1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 口腔ケアの目的とポイント|食事をしなくても口腔ケアが必要なのはなぜ?

2017年01月07日

口腔ケアの目的とポイント|食事をしなくても口腔ケアが必要なのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は口腔ケアに関するQ&Aです。

食事をしなくても口腔ケアが必要なのはなぜ?

口腔内の乾燥を防ぎ、感染症の予防をはかるためです。

 

〈目次〉

 

口腔ケアの目的

口腔ケアの目的としては、①口腔内を清掃して清潔に保ち、感染の予防をはかること、②口腔機能の維持と向上をはかること、の2点があります。

食事可能な場合は誤嚥を防ぐために口腔機能の維持、向上が必要となりますが、麻痺がある場合は健常側を下にしてするなどの注意も必要となります。

また口腔機能の低下を予防することによって、大脳への刺激を保ち脳機能の保持に働くとの考えもあります。

食事をとれない場合では、咀嚼行為の減少などによって唾液の分泌量が減少し、口腔内が乾燥する状態となります。この状態では、唾液による洗浄作用や抗菌作用が低下し感染が起こりやすくなってしまいます。

これを防ぐためにスポンジブラシ、歯間ブラシ、舌ブラシなどの口腔内清掃補助具の活用や唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)マッサージなどを含めた、口腔内乾燥の防止が必要となります。

 

その人に合った口腔ケア

含嗽ができれば、歯ブラシを使用します。顔面神経麻痺のある場合は口内の動きが制限されていて、誤嚥の危険性があるため、舌ブラシやスポンジブラシの使用を考えます。口腔のアセスメントを確実に行い、その人に合った場所と方法を選択しましょう(図1)。

図1スポンジブラシの使い方

スポンジブラシの使い方

 

力の入れ過ぎによる歯肉や口腔粘膜の損傷、義歯やブリッジの誤飲、歯ブラシの刺激による嘔吐・窒息などの事故が起こることがあります。気道の入口でもあることを念頭においたケアを行います。

 

口腔ケアのポイント

ブラッシングの援助

歯がある場合は、基本的にブラッシングします(図2図3)。

図2口腔ケアに必要な物品

口腔ケアに必要な物品

 

図3ブラッシングの方法

ブラッシングの方法

 

  1. 口をゆすぎます。
    ・歯がある場合、歯磨きや口腔内清掃だけでは歯垢の除去や歯間部の清掃には効果がないため、先に口をゆすぐことが大切です。
  2. ブラッシングします。
    ・ブラッシングは上顎、下顎ごとに咬合面、頬面、舌側をまんべんなく行います。歯を1本ずつ磨くつもりでブラシを小刻みに振動させるように動かします。
  3. 口をゆすぎます。

 

口腔清拭の援助

  1. 舌苔の除去、舌や舌下、口蓋、頬内側など粘膜の清拭を行います。
    ・舌のケアが不十分だと、舌の小突起の上皮が剥離し、そこの細菌や細かい食物残渣などが付着し、細菌繁殖の温床となるのを防ぎましょう。
  2. 保湿剤の使用・口腔内の乾燥を防ぐために保湿剤を使用する場合は、上塗りとならないように、前回の保湿剤を取り除いてから新たに塗布します。効果的な薬効を得るとともに感染の原因とならないようにしましょう。
  3. 乾燥した痰の除去・ガーゼでは粘膜に傷をつけやすいため、口腔内清拭シートを使用しましょう。

 

義歯の取り扱い

  1. 義歯を外したら、乾燥による変形や変質を避けるために水に入れて保管します。熱湯は義歯が変形してしまうので使用を避けましょう。
  2. 義歯洗浄剤を週に1~2回使用して、義歯に付着している細菌の繁殖を予防しましょう。
  3. 研磨剤入りの歯磨き粉は、義歯表面に細かい傷がつき、細菌の温床となることがあるため使用は控えましょう。
  4. 義歯による窒息を予防するために、夜間は外して就寝しましょう。

 

Kポイント刺激

・仮性球麻痺による開口困難な患者には、Kポイントを刺激すると開口が促進されます。湿らせた綿棒やスプーンで軽く触る程度に刺激します(図4)。

図4Kポイント刺激

Kポイント刺激

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
768
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
532
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
394
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
333
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1239

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!