1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 便意をもよおすのはなぜ?

2016年09月10日

便意をもよおすのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は便意に関するQ&Aです。

便意をもよおすのはなぜ?

直腸内容物である糞便の貯留により、直腸内圧亢進による刺激が便意を感じさせるためです。

 

〈目次〉

 

糞便が直腸まで到達するには

糞便は、普段は下行結腸からS状結腸に停滞しているため、直腸までは到達していません。これは、S状結腸と直腸の境の輪状筋の収縮により内腔が閉ざされ、糞便の通過を防いでいるためです。

糞便自体の重さにより直腸内へ入ってくることもあれば、食事をとることによって、横行結腸からS状結腸にかけて胃―結腸反射とよばれる強い蠕動運動が起こり、直腸へ送られることもあります(図1)。

図1排便のメカニズム

排便のメカニズム

 

便意を起こすのは

このようにして直腸に糞便がたまり、直腸内圧が40~50mmHg以上になると、直腸壁に分布している骨盤神経が刺激され、その興奮が第3~4仙髄にある排便中枢に伝えられます。さらに、そこから視床下部を経て大脳皮質の知覚領に入り、いわゆる便意を起こします。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 排便時、尿も一緒に出るのはなぜ? [09/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排便と排尿に関するQ&Aです。 排便時、尿も一緒に出るのはなぜ? 直腸における排便機能を調節する神経と、膀胱の排尿機能を調節する神経とは、互いに連絡があるためで... [ 記事を読む ]

  • 便意があっても我慢すると便意が止まってしまう場合があるのはなぜ? [09/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便秘に関するQ&Aです。 便意があっても我慢すると便意が止まってしまう場合があるのはなぜ? 便意抑制により、外肛門括約筋が緊張して排便反射が抑制されるためです。... [ 記事を読む ]

  • 便意をもよおすのはなぜ? [09/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便意に関するQ&Aです。 便意をもよおすのはなぜ? 直腸内容物である糞便の貯留により、直腸内圧亢進による刺激が便意を感じさせるためです。   〈...

  • 膀胱留置カテーテル中の蓄尿バッグは、 膀胱より高く上げてはいけないのはなぜ? [09/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は膀胱留置カテーテルに関するQ&Aです。 膀胱留置カテーテル中の蓄尿バッグは、膀胱より高く上げてはいけないのはなぜ? 導尿がスムーズに行なわれ、逆流を防ぐためです... [ 記事を読む ]

  • 導尿を行うとき、無菌操作なのはなぜ? [09/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は導尿に関するQ&Aです。 導尿を行うとき、無菌操作なのはなぜ? 導尿時には尿路感染を引き起こす可能性が高いためです。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1470
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1316
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1171
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1148
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
1002
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
710
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者663

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!