1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 尿失禁が起こるのはなぜ?|尿失禁の原因と分類

2016年08月27日

尿失禁が起こるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は尿失禁に関するQ&Aです。

尿失禁が起こるのはなぜ?

加齢などによる尿道括約筋の機能低下、神経障害、過活動性膀胱、尿路感染、身体機能低下、認知症などさまざまな原因によって、自分の意思とは無関係に尿が漏れてしまう状態に陥るからです。

 

尿失禁の原因と分類

尿失禁の原因は大きく分けて、①骨盤底筋群や靭帯の緩み、②骨盤内臓器の脱出、③神経障害(神経因性膀胱)によるものあげられます。

また尿失禁の分類は、上記の原因を含め以下のようになります。

腹圧性尿失禁

やくしゃみをする時に生じる腹圧の上昇に対して、骨盤底筋群や靭帯が緩んだ状態ではこれに抵抗できず、尿が漏れてしまいます。これらが腹圧性尿失禁に相当し、加齢現象の1つの場合や、出産あるは肥満などが原因となります。とくに女性では尿道が短く、また前立腺がないことや括約筋の働きが男性にくらべ弱いことなどから尿失禁が起こりやすいと考えられます。

 

切迫性尿失禁

前ぶれのない急激な尿意の為、トイレに間に合わず尿失禁してしまう状態であり、以下の3つの原因が挙げられます。

神経障害によるもの(神経因性膀胱)
脳や脊髄の腫瘍、炎症、外傷などによる損傷や、脳~脊髄へ至る経路の障害などが原因となり、脳からの信号(指令)に従う膀胱の働きが潤滑に行うことができなくなります。

不安定膀胱によるもの
神経障害などの明確な原因はないが、尿があまりたまらない状態でも膀胱が収縮し尿を漏らしてしまいます。常に尿意切迫感を有するものを過活動性膀胱と呼んでいます。

膀胱や尿道などの炎症・刺激によるもの
膀胱炎、尿道炎、膀胱・尿道結石、膀胱癌などによって知覚神経が過敏な状態となり切迫性尿失禁を起こしてしまうもの。

 

溢流性尿失禁

前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄などの尿路の狭窄をきたす疾患では、排尿障害によって膀胱に貯留した尿が最終的に溢れ出す状態を示します。上記の排尿障害を基礎疾患として有しており、女性より男性に多くみられます。

 

機能性尿失禁

身体運動機能の低下や認知症による尿失禁であり、排尿機能自体には問題がなく、認知症の進行によって適切な状況での排尿行為が円滑に行われないことや、尿意が起こってからトイレに行くまで、身体機能の低下によって間に合わなくなってしまうことなどがあげられます。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 導尿を行うとき、無菌操作なのはなぜ? [09/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は導尿に関するQ&Aです。 導尿を行うとき、無菌操作なのはなぜ? 導尿時には尿路感染を引き起こす可能性が高いためです。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 女性の導尿時、カテーテルの挿入の長さが4~6cmなのはなぜ? [08/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は女性の導尿に関するQ&Aです。 女性の導尿時、カテーテルの挿入の長さが4~6cmなのはなぜ? 女性の尿道は短く、これ以上長いと膀胱壁を傷つける恐れがあるためです... [ 記事を読む ]

  • 尿失禁が起こるのはなぜ? [08/27up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は尿失禁に関するQ&Aです。 尿失禁が起こるのはなぜ? 加齢などによる尿道括約筋の機能低下、神経障害、過活動性膀胱、尿路感染、身体機能低下、認知症などさまざまな原...

  • 排泄ケアの意義とポイントは? [08/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排泄ケアのポイントについて解説します。   〈目次〉 排泄ケアの意義とは 車いす用トイレに行ったときの援助 ポータブルトイレを使用する場合の援助 便... [ 記事を読む ]

  • 夜間はあまり尿意をもよおさないのはなぜ? [08/23up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は睡眠中の尿意に関するQ&Aです。 夜間はあまり尿意をもよおさないのはなぜ? 夜間、睡眠中は膀胱が弛緩し、内腔が拡張しやすく、内圧の上昇が緩やかであるためです。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1467
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1312
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1167
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
994
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
693
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者375

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!