1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 排便時、尿も一緒に出るのはなぜ?

2016年09月17日

排便時、尿も一緒に出るのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は排便と排尿に関するQ&Aです。

排便時、尿も一緒に出るのはなぜ?

直腸における排便機能を調節する神経と、膀胱の排尿機能を調節する神経とは、互いに連絡があるためです。

 

〈目次〉

 

排便・排尿の調節機能は

排便および排尿を調節する機能は、いずれも交感神経ならびに副交感神経の刺激によって支配されています。外肛門括約筋および外尿道括約筋は、ともに仙髄から出る陰部神経の支配を受け、外肛門括約筋の緊張、弛緩を随意的に調節することができ、外尿道括約筋の随意的収縮を行なうことができます。

すなわち排便時に、外肛門括約筋の随意的弛緩が起こると、同時に外尿道括約筋の収縮が起こり、排尿作用を生じさせます。

 

脊髄内の中枢が損傷を受けると

排便および排尿を調節する中枢は、このように脊髄内にあるもの以外に、上位中枢にもあります。脊髄内の中枢が損傷を受けると排便については麻痺性糞便失禁がまず起こりますが、数日後には直腸壁にある壁在神経の働きによって排便反射を起こすことが可能となります。

また排尿については、尿閉麻痺性尿失禁から間歇性尿失禁へと移行します。すなわち、脊髄内の中枢が損傷を受けても排尿・排便ともに不完全ながら反射性に行なうことができ、永久性の失禁にはなりません。

このように仙髄から出る陰部神経は、排便および排尿時の意識的な筋肉の働きを支配しています。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 便にいろいろな性状があるのはなぜ? [09/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便の性状に関するQ&Aです。 便にいろいろな性状があるのはなぜ? 便は、食物が口から摂取されて排泄されるまでの間の腸管の消化、吸収、運動などの状態を反映している... [ 記事を読む ]

  • 摂取した食物が残渣物として排泄されるまでにどのくらい時間がかかるの? [09/20up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は食物摂取と排泄に関するQ&Aです。 摂取した食物が残渣物として排泄されるまでにどのくらい時間がかかるの? 健康人では食事を摂取してから72~78時間後に、その消... [ 記事を読む ]

  • 排便時、尿も一緒に出るのはなぜ? [09/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排便と排尿に関するQ&Aです。 排便時、尿も一緒に出るのはなぜ? 直腸における排便機能を調節する神経と、膀胱の排尿機能を調節する神経とは、互いに連絡があるためで...

  • 便意があっても我慢すると便意が止まってしまう場合があるのはなぜ? [09/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便秘に関するQ&Aです。 便意があっても我慢すると便意が止まってしまう場合があるのはなぜ? 便意抑制により、外肛門括約筋が緊張して排便反射が抑制されるためです。... [ 記事を読む ]

  • 便意をもよおすのはなぜ? [09/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便意に関するQ&Aです。 便意をもよおすのはなぜ? 直腸内容物である糞便の貯留により、直腸内圧亢進による刺激が便意を感じさせるためです。   〈... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1316
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
831
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
822
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
140
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者808

糖尿病の検査法の一つに経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。この検査で用いられる糖の負荷量は何gでしょうか?

  • 1.15g
  • 2.45g
  • 3.75g
  • 4.105g
今日のクイズに挑戦!