1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 酸素吸入を行なうとき、加湿器(コルベン)に水を入れるのはなぜ?

2017年03月11日

酸素吸入を行なうとき、加湿器(コルベン)に水を入れるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は酸素吸入に関するQ&Aです。

酸素吸入を行なうとき、加湿器(コルベン)に水を入れるのはなぜ?

酸素に十分な湿気をもたせるためです。

 

〈目次〉

 

加湿器に水を入れるのは

通常、鼻咽頭部を通っている間に空気は十分に加温・加湿され、気管内では37℃、100%となります。

しかし、酸素ボンベあるいは中央配管から供給される酸素には、まったく湿度はありません。そのために、なんらかの形で湿度を与えないと、気道粘膜が乾燥してしまいます。乾燥することで、粘膜を刺激して充血したり、繊毛運動の低下が起きたり、分泌物が粘稠性となり気道内に停滞しやすくなります。その結果として、無気肺気管支炎肺炎などを併発することになります。

 

加湿器使用上の注意点は

日常よく使われている加湿器に酸素ボンベあるいは中央配管から供給される酸素を通すと、湿度は30~50%にまで加湿するといわれています。逆に、加湿が過剰になると、肺に水が貯留し、肺水腫を起こすことがありますので、注意が必要です。

また、種々の加温・加湿器がありますが、最近はインスピロン酸素吸入用ヒーターネブライザーがよく用いられます。これはヒーターで水を温め、発生する水蒸気を空気または酸素に送り込み、吸入させるものです。ここで注意しなければならないことは、加温・加湿器は細菌の繁殖に適温・適湿であるため、呼吸器系感染の原因となることです。

したがって、消毒には十分気をつけ、水は少なくとも8時間ごとに交換し、また、チューブ内に水が貯留しやすいため、ときどきチューブをはずして水を切る必要があります。

 

ナーシングポイント

  • 酸素流量3L/分以下では、加湿は必要ないといわれています。
  • 酸素ボンベを使用する場合は、残量から使用可能時間を算出し、活動時間と照らし合わせます。
  • 加湿器(コルベン)に滅菌水を水位ラインまで入れて加湿します。感染予防の目的で閉鎖式滅菌水入りの専用ボトル(ディスポーザブル加湿器)も使用されてきています(図1)。

図1酸素流量計とその取り扱い

酸素流量計とその取り扱い

 

  • フロートの合わせ方は酸素流量計の種類によって異なります。どの種類でもフロートは目の高さに合わせて読みます。・セッティング後は、管を折り曲げて手を離したときのプシュッという音や酸素チューブの先端に手にかざして酸素の流出を確認します。
  • 酸素ボンベから酸素を供給する際は、残量から使用可能時間を把握しておきましょう(表1)。

表1酸素ボンベの酸素残量早見表 内容積3.4L(ガス容量500L)の場合(分)

酸素ボンベの酸素残量早見表

 

■酸素ボンベの使用可能時間の計算方法

圧力表示がMPaの場合

ボンベ内容積:3.4L、圧力表示:10MPa、指示流量:3L/分の場合
使用可能量(L)=現在の圧力計の値(MPa)×10×0.8(安全係数)
使用可能量:3.4(L)×10×10×0.8(安全係数)=272(L)
使用可能時間:272÷3(L/分)≒90分

圧力表示がkgf/cm2の場合

ボンベ内容積:3.4L、圧力表示:100kgf/cm2、指示流量:3L/分の場合
使用可能量(L)=現在の圧力計の値(MPa)×10×0.8(安全係数)
使用可能量:3.4(L)×100×0.8(安全係数)=272(L)
使用可能時間:272÷3(L/分)≒90分

 

酸素マスク使用にともなう皮膚障害

酸素マスクや鼻カニューレでは、長期の装着により皮膚障害が起こることがあります。これを予防するために、①マスクやカニューレの位置をずらす、②ハイドロコロイドなどのドレッシング材を貼る(図2)、③ガーゼなどを挟み、皮膚との直接の接触を防ぐ、④ゴムひもを他の材質に変える、などを行い、皮膚障害を予防しましょう。また、常に皮膚の状態を観察するようにしましょう。

図2皮膚障害の予防例

皮膚障害の予防例

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1237
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1226
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1158
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1026
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
818
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
537
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1542

独居の86歳男性患者さん。脳梗塞を発症し、現在の状態は、「障害高齢者の日常生活自立度:準寝たきりのランクA2」、「認知症高齢者の日常生活自立度:ランクⅡa」です。
一人で身の回りのことを行うことや、買い物や通院することが困難となってきていますが、本人はまだ現在の生活を続けたいと希望しています。あなたはこの患者さんが現在、通院している病院の看護師です。必要な医療・介護サービスを利用できるように患者さんにアドバイスする内容として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.通院が困難なときは、来院時に救急車を使うように伝えた。
  • 2.近くの訪問看護師を探して、訪問看護に来てもらうように伝えた。
  • 3.本人の居住地にある地域包括支援センターに相談するよう伝えた。
  • 4.直接、市役所の健康相談窓口に行くように伝えた。
今日のクイズに挑戦!