、副作用を防ぐ意味と、より有効な作用を得るために、腸容薬徐放薬、最近ではプロドラッグ(体内で代謝されることによって薬効が出現する医薬品)といった工夫がなされています。

腸容薬とは文字どおり、服用された薬が胃で作用せず、腸で溶けだして吸収され、作用します。これも胃への障害を防ぐ意味で開発された薬です。

徐放薬は先に述べたカプセル剤が代表するように服用後ゆっくり溶け、長時間作用するように工夫された薬ですが、同時にカプセル内容がゆっくり溶けることによって、胃腸管への障害が防止されます。

 

カプセル剤が適しているのは

カプセル剤の内容のみを取り出して服用すると、胃腸障害が生ずる可能性が高くなります。長時間作用するように工夫された内容量が、一時期に吸収されることで、血中の薬物濃度が有効量を一気に越えてしまい、これによる副作用が生ずる可能性も高くなってしまいます。

しかし、徐放性のカプセル剤は、副作用の防止や作用時間の延長などの都合のよい面がある反面、短時間で速効性を得ようとするときには不適当であり、頓服用1回で服用)というよりは常用薬として用いられることが多いようです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1282
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1271
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1162
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1152
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1061
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
877
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
257
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2189

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!