1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 薬物の服用時間は食前、食間、食後、時間ごとなどいろいろあるのはなぜ?

2017年05月20日

薬物の服用時間は食前、食間、食後、時間ごとなどいろいろあるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は薬物の服用時間に関するQ&Aです。

薬物の服用時間は食前、食間、食後、時間ごとなどいろいろあるのはなぜ?

(口から飲んだ)薬物の胃、腸での吸収の善し悪しを考え、有効な血中薬物濃度を保ち、薬の効き過ぎや、逆に効かなかったりするのを防ぐためです。

 

〈目次〉

 

服用時間による薬の効果の違いは

口から飲んだ薬物は、胃や腸で吸収されますが、胃の中に食物がたまっている状態と逆に空腹状態とでは、同じ薬でも吸収のされ方が異なります。

血中薬物濃度が一定でないと、結果として、薬の効果も異なってきます。つまり薬の効き過ぎによる副作用の発生や、逆に有効な結果を得ることができなくなります。

 

「アドヒアランスが良好」とは?

医師より病気に対する説明を受け、患者自身が自分の病気を受け入れ、薬のことも理解してきちんと飲んでいると病気の経過もよくなります。そのことをアドヒアランスが良好であるといいます。

医療者との関係性が悪かったり、薬も自分で飲んだり止めたりしていると、病気の経過も悪くなります。

最近では、薬剤師からもどのような処方をされているか、どんな作用や副作用に注意するのかなどの説明がなされます。

薬剤師は外来・入院の場面を問わず、介入しています。薬の剤形が飲みにくさと関係している場合なども、主治医と連携をとり、剤形の変更をすることでアドヒアランスを高める介入をしています。また、他の医療機関との処方の重複を防ぐためにも、「お薬手帳」が活用されています。

入院中で自己管理が難しい患者の場合は、看護師が管理します。しかし、退院が近づいてくるにつれ、自己管理が必要になってきます。その際には、服用時間がわかるような「配薬(内服)ボックス」などを利用して自己管理ができるように支援します(図1)。

図1さまざまな配薬(内服)ボックス

 

また、痛み止めに関しては、個人の生活スタイルに合わせた使用方法が必要となります。いつの時間帯の使用が効果的なのかについても患者さんと話し合うようにしましょう。

 

1日3回服用の薬とは

一般に1日3回服用とある薬は、食後30分以内に飲むようになっています。

これは胃に内容物がない状態で薬を飲むと、薬の刺激によって胃粘膜が障害を受け、胃炎あるいはびらん、潰瘍といった病変を生ずる可能性が高くなるからです。

 

時間服用の薬とは

逆に、時間ごとに服用(たとえば6時間おきに服用)と指定された薬でも、自宅で療養しているような特別重症でない患者では、真夜中に無理して薬を飲む必要はなく、数時間のずれであれば、あまり問題にはなりません。

要は有効な血中薬物濃度の範囲を越えたり、逆にそれ以下になったりしないように、薬の飲み方を自分の生活リズムのなかに取り入れられればよいわけです。毎食後服用というのは、飲み忘れを防ぐ意味でも合理的な薬の飲み方といえるようです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

  • 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? [06/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は鉄剤と便に関するQ&Aです。 鉄剤を飲むと便が黒くなるのはなぜ? 吸収されなかった鉄が消化管で酸化され、黒色となって便中に排泄されるためです。   ... [ 記事を読む ]

  • 鉄剤服用前後1時間は、お茶を飲んではいけないのですか? [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は鉄剤服用に関するQ&Aです。 鉄剤服用前後1時間は、お茶を飲んではいけないのですか? 鉄剤をお茶で服用しても大丈夫です。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 薬物の服用時間は食前、食間、食後、時間ごとなどいろいろあるのはなぜ? [05/20up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は薬物の服用時間に関するQ&Aです。 薬物の服用時間は食前、食間、食後、時間ごとなどいろいろあるのはなぜ? (口から飲んだ)薬物の胃、腸での吸収の善し悪しを考え、...

  • 与薬原則の6つのR [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は与薬原則について解説します。   〈目次〉 与薬までの確認の手順 与薬原則6つのR   与薬までの確認の手順 いかなるときでも、与薬原... [ 記事を読む ]

  • 吸入時にマウスピースをくわえて軽く口を閉じ、ときどき深呼吸するのはなぜ? [04/22up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は吸入と吸引に関するQ&Aです。 吸入時にマウスピースをくわえて軽く口を閉じ、ときどき深呼吸するのはなぜ? より効果的な吸入を期待したいからです。   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

リアル・コードブルーを直撃取材!

フライトナースは「診断なし、情報なし」の現場で処置を行うプロ。 [ 記事を読む ]

ヒアリに刺されたらどうなる!?

何かと話題のヒアリ。医療者が知っておきたいポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事以外で、1日どのくらい歩いている?

投票数:
615
実施期間:
2017年06月30日 2017年07月21日

出勤前のメイクにどのくらい時間かける?

投票数:
627
実施期間:
2017年07月04日 2017年07月25日

どの職種の制服が好き?

投票数:
701
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
569
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
552
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
376
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
135
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2710

胃がんで入院していたAさんは終末期を迎え、担当医の見立てでは予後は1カ月以下だろうということでした。Aさんは体力が低下し、寝たきりの状態であり、食欲も低下し、思うように食べられなくなっています。家族も食事を摂取できないことを心配しています。Aさんに対する終末期のケアで適切なのはどれでしょうか?

  • 1.終末期の食事では、味わうことよりも栄養を重視した食事摂取ができるようサポートする。
  • 2.栄養摂取ができていないため、高カロリー輸液を検討する。
  • 3.好きな時間に好きなものを食べられるよう配慮する。
  • 4.食事摂取の意欲を高めるため、家族には積極的に声を掛けてもらう。
今日のクイズに挑戦!