1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 患者を移送するとき、足から先に進むのはなぜ?

2017年01月17日

患者を移送するとき、足から先に進むのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は患者移送時の注意点に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

患者を移送するとき、足から先に進むのはなぜ?

足から先に進むと、進行方向に視野が広がって安心感があるためです。

 

〈目次〉

 

足から先に進むのは

ストレッチャーや担架で移送する際、頭から先に進んだ場合、進行方向はまったく見えないため、患者に大変不安感を与えます。したがって、進行方向に視野が広がるように、足から先に進むようにします。また、看護者にとっても、頭部側を押しているために、患者の状態の観察が行ないやすいので、異常を早く発見できる利点があります。できたら、経験のある看護者が頭部側にいることが望ましいと思います。

移送時の注意点は

また、移送される患者が臥位の状態の場合、揺れや振動に対して敏感になっているため、なるべく静かに移送することが大切です。担架で移送する場合には、前方と後方の看護者の呼吸を合わせるのは当然ですが、足並みをそろえると、左右の揺れが起こりやすいので、お互いに反対側の足から歩くようにします。

 

移乗時のポイント

移乗の際は、点滴ルートドレーン類、酸素ルートなどの事故抜去を予防するために、必ず長さと位置の確認が必要です。点滴スタンドなどを適切な位置に動かし、ルートやドレーンは患者が移動できる長さがあるか見極め、長さが足りない場合はチューブ類をポーチなどに1つにまとめて患者の身につけ、事故抜去を防ぎましょう。

また、患者は状態によって、積極的に動いたほうがよい状態と、患者自身は動ける気がしても、動いてはいけない状態があります。

患者の状態によって、出来ること出来ないことをしっかり見極め、患者が自分で出来ることを妨げないようにしましょう。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

関連記事

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1366
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1694
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1275
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1010
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
858
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者246

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!