1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

2016年11月08日

誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は誤嚥予防に関するQ&Aです。

誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

食塊の咽頭での残留を防ぎ、食塊をスムーズに食道へ送り込むためです。

 

うなずき嚥下とは

嚥下時には口腔内で形成された食塊が、咽頭から食道に円滑に送り込まれる必要があります。しかし、咽頭では食塊の残留しやすい部位が2か所あり、その1つが梨状陥凹(梨状窩)であり、この場合には横向け嚥下が有効とされています。

もう1つの残留しやすい部位が喉頭蓋谷であり、これを防ぐには頚をまず後屈させ、重力によって喉頭蓋谷に残留した食塊を咽頭後壁に落とし、その後に頚を前屈させて食道の入口部を開き、また気管入口部の角度も急となり誤嚥を防ぐことができます。

上記の一連の流れが、うなずく動作と類似しているためうなずき嚥下とよばれています。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 1日に必要な水分量は、どのくらいなの? [11/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は1日に必要な水分量に関するQ&Aです。 1日に必要な水分量は、どのくらいなの? 1日に必要な水分量は、飲料水として1000~1500mL程度と考えられています。... [ 記事を読む ]

  • 誤嚥はなぜ起こってしまうのでしょうか? [11/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は誤嚥に関するQ&Aです。 誤嚥はなぜ起こってしまうのでしょうか? 嚥下に必要な反射(嚥下反射)の異常、嚥下力の低下あるいは食道の狭窄などによって、食塊が誤って気... [ 記事を読む ]

  • 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ? [11/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は誤嚥予防に関するQ&Aです。 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ? 食塊の咽頭での残留を防ぎ、食塊をスムーズに食道へ送り込むためです。   ...

  • 年齢、性別、体格などにより栄養所要量が違うのはなぜ? [11/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は栄養所要量に関するQ&Aです。 年齢、性別、体格などにより栄養所要量が違うのはなぜ? 年齢、性別、体格などによりエネルギー所要量が違うためです。   ... [ 記事を読む ]

  • 浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? [10/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? 浣腸液が腸管内に留まることが、腸に適度な機械的刺激となるためです。  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1283
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1271
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1162
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1152
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1061
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
877
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
260
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2234

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!