1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

2016年11月08日

誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は誤嚥予防に関するQ&Aです。

誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

食塊の咽頭での残留を防ぎ、食塊をスムーズに食道へ送り込むためです。

 

うなずき嚥下とは

嚥下時には口腔内で形成された食塊が、咽頭から食道に円滑に送り込まれる必要があります。しかし、咽頭では食塊の残留しやすい部位が2か所あり、その1つが梨状陥凹(梨状窩)であり、この場合には横向け嚥下が有効とされています。

もう1つの残留しやすい部位が喉頭蓋谷であり、これを防ぐには頚をまず後屈させ、重力によって喉頭蓋谷に残留した食塊を咽頭後壁に落とし、その後に頚を前屈させて食道の入口部を開き、また気管入口部の角度も急となり誤嚥を防ぐことができます。

上記の一連の流れが、うなずく動作と類似しているためうなずき嚥下とよばれています。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 1日に必要な水分量は、どのくらいなの? [11/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は1日に必要な水分量に関するQ&Aです。 1日に必要な水分量は、どのくらいなの? 1日に必要な水分量は、飲料水として1000~1500mL程度と考えられています。... [ 記事を読む ]

  • 誤嚥はなぜ起こってしまうのでしょうか? [11/12up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は誤嚥に関するQ&Aです。 誤嚥はなぜ起こってしまうのでしょうか? 嚥下に必要な反射(嚥下反射)の異常、嚥下力の低下あるいは食道の狭窄などによって、食塊が誤って気... [ 記事を読む ]

  • 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ? [11/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は誤嚥予防に関するQ&Aです。 誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ? 食塊の咽頭での残留を防ぎ、食塊をスムーズに食道へ送り込むためです。   ...

  • 年齢、性別、体格などにより栄養所要量が違うのはなぜ? [11/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は栄養所要量に関するQ&Aです。 年齢、性別、体格などにより栄養所要量が違うのはなぜ? 年齢、性別、体格などによりエネルギー所要量が違うためです。   ... [ 記事を読む ]

  • 浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? [10/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? 浣腸液が腸管内に留まることが、腸に適度な機械的刺激となるためです。  ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
690
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2637

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!