1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 経管栄養中に誤嚥してしまうことがあるのはなぜ?|経管栄養剤の注入のポイント

2016年12月06日

経管栄養中に誤嚥してしまうことがあるのはなぜ?|経管栄養剤の注入のポイント

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は経管栄養中の誤嚥に関するQ&Aです。

経管栄養中に誤嚥してしまうことがあるのはなぜ?

経管栄養物の嘔吐、体動時の刺激や通過障害および内圧の上昇による胃内容の逆流などが原因となって、経管栄養中でも誤嚥が起こることがあります。

 

〈目次〉

 

誤嚥の原因とは

前述の疑問点に対する回答にもあるように、経管栄養中においても注入物(流動物)の誤嚥は以下のいくつかの原因によって起こる可能性があります。

  1. 経管栄養物の嘔吐および嘔吐物の誤嚥。
  2. 経管栄養は水分が多く、その滴下スピードが的確でなければ逆流や誤嚥の可能性が高くなる。
  3. 胃を圧迫するような体位や、胃・腸の通過障害などによる胃内圧の上昇。
  4. 体動時の刺激による逆流や的確な体位が保てない状態。
  5. 胃の排出能の低下。

 

経管栄養を必要とする患者の看護ポイント

  1. 経管栄養の目的や方法を説明し、承諾を得る。
  2. ベッドアップ30°の体位をとり、膝を軽く屈曲し、腹部の緊張をとります。
    ・経管栄養チューブが胃内に挿入されていることを確認します。カテーテルチップで胃液を吸引し、pH5.5以下であることを確認することが望ましいです。空気を少量注入して、聴診器を上腹部にあて気泡音を確かめて、胃内に挿入されていることを確認する方法は、誤認される場合もあります(図1)。チューブ挿入時には、レントゲン写真で胃内に挿入されていることを確認することが推奨されています。
    ・胃の蠕動運動に流動食の温度は影響しないため、流動食の温度は常温で入れる。急速な投与をしたり冷えているものは直接注入してはいけません。
    ・100mL/30分程度とされていますが、消化器症状がなければ300~500mL/30分~1時間程度で滴下しても支障がないこともあります。
  3. 注入中は、バイタルサインの変化や腹部不快感や腹部膨満感などの出現に注意します。
  4. 注入終了後は、経管栄養チューブ内にある流動食の腐敗防止、チューブの閉塞防止のため、微温湯を通し、クレンメで止めます。
  5. 注入後は30分~1時間ギャッチアップを維持します。また、下痢症状や嘔気・嘔吐症状がないか注意します。

図1チューブの挿入の確認と固定例

チューブの挿入の確認と固定例

 

経腸栄養剤の注入

 

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 体重測定は一定の時刻に行なうほうがよいのはなぜ? [12/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体重測定に関するQ&Aです。 体重測定は一定の時刻に行なうほうがよいのはなぜ? 体重は、摂食、排便、排尿および運動などによって変化するためです。   ... [ 記事を読む ]

  • 身長測定時、足先を30~40°開くのはなぜ? [12/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は身長測定に関するQ&Aです。 身長測定時、足先を30~40°開くのはなぜ? 足先を閉じて立っているより安定し、膝がまっすぐのびるので、正確な身長が測定できるため... [ 記事を読む ]

  • 経管栄養中に誤嚥してしまうことがあるのはなぜ?|経管栄養剤の注入のポイント [12/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は経管栄養中の誤嚥に関するQ&Aです。 経管栄養中に誤嚥してしまうことがあるのはなぜ? 経管栄養物の嘔吐、体動時の刺激や通過障害および胃内圧の上昇による胃内容の逆...

  • 経管栄養で流動物注入中、上体を少し上げたほうがよいのはなぜ? [12/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は経管栄養中の体位に関するQ&Aです。 経管栄養で流動物注入中、上体を少し上げたほうがよいのはなぜ? 注入時の体位は誤嚥を防ぐために上体を30°くらい挙上すること... [ 記事を読む ]

  • 経管栄養のチューブ挿入時、半座位や座位をとらせるのはなぜ? [11/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は経管栄養のチューブ挿入に関するQ&Aです。 経管栄養のチューブ挿入時、半座位や座位をとらせるのはなぜ? 咽頭、食道が一直線となり、嚥下しやすくチューブを挿入しや... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1113
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
770
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
992
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
949
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
635
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者237

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!