1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ?

2016年10月08日

浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は浣腸に関するQ&Aです。

浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ?

健康人の大腸内には、腸内細菌叢により細菌が常在しているので、無菌操作をしても意味がないためです。

 

〈目次〉

 

胃・十二指腸が無菌なのは

健康時では、通常胃および十二指腸はほとんど無菌です。おそらく、胃液のpHが低いため酸に弱い菌は死滅し、腸の蠕動運動により、細菌はあまり増殖しないうちに小腸下部に送られるからだと思います。ただし、胃潰瘍胃炎などの症例では、胃粘膜にヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)とよばれる菌がしばしば認められます。

 

浣腸が無菌操作でなくてよいのは

また、回盲弁を境として、大腸では腸内細菌叢の著しい変化が起こり、細菌数は急激に増加します。したがって、大腸には多数の細菌がいるため浣腸は無菌操作でなくてもよいわけですが、イリゲーターが高すぎたり、浣腸液の量が多すぎた場合に、浣腸液が回盲弁を逆行して回腸内へ入る危険性があります。

大腸の内容が回腸へ逆行すると、細菌性小腸炎などが発症する原因となりますので注意を要します。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 浣腸時、左側臥位にするのはなぜ? [10/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸の体位に関するQ&Aです。 浣腸時、左側臥位にするのはなぜ? 腸の走行に合っていて無理なく浣腸液が注入できるためです。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 浣腸時、カテーテルの挿入する長さはどのくらい? [10/11up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸時のカテーテル挿入の長さに関するQ&Aです。 浣腸時、カテーテルの挿入する長さはどのくらい? 5cm以上の挿入を避けます。挿入が長すぎると腸粘膜を損傷する危... [ 記事を読む ]

  • 浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? [10/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? 健康人の大腸内には、腸内細菌叢により細菌が常在しているので、無菌操作をしても意味がないためです...

  • ストレスがかかると排便状態に影響が出るのはなぜ? [10/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はストレスによる排便状態に関するQ&Aです。 ストレスがかかると排便状態に影響が出るのはなぜ? ストレスによって過敏性腸症候群の発症や増悪を起こしやすくなるからで... [ 記事を読む ]

  • 排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ? [10/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排便に関するQ&Aです。 排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ? 排便後の迷走神経活動の亢進と交感神経活動の低下によって、血圧低下や徐脈など... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1263
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1049
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
850
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者146

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!